BUBKAは詐欺商品?効果はないの?

MENU

BUBKAは詐欺といわれる理由は?効果はないの?

1本1万円を超える高級育毛剤BUBKA。インターネットの評価を見てみると、「効果がスゴイ」という書き込みがある一方で「ブブカの効果なし。詐欺商品だ」という口コミも見かけます。

 

これらの口コミ、どちらが本当なのでしょうか?実は詐欺だと感じる人にはある共通点があり、その勘違いや思い込みからついつい書き込んでしまうようです。BUBKAがなぜ詐欺だと言われてしまうのか、その理由やBUBKAの効果が期待できないシチュエーションについて解説いたします。

 

BUBKAの特徴

 

BUBKAはTSコーポレーションが販売する育毛剤のシリーズになります。育毛剤だけでなく、BUBKAブランドでアミノ酸シャンプーやサプリメント、育毛ドリンクなども販売されており、総合的に育毛できる育毛ブランドとされています。

 

M-034の配合量が多い

 

BUBKAの特徴として、M-034の配合量が非常に高いことが挙げられます。

 

M-034は多くの医薬部外品に配合される育毛成分です。厚生労働省に認可された成分であり、リアップの主成分であるミノキシジルと同等の効果があるという調査結果もあるような、非常に効果が期待される成分になります。

 

頭皮に優しい組成の育毛剤

 

育毛剤BUBKAの現行モデル「BUBKA ZERO」は、アルコール成分を薬事法の基準値以下に抑えたノンアルコールの育毛剤になります。頭皮の荒れやダメージを起こす可能性があると言われているアルコール成分がほとんど含まれていないため頭皮に優しくなっています。

 

また、BUBKA ZEROの育毛成分の多くはM-034を筆頭に天然由来成分になっています。さらに、育毛剤によく含まれている頭皮によくないとされる9つの添加物を「ゼロ」にしているというのも売りです。

 

BUBKAは天然由来成分と最小限に抑えた添加物で、安全性も重視した育毛剤になっています。

 

BUBKAが詐欺だと言われるパターン

 

インターネット上を見てみると「ブブカは効かない」や「ブブカは詐欺」といった過激な言葉も見られます。では、なぜ詐欺と言われてしまうのか、その代表的な例を見てみましょう。

 

パターン1:短期間で効果が出ない

 

BUBKAをお試しに使ってみたけれど、効果がなく詐欺だというパターンです。

 

BUBKAは医薬品ではなく、医薬部外品

 

BUBKAは厚生労働省から認可の降りた「医薬部外品」になります。医薬部外品に分類される育毛剤は、髪の毛が育つ環境を整えたり促したりするもので、今生えている髪を健康的に育てるためのものです。一般的に医薬部外品は医薬品に比べ、効果がマイルドな分、副作用も少ないというメリットがあります。

 

一方、医薬品はその効果が強い分、副作用のリスクもある程度秘めています。医薬品であるリアップも頭皮の荒れや赤みなどの副作用の報告は少なくありません。そのため、医薬品を販売できる施設は限られており、医師の処方箋が必要であったり、薬剤師の指導が必要となるものも多いです。

 

1本使っただけでBUBKAに効果を期待するのはナンセンス

 

BUBKAを使っても効果がなかったという口コミの多くが、BUBKAを1本使ってみたものの、発毛効果が得られなかったというものです。

 

医薬品に分類されるリアップでも、3か月後に効果を実感できた人は6割程度であり、半年後でも薬1割の人は効果を実感できていません。強い効果が期待される医薬品でもそのような状態ですので、医薬部外品であるBUBKAがそれより早く効果を期待できると考える方が間違いです。

 

BUBKAを1か月使って詐欺だというのはあまりにも判断が早すぎると言わざるを得ず、最低3〜6か月使ってみたうえで効果の判定をしなければなりません。場合によっては1年近くBUBKAを使い続けてやっと頭皮の状態が整って育毛効果を実感できるというケースもあるようです。BUBKAの効果を実感するためにはある程度長期的なビジョンを持っておく必要があるのですね。

 

パターン2:かなり薄毛が進行してから使用

 

かなり薄毛が進行した(禿げ上がった)人が使った場合にも、詐欺だと言われてしまうことがあります。

 

BUBKAの効果はマイルド

 

上にも書いた通り、BUBKAは医薬品ではなく、医薬部外品です。医薬部外品の育毛剤のいいところは、副作用が少なく気軽に使える点にありますが、その効果はマイルドであり、かなり進行してしまった薄毛には単独では効果のない可能性が高いです。

 

重度の薄毛はクリニックでの治療も必要

 

何となく薄くなってきたという人ではなく、すでに禿げ上がってしまったような重度の薄毛の人は、AGAクリニックなどに相談することをおすすめします。医薬品やメソセラピーなどの薄毛治療の補助として、BUBKAを使うことで薄毛治療の成績を高められると考えられます。

 

パターン3:価格が高価だから効果も強いという勘違い

 

高価な育毛剤だから、効果は値段に比例して高いはずだと考えてしまう人も多いようです。

 

リアップ×5プラスよりBUBKA ZEROの値段は高い

 

BUBKA ZEROは1本(1か月分)1万円を超える高級育毛剤となります。医薬品である「リアップ×5プラス」が1本(1か月分)6,000円台で買えるのと比べてもコストが高くなります。

 

つまり、医薬部外品にもかかわらず、医薬品のリアップよりも値段が高いため、BUBKA ZEROの効果の強さや即効性に過剰に期待してしまう人も多いようです。

 

BUBKAが高い理由の一つはその安全性

 

BUBKAが高いのは、その強さや速さではなく、安全性の高さだと考えていただいた方がいいでしょう。もちろん、効果も高い育毛剤になりますが、リアップと比べて効果が高いというデータはありません。

 

一方で、リアップでは頭皮の痒みやふけなどの副作用が出ることも少なくありませんが、BUBKAではそういった副作用の報告は非常にまれです。BUBKAにかけるお金は、安全性を買うためのものだと考えていただく方がいいかもしれません。

 

BUBKAに求めるのは安全性

 

BUBKAはあくまで医薬部外品の育毛剤であり、薬のような即効性は期待できません。頭皮環境を整えてじっくり育毛をすることがBUBKAの目的であり、即効性や強い効果より安全性を重視して使うべき育毛剤になります。

 

素早く確実な効果を得るためには、それなりに副作用のリスクのある治療薬や治療法を選択する必要も出てきます。BUBKAが詐欺だと言う人のほとんどは、素早く確実な効果が得られると勘違いして使っているようです。そういったことを求める場合には、BUBKAに頼るのではなく、AGAクリニックで相談されることをおすすめいたします。