アミノ酸シャンプーがおすすめな理由とは

MENU

育毛ならアミノ酸シャンプーが絶対イイ理由!


(※画像はアミノ酸シャンプーのプレミアムブラックシャンプー)

 

育毛を真剣に考える人なら知っておきたいアミノ酸シャンプー。
頭皮にとって最も優しいとされるシャンプーです。

 

育毛剤に関しては詳しい人でもアミノ酸シャンプーを知らない人も多いようですが、
毎日使うシャンプーを頭皮にやさしいシャンプーに変えることは、
薄毛にとっては育毛剤を使うよりも大切なことかもしれません。

 

今回の記事はそんなアミノ酸シャンプーに関する記事です。
アミノ酸シャンプーがなぜ育毛にいいのか、短所はないのかなどについて詳しくお話いたします。
薄毛に悩んでいる人は、必ずアミノ酸シャンプーについて必ず知っておいてくださいね。

 

 

アミノ酸って何?アミノ酸シャンプーの成分とは

アミノ酸はたんぱく質のもととなる栄養素です。
質は皮膚や髪、筋肉など、体を作る成分であり、
そのもととなるアミノ酸は、我々の体にとって非常に重要な栄養素です。

 

アミノ酸には非常に多くの物質が含まれますが、
そのうち20種類が我々の体に必要なたんぱく質を作るアミノ酸になります。

 

髪の毛もたんぱく質の一種であり、髪の毛を作るためには
実に18種類のアミノ酸が必要であるとされています。
髪とアミノ酸は切っても切れない縁があるのですね。

 

アミノ酸シャンプーの成分

 

 

アミノ酸シャンプーは界面活性剤にアミノ酸が含まれたシャンプーです。

 

アミノ酸シャンプーにはいくつかの系統があり、
それぞれの系統で少し特徴が違いますので、その特徴を知っておきましょう。

 

アラニン系

アミノ酸系シャンプーの中で、最もバランスのいいのがアラニン系のアミノ酸シャンプーです。適度な泡立ちと洗浄力、すっきり感を持ち合わせており、癖の少ないシャンプーです。アミノ酸系シャンプーを初めて使う人は、アラニン系のアミノ酸シャンプーを選ぶのが無難ですね。

 

アラニン系のアミノ酸シャンプーには以下のような成分が含まれます。

 

  • ココイルメチルアラニンNa
  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ラウロイルメチルアラニンTEAなど

 

ココイル系

ココイル系のシャンプーは、頭皮への刺激が非常に少なく、頭皮が荒れたり敏感になったりして薄毛が進行してしまう人には、非常におすすめのシャンプーです。ただし、泡が立ちにくく、洗浄力が弱いというのが難点です。そのため、皮脂が多い人や外仕事で髪が汚れやすい人では、シャンプー後に汚れがあまり落ちないという感想を持つ方もいます。

 

ココイル系のアミノ酸シャンプーは、洗い上りにさっぱりした感覚を得ることができます。髪があまりべたつかず、頭皮が乾燥や炎症で荒れてしまうような人には使いやすいシャンプーですね。

 

ココイル系アミノ酸シャンプーには、以下のような成分が含まれます。

 

  • ココイルメチルタウリンNa
  • ココイルグルタミン酸Naなど

 

ベタイン系

ココイル系と同じく、洗浄力が弱い代わりに頭皮への刺激が少なく頭皮に優しいシャンプーです。ココイル系がさっぱりした洗い上りになるのに対し、ベタイン系シャンプーはしっとりとした洗いあがりになり、頭皮や頭髪のコンディションを保ちやすいシャンプーです。特に頭皮や頭髪が乾燥しやすい人におすすめしたいのがベタイン系シャンプーです。

 

ベタイン系シャンプーには、以下のような成分が含まれています。

 

  • ラウラミドプロピルベタイン
  • ラウリルベタイン
  • コカミドプロピルベタインなど

 

アミノ酸シャンプーがなぜ良いとされるのか?3つのメリット

 

 

アミノ酸シャンプーの最大のメリットは、
頭皮に非常に優しいという点です。

 

アミノ酸系界面活性剤の持つ以下のような特徴がそのやさしさの理由になります。

 

洗浄力が強すぎない

高級アルコール系シャンプーや石けん系シャンプーは汚れを落とす効果は強い物の、洗浄力が強いため、汚れだけでなく頭皮に必要な皮脂まで落としてしまいます。その点、アミノ酸シャンプーは洗浄力が強すぎず、頭皮を守るために必要な皮脂が残るため、頭皮のダメージを減らしてくれます。

 

頭皮に浸透しづらい

アミノ酸系界面活性剤は、界面活性剤にアミノ酸がくっついた構造をしています。そのため、アミノ酸系界面活性剤は他の界面活性剤に比べて分子量(分子のサイズ)が大きいという特徴を持っています。

 

頭皮を含む皮膚には外から有毒なものが入ってこないようにするためのバリアがあり、分子量が大きいものは皮膚の中に浸透することができません。界面活性剤の働きは、髪や頭皮表面の汚れを落とすことであり、頭皮に浸透してしまうとその界面活性作用が皮膚の細胞にダメージを与えてしまいます。分子量の大きなアミノ酸系界面活性剤は頭皮に浸透しにくく、頭皮のダメージが少ないのです。

 

pHが弱酸性

頭皮は皮膚と同じ弱酸性です。頭皮の表面が弱酸性に保たれていると、そこで細菌が繁殖にくくなります。弱酸性であるアミノ酸シャンプーは、頭皮のpHを変化させにくいため、頭皮の負担が少なく、細菌が繁殖しにくい環境を保てるというメリットがあります。

 

アミノ酸シャンプーのデメリット

アミノ酸シャンプーは、製造コストが高く、他のシャンプーに比べて一般的ではないため、その価格は高めであることが多いです。そのため、他のシャンプーと価格を比較して、アミノ酸シャンプーを避ける人もいるようです。

 

また、洗浄力が弱めではあるため、汚れを落とす能力が高くないというデメリットもあります。べたつきなどが気になる人は、アミノ酸シャンプーの中でも洗浄力が比較的高いアラニン系シャンプーを選んだ方がいいですね。

 

薄毛の人はやっぱりアミノ酸シャンプーを使うべし【まとめ】

 

 

アミノ酸シャンプーは高価ではありますが、頭皮に最も優しいシャンプーであり、
薄毛が気になる人にはぜひ使っていただきたいシャンプーです。

 

シャンプーは直接頭皮や髪に影響するものであり、
頭皮の環境を考えるのであれば、
まずはシャンプーの種類を変えていくことが大切です。

 

育毛剤は使っているけどシャンプーは普通のシャンプーという人もいるようです。

 

しっかり育毛をしたいのであれば、
アミノ酸シャンプーを使って健全な頭皮を維持するようにしたいですね!

 

関連:人気のあるアミノ酸シャンプーランキングBEST3