髪の成長に必須のミネラル成分「亜鉛」

MENU

育毛サプリに欠かせない成分「亜鉛」の働きとは?

育毛サプリメントにぜひとも配合してほしい成分として、
ノコギリヤシに次ぐ存在とも言えるのが、ミネラルの一種である【亜鉛】です。

 

亜鉛の育毛効果|薄毛の進行を止める髪に必須のミネラル成分!

 

亜鉛はミネラルの中でも不足しやすい栄養素とされており、
体内への吸収率も非常に低い為、意識的に摂取する必要があります。

 

それだけでなく、
育毛対策にもかなり重要な栄養素の1つとなりますので、
今や育毛サプリメントには欠かせない成分とされています。

 

こちらでは亜鉛がもたらす育毛効果や働きを紹介していきたいと思います。

 

 

髪の毛の主成分「ケラチン」の生成に必要なのが【亜鉛】

髪の毛は【ケラチン】というタンパク質からできています。

 

このケラチンは体の中で生成されるもので、
数種類以上のアミノ酸が結合されて誕生します。

 

肉、魚など、タンパク質を摂取すると、
これが体のなかでアミノ酸に分解。
そのアミノ酸がケラチンへと生成されて髪の毛の主成分となります。

 

その過程として、
アミノ酸からケラチンへと生成するのに【亜鉛】が必須となるのです。
亜鉛が不足した状態だとケラチンの生成がままならない状態に。

 

いくらタンパク質を摂取したとしても、この亜鉛がなければ髪の毛は成長しませんよ。

 

DHTの要因となる5aリダクターゼの阻害効果

 

 

男性が薄毛を発症する大きな要因として、
体内で生成されてしまうDHT(ジヒドロテストステロン)が挙げられます。

 

体の中で生成される
男性ホルモンのテストステロン、酵素の5aリダクターゼが結合する事で、
このDHTという悪性薄毛ホルモンが誕生してしまうのです。

 

そこで、亜鉛にはこの5aリダクターゼという酵素の働きを抑制する効果があり、
男性ホルモンのテストステロンとの結合を防ぐ事ができるのです。
つまりは、DHT(悪性薄毛ホルモン)の発生を抑制してくれるという事に繋がります。

 

亜鉛がなぜ薄毛対策に必要なのか?
以下の2つの効果が見込めるからと言う事になりますね!

 

1.髪の毛の主成分であるケラチンの合成をしてくれる。
2.DHTを生み出す大きな要因となる5αリダクターゼ酵素の働きを阻害してくれる。

 

つまり亜鉛は、髪を生み出しつつ、薄毛の原因をブロックしてくれるという
非常にうれしいダブルの効果が期待できるというわけなのです。

 

亜鉛に副作用ないのか?

亜鉛を通常量摂取する事では、
副作用はほとんどないと言われています。

 

しかし、過剰摂取には注意が必要とされています。

 

亜鉛の1日の摂取上限の目安は決められており、
コレを超えてしまうと以下の様な副作用を発症してしまう可能性があります。

 

  • 頭痛
  • 嘔吐
  • 発熱
  • 倦怠感

 

亜鉛の過剰摂取を慢性的に続けてしまうと、
「急性亜鉛中毒」を発症してしまう可能性がありますので注意が必要です。
上記で挙げた他にも胃や腎機能の障害などを招くリスクがありますよ。

 

亜鉛の摂取量について

 

 

このように、亜鉛は薄毛対策にかなりのパワーを発揮してくれる
頼もしいミネラルですが、過剰摂取には注意が必要です。

 

とは言え、亜鉛の1日の摂取上限は成人男性なら40〜45mg、
成人女性なら1日35mgとなっており、これはかなり余裕のある量。
一般的な日本人の食生活では1日あたり10mgあるかないかくらいなので、
普通の食生活であれば過剰摂取になる心配はほとんどありません。

 

しかし、「亜鉛配合の育毛サプリとマルチミネラルサプリを併用し、
さらに適量よりも多めに飲む」などということをしてしまうと
過剰摂取になる可能性もありますので、亜鉛高配合のサプリの併用は避けましょう。

 

亜鉛の育毛効果【まとめ】

亜鉛には「薄毛抑制」と「髪の毛の生成」の効果が期待でき、
やはり、育毛する上では欠かせない成分と言えるでしょう。

 

また、育毛サプリメントだけではなく、
日々の生活の中でも食材から摂取する事もできますので、
割と身近で気軽に摂取できるというメリットもあります。

 

育毛サプリメントには頼りたくないという方は、
日頃から意識的に亜鉛を含む食材を食べる事で補い、
てっとりばやく亜鉛を摂取したい方はサプリメントを利用していきましょう。