デュタステリドの効果について

MENU

育毛成分【デュタステリド】の特徴・効果について

育毛剤を頻繁に使用している人でも、
「デュタステリド」という成分について知っている人というのは、
最近でも非常に少ないと思われます。

 

というのも、デュタステリドというのは、
2015年の9月28日に厚生労働省が認可したAGA治療薬の為、
まだ認可されてから1年ほどしか経過していない成分となっています。

 

 
デュタステリドが配合されているAGA治療薬としては、
ザガーロという商品が有名になってきています。

 

今回はデュタステリドというのはどのような成分なのか
ということについて詳しく紹介していきます。

〜このページの目次〜

デュタステリドの薄毛抑制効果とは?

デュタステリドの主な効果というのは、薄毛の原因とされている
5αリダクターゼの生成を抑制するという働きを持っています。

 

5αリダクターゼというのは、
それ自体が抜け毛を誘発させる成分ということではなく、

 

男性ホルモンの中に含まれている
テストステロンという成分が5αリダクターゼと結合することによって、
抜け毛を誘発させる成分が生成されることになります。

 

 

 

テストステロンも5αリダクターゼも、
単体では抜け毛に影響を与える成分ではありませんが、

 

2つが合わさることによって抜け毛を誘発させることになりますので、
5αリダクターゼの生成を抑制することによって、
抜け毛を減らすということがデュタステリドの目的となっています。

 

効果はプロペシア(フィナステリド)に似ている

勘違いしてほしくないのは、デュタステリドを摂取して、
5αリダクターゼの生成を抑制した場合でも、抜け毛が解消されるというだけで、
発毛を促すということではないということになります。

 

プロペシアに含まれている成分、
フィナステリドと同じ薄毛抑制メカニズムとなっています。
関連:フィナステリドの効果とは?

 

一般的に、薄毛やAGAになっている状態というのは、
「抜け毛の量が発毛量を上回っている状態」ということになります。

 

抜け毛の量を減らすことによって、
必然的に薄毛やAGAを解消することが出来るということに繋がります。

 

海外では既に認知度・信頼度は高い医薬品

デュタステリドが日本で認可されたのは2015年の9月となっていますが、
欧米ではもっと早くに認可されていました。

 

日本での厚生労働省の認可というのは
欧米諸国に比べると数年〜数十年の遅れがあるとされています。

 

これは、十分に安全が確認されないと認可されないということでもありますので、
どちらが正しいということではありませんが、欧米諸国では既に
デュタステリドというのは一定の知名度を得ているAGA治療薬となっています。

 

デュタステリドを手に入れるにはどうすれば良いのか?

デュタステリドというのは、
既に厚生労働省に認可されている成分となっていて、
医薬品として処方されていることになります。

 

 

 

中でも有名なのが「ザガーロ」と言うわけです。

 

デュタステリドが配合されている薬剤を手に入れる方法としては、
AGAクリニックなどを受診して処方してもらうのが手っ取り早いとされています。

 

他にも個人輸入などでも手に入れることが可能になっていますので、
色々な選択肢があるということになります。

 

ただし、個人輸入でデュタステリドを手に入れる場合は
偽物を掴まされる可能性もありますので注意も必要です。

 

心配な方はAGAクリニックを受診して
処方箋を出してもらってから手に入れるようにして下さい。