ジヒドロテストステロンについて

MENU

禿げる大きな原因はジヒドロテストステロン(DHT)

 

 

加齢とともに衰えてしまう人間の身体。

 

そのなかでも薄毛の問題は特に顕著で、
多くの方が改善したい問題といえるのではないでしょうか。

 

ただ、そのためには薄毛になる原因を知っておかなくてはならないでしょう。
男性型脱毛症(AGA)と切っても切り離せない関係性にあるのが、
ジヒドロテストステロン(DHT)です。

 

こちらではDHTとはどういった物質なのか、
髪の毛にどんな影響を与えてしまうのか、といったことについて詳しくお話します。

 

 

ジヒドロテストステロン(DHT)ってなんだ?

 

 

「ジヒドロテストステロン(DHT)」は、男性ホルモンの一種です。

 

厳密に言えば、男性ホルモンである「テストステロン」が、
「5a-リダクターゼ」という酵素によって変換されるのがジヒドロテストステロンになります。

 

そのため、薄毛に関する情報収集をする際に、
ジヒドロテストステロンとテストステロンの双方の言葉が登場する場合は、
ほぼ同義のものと考えて構いません。

 

また、このジヒドロテストステロンはホルモンの一種であることから、
身体の筋肉や体毛、生殖機能の発育を促す効果があります。

 

テストステロンと5αリダクターゼの結合体

最初から体内にある物質ではありません。

 

男性ホルモンのテストステロンと毛乳頭に分布している
5αリダクターゼと呼ばれる酵素が結合して生み出される物質なのです。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)とは?|DHTと薄毛の関係

 

テストステロンは睾丸から分泌されるのがほとんどなので、
睾丸のない女性にはDHTが発生することはほとんどありません。

 

もちろん、女性でもテストステロンを注射することで、
AGA(FAGA)が発症することはあります。

 

女性スポーツ選手がドーピング目的で
男性ホルモンを注射したところ、FAGAが発症した例があります。

 

※FAGAとは・・・女性におこる男性型脱毛症のこと

 

男性だけじゃない!ジヒドロテストステロンは女性にも関係アリ

男性ホルモンの一種と紹介したジヒドロテストステロンですが、
このジヒドロテストステロンは女性にも作られることを忘れてはいけません。

 

女性の薄毛の主な原因としては、
生活習慣の乱れや加齢からなる「ホルモンバランスの乱れ」があります。

 

元々女性ホルモンには髪の毛の発育を支える働きがあるのですが、
上記のような原因でこの女性ホルモンの分泌が減ってしまうと、
男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの働きの方が優位に立つことがあります。

 

女性の分泌量は男性の5〜10%ほどと言われていますが、
男性ホルモンの方が優位に立ってしまえば髪の毛が抜けやすくなってしまい、薄毛に近付いてしまいます。

 

具体的なDHTの発生メカニズム

 

睾丸から男性ホルモンのテストステロンが発生します。
発生したテストステロンは、血液の流れに乗って全身に送られます。

 

頭皮にも送られて、5αリダクターゼと結合します。その結果、DHTが生み出されるのです。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)は髪の毛にどんな影響を与えるのか?

 

 

ジヒドロテストステロンは身体の発育を促す一方で、
髪の毛を抜けやすくしてしまう働きを持っています。

 

薄毛にも様々な種類がありますが、
その多くにおいてもこのジヒドロテストステロンが起因する場合が多く、
ジヒドロテストステロンと薄毛は切っても切れない関係にあるといえるでしょう。

 

毛髪の成長を妨げてしまう

DHTが持っている能力は、髪の毛の生成に悪影響を与える、といったものです。
具体的に言えば、髪の毛の成長期を極端に短くしてしまうのです。

 

一般的な髪の毛の成長期は3年から6年程度と言われています。
その期間中はずっと毛が伸び続けるのです。

 

一方で、DHTの影響にさらされた髪の毛は、
成長期間が数ヶ月から1年程度にされてしまいます。

 

 

髪の毛が成長し切る前に抜けるような状態になってしまうことにより、
薄毛が発症してしまうのです。

 

また、生えてくる髪の毛自体を脆弱にしてしまう作用もあります。
AGAが発症した男性の頭皮をみると、毛はあるのです。

 

しかし、そのほとんどが産毛の状態になります。髪の毛を細くしてしまう作用もあるわけです。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)を抑えることは出来ないのか?

 

発毛剤と育毛剤で対処可能

服用タイプの育毛剤にしても、外用タイプの育毛剤にしても、
このジヒドロテストステロンの働きや生成を抑える効果を持つものが広く販売されています。

 

なかでも「フィナステリド」という成分は、
ジヒドロテストステロンに対抗しうる成分として
一定の評価を得ており、様々な育毛剤に使用されています。

 

育毛剤に含まれるノコギリヤシ、発毛剤に含まれるフィナステリドなどに
5αリダクターゼの働きを抑える作用が認められています。

 

5αリダクターゼの働きが弱まれば、DHTの発生も抑えられ、
AGAの進行をストップしたり、改善したりといったことが期待できるのです。

 

まとめ:ジヒドロテストステロンを抑えることが脱毛防止のカギ

男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンは、身体の発育を支える一方で髪の毛を抜けやすくする働きを持っています。
そのため男性の薄毛の多くがこのジヒドロテストステロンの影響を受けており、ジヒドロテストステロンの働きを抑えられるかどうかが薄毛脱却のカギになってきます。

 

また、ジヒドロテストステロンは男性だけでなく、女性にも少なからずですが分泌し影響を与えることを忘れてはいけません。

 

育毛剤を使用する際には、その育毛剤がジヒドロテストステロンへのどんな影響を与えるのか確認するようにしましょう。