60代の薄毛の原因と対策

MENU

60代から薄毛を克服することは可能?老人性脱毛症の対策について

【60代の薄毛】老人性脱毛症の原因と対策とは?

 

高齢になればなるほど薄毛の人の割合は多くなり、
60代以降では半数以上が薄毛になっていると言われています。

 

では、そんな老齢性脱毛症は、どのようにしていったらいいのでしょうか?

 

何かできる対策はあるのでしょうか?
今回は60歳以上の老人性脱毛症について考えてみましょう。

 

加齢に伴う薄毛は生理現象

高齢になってくるとともに、
毛が薄くなってくるのはある程度は正常な生理現象であり、
それを完全に避けることはできません。

 

高齢になると、体全体の代謝が落ち、細胞分裂も活発ではなくなってきます。

 

髪は細胞分裂を繰り返して作られるため、
年齢とともに細胞分裂の能力が落ちるのに伴い、
髪を作る能力も落ちてきてしまいます。

 

また、高齢になると頭皮の血流も低下するため、
毛の成長のための成長因子や毛の成分
(アミノ酸やミネラルなど)が毛根に届きづらくなり、ますます薄毛が進行してきます。

 

こうした変化は、加齢とともに誰の体にも起きて来る自然現象です。
老齢性脱毛症は、高齢になってくると顔にしわができたり、
運動能力が落ちるのと同じ避けることのできない加齢性の変化です。

 

老齢性脱毛症は、
お歳を取ればある程度は仕方がない現象だと思ってもらった方がいいでしょう。

 

老齢性脱毛症の対策

【60代の薄毛】老人性脱毛症の原因と対策とは?

 

老齢性脱毛症は加齢に伴う体の自然な変化ではありますが、
少しでも進行しないように工夫することは可能です。

 

老齢性脱毛症への対策としては、以下のような方法が挙げられます。

 

健康的な生活

髪の毛の成長及び健康のためには、
全身的な健康状態が良くなければなりません。

 

メタボリックシンドロームのように頭皮の血行を悪化させてしまう病気や、
運動不足、栄養バランスの低下など、
健康に害のある生活は薄毛の進行要因になりかねません。

 

また、運動や規則正しい生活は、
高齢になってからも成長ホルモンの分泌を促してくれます。
成長ホルモンは、全身の代謝を高めてくれるだけでなく、
髪の毛の成長を促すためにも重要な物質です。

 

高齢になってからも若々しい生活を送ることが、育毛にも大切になのですね。

 

関連:自宅で行う育毛方法|お金を掛けずに髪を生やすには?

薄毛が目立ちにくい髪型にする

先ほど書いた通り、高齢男性の半数以上は薄毛です。

 

そのため、高齢になってからの薄毛は、薄毛が目立ちにくい髪型にしてしまえば、
周りの人にはほとんど気にされないのです。

 

薄毛になると、毛を長くして薄い部分を隠したいという衝動に駆られることは多いようですが、
実際には短髪でさわやかな髪型にすることで、薄毛は目立ちにくくなります。

 

渡邊謙さんや笑福亭鶴瓶さん、サッカーのジダン選手など、
ハゲていても清潔感があり渋い髪型を目指すようにしましょう。
そうすることで、薄毛はマイナスではなく、
大人の男の色気を出してくれるプラスの要素になることだってあるのです。

 

薬を使う

加齢に伴う脱毛は自然現象だと言っても、
やはり自分の髪の毛を取り戻したいという気持ちになる気持ちもわかります。
高齢になって毛が生えにくい状態から育毛するためには、やはり薬に頼らざるを得ません。

 

現在、日本では医薬品として認可の降りている育毛剤として、
外用薬のリアップと内服薬のプロペシアがあります。

 

リアップは誰でも購入することができますが、
65歳以上の人は「お客様の健康状態等を薬剤師とご相談ください」
という注意書きがありますので、気を付けてください。

 

また、持病を持っている人は、処方薬であるプロペシアはもちろん、
リアップに関してもかかりつけの医師と使用の是非を相談してから使ってもらう必要があります。
育毛剤の使用を考える場合、高齢になると髪を作る能力は低下していますので、
若い人に比べると薬による発毛効果は高くないことも頭に入れておきましょう。

 

それから、海外薬の育毛剤に関しても、高齢になってから使うのには要注意です。
日本で認可の降りていない海外薬の育毛剤も、
インターネットによる個人輸入で購入可能ですが、
海外薬は副作用が強い製品も多く、また、品質が悪い薬が混じっているケースもあります。

 

特に注意してほしいのが、リアップの有効成分であるミノキシジルの内服薬です。

 

ミノキシジルの内服薬「ミノタブ」は
個人輸入のウェブサイトから購入可能なのですが、血圧に影響のある薬です。

 

心臓や腎臓など、血圧に関係する臓器の病気が多い高齢者では、
今は大丈夫でも潜在的に弱ってきていることも多く、
ミノタブによって副作用が出てしまう可能性があります。
他の海外薬も含めて安易に使用しないようにしましょう。

 

関連:ハゲを治せる薬が誕生!飲む育毛剤(AGA治療薬)とは!?

 

まとめ

60歳代を過ぎてくれば、薄毛になるのはある意味当り前のことです。

 

そのため、加齢に伴う体の変化だとある程度割り切って、
うまく薄毛と付き合っていくことも大切です。

 

もし、育毛をしたい場合は、体に負担のない方法を選ぶようにし、
育毛剤の使用に関しては極力かかりつけの医師に相談してから使うようにしてくださいね。

 

 

 

関連:老人性脱毛症の方におすすめの育毛剤はこれ!