円形脱毛症の原因と症状の種類

MENU

円形脱毛症の症状と原因

円形脱毛症は、どのような原因によって引き起こされるのでしょうか。
円形脱毛症の症状、原因・要因とメカニズム、
円形脱毛症のタイプなどについて詳しく解説致します。

 

 

円形脱毛症とは?

円形脱毛症とは、文字通り頭髪が円形に、突発的に脱毛する症状を言います。ある日突然前触れもなく発症することが多く、コインサイズの脱毛から、頭部全体、全身の体毛脱毛に至るものまでその症状は様々です。脱毛に至る経過での自覚症状は殆どなく、脱毛時にも患部の痛みやかゆみもありません。脱毛箇所周辺の髪を引っ張り、容易に、大量に抜けるようなら円形脱毛症の可能性があります。加齢と共に前頭部の生え際や、頭頂部から徐々に脱毛が進行する男性型脱毛症(AGA)とは全く別物の脱毛症です。

 

 

どんな人が発症するのか?

円形脱毛症は、人種、性別、年齢に関係なく発症します。後述する発症要因である遺伝的要素はありますが、誰にでも起こりうる脱毛症です。自然治癒することもありますが、治療方法もある程度確立していますので、症状が現れたら早めに医師の診療を仰ぐようにしましょう。

 

円形脱毛症の原因・メカニズム

円形脱毛症は、自己免疫応答によって引き起こされる自己免疫疾患の一種であると考えられています。私たちの体は、外部から悪い細菌や、ウイルスなどの異物が侵入すると、白血球等の免疫細胞の働きによって異物を攻撃し、退治することで健康を保っています。これが自己免疫機能です。

 

人間の髪の毛根部には、毛母・毛乳頭細胞という髪を育てるため細胞が存在しています。体を正常に保つための免疫細胞であるTリンパ球が、毛根を異物だと間違って認識し、攻撃してしまうことがあります。この免疫細胞の間違った攻撃(免疫反応)を、自己免疫応答と呼びます。Tリンパ球の自己免疫応答(毛根への攻撃)によって炎症が生じると、毛根が弱ってしまい、髪が脱毛してしまうのです。これが円形脱毛症の発症メカニズムです。自己免疫応答が現れる箇所や期間によって円形脱毛症のタイプが変わってきます。

 

円形脱毛症のタイプ

円形脱毛症には、軽度のものから重度のものまで様々なタイプが存在します。

 

T 単発型・・・頭に1、2個の指先からコイン程度の大きさの円形脱毛が生じるもの
U 多発型・・・3つ以上の指先からコイン程度の大きさの円形脱毛が生じるもの
V 全頭型・・・頭全体に脱毛が生じるもの 
W 汎発型・・・頭髪だけではなく、脱毛が全身の体毛に及び、場合によっては、わき毛、陰毛まで脱毛が生じるもの
X 蛇行型・・・頭部の生え際にそって帯状に脱毛が生じるもの

 

単発型が多いものの、自己免疫応答が長い間続けば、症状が悪化する可能性があります。
男性型脱毛症(AGA)が数年かけて徐々に脱毛するのに比べ、円形脱毛症は一気に症状が進むことがあります。

 

円形脱毛症を引き起こす要因

 

円形脱毛症を引き起こすきっかけになるものは、実の所まだはっきりわかっていません。(原因・メカニズムは自己免疫応答)。発症の引き金になるもの、発症の要因(関与している)と考えられているものにはどんなものがあるのでしょうか。列挙したいと思います。

 

ストレス

 

円形脱毛症は、ストレスがきっかけとなって引き起こされる可能性があります。仕事や勉強等で、精神的に過度に強いストレスに晒された場合、体をアクティブに動かすために交感神経が活発に働きます。この状態が長期に渡ると、交感神経に異常をきたしてしまうことがあります。また精神的ストレスに加え、疲労や寒暖差などの直接的な身体的ストレスがかかった場合、自律神経や内分泌腺の働きが異常になってしまう可能性があります。精神的、身体的ストレスは、血流や、毛根の栄養状態を悪化さることがあるため、円形脱毛症を引きこすことがあるのです。またストレスは、円形脱毛症以外の自己免疫疾患やガンの原因となることもあります。

 

自己免疫疾患

 

円形脱毛症の原因である自己免疫応答の状態にある場合、他の自己免疫疾患を併発していることがあります。逆に言えば、他の自己免疫疾患が、円形脱毛症の要因となっていることがあるわけです。円形脱毛症患者の8%に、他の自己免疫疾患である甲状腺炎(橋本病)の症状がみられます。また、円形脱毛症患者の4%が、皮膚の色素異常をもたらす自己免疫疾患である尋常性白斑を併発することで知られています。また発熱、だるさ、リンパ節の腫れ、臓器の炎症をもたらす自己免疫疾患である全身性エリテマトーデス(SLE)に現れる症状の1つに円形脱毛症があり、同じく自己免疫疾患である関節リウマチや、重症筋無力症の症状として円形脱毛症の症状が現れることがあります。

 

遺伝

 

円形脱毛症は、遺伝と関係があるという報告があります。身内、特に1親等(親、子)など身内に円形脱毛症の人がいると発症のリスクが上がると言われています。身内に円形脱毛症の患者がいる場合、発症リスクは、10%にも上ることがあります。身内が円形脱毛症を発症した経験がある場合には、併発している病気を推測する為のヒントになることもあります。

 

アトピー素因

日本皮膚科学会のアトピー性皮膚炎の定義に倣うと、
アトピー素因とは、@かAのどちらかに当てはまることを言います。

 

  1. 気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎のいずれか、または複数の疾患の家族歴・既往歴がある
  2. IgE(免疫グロブリンE)抗体を産生し易い(体内の異物に対して、免疫反応で攻撃しやすい状態のこと)

 

つまり本人もしくは身内にアレルギー反応を起こしやすい人がいる場合、アトピー素因があるということです。アトピー素因はある程度遺伝します。

 

花粉症などのアレルギー性鼻炎も、自己免疫応答に起因するもので、アレルギー体質であることは、円形脱毛症の発症要因とも関係があるのです。円形脱毛症患者のおよそ半分にアトピー素因があることがわかっていますので、かなり関連性が深いと考えてよいでしょう。

 

様々なきっかけ、要因によって引き起こされる円形脱毛症ですが、自然に治癒することも多く、まだまだ不明な部分が多いことも確かです。しかし、原因、症状を知った上で早めに医師の指導の下、治療すれば早期完治の可能性も高まります。円形脱毛症の症状が現れた時は是非参考にしてみてください。