フィンジアとバイタルウェーブスカルプエッセンスはどっちがおすすめ?

MENU

フィンジア【VS】バイタルウェーブスカルプローション〜キャピキシル育毛剤徹底比較〜

フィンジアとバイタルウェーブスカルプエッセンスを比べてみた【成分・価格・使用感】

 

育毛剤には様々な成分が含まれており、個々人の症状に合わせて選択していく必要があります。今注目のスカルプエッセンスであるキャピキシルを含むフィンジアとバイタルウェーブスカルプローションそれぞれの特徴や副作用、共通点、相違点、さらには成分や効果、価格などついて比較してみました。

 

育毛剤としての特徴と副作用
フィンジアとバイタルウェーブスカルプローションは共に化粧品に分類される育毛剤です。

 

医薬品、医薬部外品に比べて、成分作用が緩やかにはなりますが、継続使用することで十分な育毛対策することができます。また、天然由来成分などを多く含有し、育毛剤として副作用の心配が殆どないため、どなたでも安心してしようすることができます。

 

化粧品とは、薬機法第二条第三項で下記のように規定されています。

人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。

 

 

両者に配合されている共通成分とその効果

 

 

フィンジアとバイタルウェーブスカルプローションは、共に主成分としてキャピキシルという成分を含んでいます。キャピキシルは、カナダのLUCAS MEYER COSMETICS社によって開発された育毛成分で、その効果の高さから近年大注目のスカルプエッセンスです。

 

キャピキシルは、アセチルテトラペプチド3とアカツメクサ花エキスを合成することで誕生しました。

 

アセチルテトラペプチド3は、4つのアミノ酸によって構成されており、細胞の高い修復効果が認められています。アセチルテトラペプチド3の細胞修復効果は、発毛にとって重要な毛母・毛母頭細胞の再生、修復を促します。火傷した皮膚や、切断四肢の治療にも用いられている、高い修復機能を持った成分になります。

 

またアカツメクサ花エキスには、脱毛防止の効果が認められています。男性ホルモンのテストステロンは、5αリダクターゼ還元酵素と結びつくことで、DHT(ジヒドロテストステロン)に変わり、頭部のDHT濃度が高くなると脱毛を引き起こします。アカツメクサ花エキスは、この5αリダクターゼ還元酵素の働きを阻害し、DHTの生成を阻止することで脱毛を防止します。医薬品であるフィナステリドを主成分であるプロペシアと同様の働きですが、アカツメクサ花エキスは天然由来成分ですので副作用の心配がありません。

 

フィンジアとバイタルウェーブスカルプローションは、このキャピキシルを5%配合しています。キャピキシルを開発したLUCAS MEYER COSMETICS社によると、5%の配合は、最大推奨濃度とされていますので、キャピキシルの効果を十分に享受できる分量が配合されているということになります。

 

両者にはそれぞれどんな異なる成分を配合している?

 

バイタルウェーブには配合されていないフィンジア特有の成分

 

 

フィンジアには、2大先進スカルプ成分としてキャピキシルの他、ピディオキシジルという成分が配合されています。ピディオキシジルは、ミノキシジル誘導体と呼ばれる成分で、血管を拡張し、血流を改善し、頭皮に栄養を行き渡らせ、毛母・毛乳頭を蘇らせることで育毛につなげるという効果が期待できます。これはミノキシジルと同様の働きですが、ミノキシジル誘導体であるピディオキシジルは、ミノキシジルの分子構造の一部を転移させ、ベースとなるミノキシジルの機能をできる限り維持しています。分子構造の変異はわずかですが、この変異によりミノキシジルの使用によるかゆみ、かぶれといった接触皮膚炎の副作用リスクを軽減し、浸透力を最大限高めています。ミノキシジルは、浸透力が低いことが問題でしたが、その弱点を克服したのがミノキシジル誘導体であるピディオキシジルだと言えます。

 

フィンジアは、このピディオキシジルとキャピキシルを配合することで、発毛を促し、脱毛を防止するという両方の効果を持った育毛剤になります。攻めと守りの両機能を備えているわけです。

 

またこれらの成分を的確に頭皮に浸透させるためにトウガラシ由来成分であるカプサイシンを配合し、頭皮を軟化させるという工夫がなされています。

 

フィンジアには配合されていないバイタルウェーブ特有の成分

 
一方バイタルウェーブスカルプローションは、細胞の増殖、分化を促す成長因子(GF)を4種類配合しています。毛髪を再生させる機能が認められており、アンチエージングの対策にも使われているのがGFです。

 

また希少品種のリンゴ「ウットウィラー・スパットラウバー」から抽出したリンゴ幹細胞のバイタルウェーブを配合しています。IPS細胞の一種で、細胞の再生能力を助けるという機能があり、育毛に必要な細胞の再生に寄与しています。

 

そしてスイスのInduchem社が開発したリデンシルというスカルプエッセンスも配合しています。リデンシルは、カラマツ由来成分で、バジルOPSc幹細胞の自己複製により、マトリックス細胞を活性化させ、新しいケラチンサイトを生成することで正常なヘアサイクルを取り戻すという働きがあります。

 

さらにガゴメ昆布フコイダンの働きにより、発毛促進因子FGF-7(KGF)の産生を高め、毛母細胞を再生させたり、たけのこ皮エキスなどの天然由来成分を存分に配合し、髪を作り出すヒアルロン酸やコラーゲンの増産を補助しています。

 

★含有成分からみるフィンジアの優位性★

フィンジアとバイタルウェーブスカルプエッセンスを比べてみた【成分・価格・使用感】

 

育毛に対する有効主成分は、バイタルウェーブスカルプローションの方が多くなります。しかし、成長因子(GF)などは、育毛に対して補助的な役割こそ果たしていますが、髪の発育に直接働きかけているのは、フィンジアに含まれるミノキシジル誘導体であるピディオキシジルです。バイタルウェーブスカルプローションの補助的な主成分は、髪の育成を助けはしますが、発毛に対するアプローチはピディオキシジルの方が上だと言えます。

 

またバイタルウェーブスカルプローションに含まれる5αリダクターゼ還元酵素の阻害成分は、キャピキシルのみなのに対し、フィンジアは同様の効果のある成分としてヒオウギエキスを配合しています。脱毛対策として5αリダクターゼ還元酵素の阻害は、大きな成果があることは医学的にも認められており、その機能を強化しているのはフィンジアの方です。

 

フィンジアは、キャピキシルやヒオウギエキスの働きにより脱毛を防止し、さらにピディオキシジルの働きにより発毛を促進するという2つのアプローチを試みる育毛剤です。育毛対策の2大機能を備えているという点で、バイタルウェーブスカルプローションよりバランスの良い育毛剤だと言えます。

 

★使用方法の違いにみるフィンジアの優位性★

フィンジアとバイタルウェーブスカルプエッセンスを比べてみた【成分・価格・使用感】

 

バイタルウェーブスカルプローションは、スポイトで吸い上げて頭皮に散布するタイプの育毛剤です。スポイトの吸い上げは、目盛がない為分量の計測が難しくなります。スポイトで頭頂部に散布するのは慣れが必要ですし、さらにスポイトの先端が頭皮に接触してしまうと、雑菌が繁殖し、後の使用の際に衛生上の問題が生じる可能性があります。

 

一方のフィンジアは、スプレータイプですので、扱いが簡単なことに加えて、衛生上の問題も生じません。

 

使用法はフィンジアの方が楽で簡単だと言えます。

 

★価格の違いからみるフィンジアの優位性★

 

 

フィンジアとバイタルウェーブスカルプローションはどちらも全額返金保証制度が付帯しています。しかし返品の仕方に関しては違いがあります。

 

フィンジア・・・商品到着日から30日以内、返品送料、返金振り込み手数料は購入者負担、
バイタルウェーブスカルプローション・・・商品発送日から30日以内、返品送料、返金振り込み手数料は購入者負担、決済手数料と事務手数料併せて1,000円も購入者負担

 

返送できる期間が、フィンジアの方が長い上に、負担する手数料もフィンジアの方が少なくなります。

 

さらにフィンジアとバイタルウェーブスカルプローションの本体価格を比較してみました。

 

  フィンジア バイタルウェーブスカルプローション
単品1本購入 12.800円(送料640) 11,880円(送料無料)
定期便1本購入 9.980円(送料無料) 8,200円,3回目~8.080円,7回目~7.980円 送料無料
定期便3本セット 34.800円(送料無料) 20,520円(送料無料)
返金保障期間 30日間 30日間

 

価格だけみると、バイタルウェーブスカルプローションの方がやや安価になりますが、単品でみるとそれほど大きな違いではありません。また上述のように初期購入返品にかかる費用はバイタルウェーブスカルプローションの方が多くかかり、様々な費用を概算すると返品に2,000円ほどかかります。これから育毛を始めようという段階で、返品費用がかさむのは望ましくありません。

 

★人気度、口コミの多さにおけるフィンジアの優位性★

 

フィンジアは、ピディオキシジルとキャピキシルという新たなスカルプエッセンスを2つも配合したという点で、薄毛、脱毛に悩む人の注目を集め、その効果の高さから、一時期は品薄になり、購入できないということもありました。一方バイタルウェーブスカルプローションは、フィンジアより後に発売された育毛剤で、フィンジアと共通するキャピキシルを除いて、多くの成分の効果、育毛実績データが殆どありません。また使用者もまだそれ程多くないことからフィンジアに比べ口コミも少なく、その効果にやや懐疑的な面があります。

 

人気という面では、やはりフィンジアが勝っていると言えるでしょう。