エアコンの風が薄毛の原因となる理由とは

MENU

【薄毛の人は「エアコンの風」にも気をつけるべき?】

エアコンの風が薄毛を誘発?エアコンの使用に要注意!

 

会社でも自宅でも、当たり前のようにエアコンを使っているので
ちょっと心配になってきたのですが…

 

はい、エアコンは、温度・湿度を快適に保つために欠かせないものではありますが、
その「風」には注意する必要があります。

 

エアコンの風がなぜ要注意なのか

エアコンの風がなぜ要注意なのかというと、
「冷房暖房どちらでも、エアコンの風が直接頭部にあたると、
髪や頭皮をカラカラに乾燥させてしまう」からです。

 

髪は乾燥するとキューティクルが開いて
パサパサと切れやすい状態になってしまいますし、

 

乾燥しきった頭皮は「カラカラに乾いた大地」のような状態になるので
バリア機能にも支障をきたして外部刺激に弱くなり、
毛根へのダメージも伝わりやすくなってしまうのです。

 

また、頭皮の乾燥が深刻だと、「乾性フケ」も出やすくなってしまうので
見た目的にも非常に印象が悪くなりますよ。

 

「エアコンを使う」ということ自体はいいのですが、
頭部に直接風を当てないようにすることを心がけましょう。

 

また、冬はエアコンの風が当たらずとも、
空気自体が非常に乾燥しているので、加湿器の併用を強くおすすめします。

暑い季節のエアコン使用は冷えによる血行不良を招くことも

 

 

エアコンによる害は、乾燥だけではありません。

 

暑い季節などは、エアコンをガンガン効かせたくなりますが、
その「ガンガン効かせたエアコン」の寒さが、
無自覚のうちに体内に冷え問題を作ってしまっているケースも少なくありません。

 

冷えは血管を収縮させて血行を阻害し
血行の悪さは「毛根への酸素・栄養の運搬」において大きな悪影響を与えてしまいます。

 

特に、血管が細い女性の場合は、
「効かせすぎたエアコンの冷えによる血行不良」のリスクがかなり高いと言えるでしょう。

 

関連:頭皮を薄毛リスクから守る正しいスキンケア方法