ジヒドロテストステロンについて

MENU

禿げる大きな原因はジヒドロテストステロン(DHT)

男性型脱毛症(AGA)と切っても切り離せない関係性にあるのが、
ジヒドロテストステロン(DHT)です。

 

こちらではDHTとはどういった物質なのか、
髪の毛にどんな影響を与えてしまうのか、といったことについて詳しくお話します。

 

 

ジヒドロテストステロン(DHT)ってなんだ?

 

テストステロンと5αリダクターゼの結合体

最初から体内にある物質ではありません。

 

男性ホルモンのテストステロンと毛乳頭に分布している
5αリダクターゼと呼ばれる酵素が結合して生み出される物質なのです。

 

 

テストステロンは睾丸から分泌されるのがほとんどなので、
睾丸のない女性にはDHTが発生することはほとんどありません。

 

もちろん、女性でもテストステロンを注射することで、
AGA(FAGA)が発症することはあります。

 

女性スポーツ選手がドーピング目的で
男性ホルモンを注射したところ、FAGAが発症した例があります。

 

※FAGAとは・・・女性におこる男性型脱毛症のこと

 

具体的なDHTの発生メカニズム

 

睾丸から男性ホルモンのテストステロンが発生します。
発生したテストステロンは、血液の流れに乗って全身に送られます。

 

頭皮にも送られて、5αリダクターゼと結合します。その結果、DHTが生み出されるのです。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)は髪の毛にどんな影響を与えるのか?

 

毛髪の成長を妨げてしまう

 

DHTが持っている能力は、髪の毛の生成に悪影響を与える、といったものです。
具体的に言えば、髪の毛の成長期を極端に短くしてしまうのです。

 

一般的な髪の毛の成長期は3年から6年程度と言われています。
その期間中はずっと毛が伸び続けるのです。

 

一方で、DHTの影響にさらされた髪の毛は、
成長期間が数ヶ月から1年程度にされてしまいます。

 

 

髪の毛が成長し切る前に抜けるような状態になってしまうことにより、
薄毛が発症してしまうのです。

 

また、生えてくる髪の毛自体を脆弱にしてしまう作用もあります。
AGAが発症した男性の頭皮をみると、毛はあるのです。

 

しかし、そのほとんどが産毛の状態になります。髪の毛を細くしてしまう作用もあるわけです。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)を抑えることは出来ないのか?

 

発毛剤と育毛剤で対処可能

 

育毛剤に含まれるノコギリヤシ、発毛剤に含まれるフィナステリドなどに
5αリダクターゼの働きを抑える作用が認められています。

 

5αリダクターゼの働きが弱まれば、DHTの発生も抑えられ、
AGAの進行をストップしたり、改善したりといったことが期待できるのです。