フィンジアとDeeper3Dならどっちがおすすめ?

MENU

フィンジア【VS】Deeper3D〜キャピキシル育毛剤徹底比較〜

フィンジアとDeeper3Dを比べてみた【成分・価格・使用感】

 

育毛剤として注目を集めているフィンジアとDeeper3Dですが、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。それぞれに含まれる成分、効能、副作用、価格などを徹底比較してみました。

 

育毛剤としての特徴と副作用
フィンジア、Deeper3D共に、
医薬品、医薬部外品ではなく化粧品分類の育毛剤になります。

 

人体における影響が医薬品や医薬部外品に比べ緩やかで、法律上は歯磨き粉やシャンプーなどと同類のものになります。従って、副作用等を気にすることなく、医師薬剤師の判断を仰がずに使用できるという手軽さが売りです。販売サイトで、問診なしで使用できます。今すぐにでも育毛対策をしたいという人にはピッタリです。

 

 

フィンジアとDeeper3Dの共通成分と効果

 

 

フィンジアとDeeper3Dに共通する主成分として含まれるのがキャピキシルです。キャピキシルはアカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド3によって合成されています。

 

アカツメクサ花エキスは、男性ホルモンと結びつく5αリダクターゼ還元酵素を阻害する働きがあり、脱毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を防ぐという効果があります。育毛剤として高い効果が認められているフィナステリドを主成分とするプロペシア(医薬品)と同様の働きです。

 

またアセチルテトラペプチド3は、4つのアミノ酸によって構成され、細胞の修復効果が認められています。この細胞の修復効果によって、髪を作る毛母、毛乳頭細胞の再生を促し、育毛につなげていきます。

 

フィンジアとDeeper3Dは、このキャピキシルを、5%配合しています。この5%という数字は、キャピキシルを製造するLUCAS MEYER COSMETICS社推奨の最大濃度になりなります。

 

両者にはそれぞれどんな異なる成分を配合している?

 

Deeper3Dには配合されていないフィンジア特有の成分

 

 

フィンジアには、キャピキシルの他に
ピディオキシジルという成分が含まれています。

 

フィンジアを構成する主要成分の1つです。ピディオキシジルは、ミノキシジル誘導体と呼ばれるもので、血管を拡張し、血流を促すことにより、毛母、毛乳頭細胞に栄養を行き渡らせ、発毛を促すという働きがあります。リアップ(医薬品)の主成分となるミノキシジルの分子構造を変異させて、同等の効果を維持したものです。ミノキシジル誘導体は、医薬品ではありませんので、安心して使うことができます。

 

フィンジアには配合されていないDeeper3D特有の成分

 
一方でDeeper3Dには、リデンシルという成分が含まれています。

 

スイスのInduchem社が開発した毛母細胞にアプローチし、
毛髪生成を促すというスカルプエッセンスです。

 

さらに8種類の成長因子(GF成分)を含み、これによって細胞の働きを活発にし、発毛を促進します。GF成分は、細胞分裂と生成を促す発毛治療法であるHARG治療等にも用いられており、Deeper3Dは、キャピキシル配合育毛剤としてはGF成分を最も多く配合しているのが強みです。また、薄毛が少ないと言われるモンゴル人、インディアンの豊かな髪に近づくための植物由来の成分であるモンゴロイド3大伝承成分も含んでいます。

 

★含有成分からみるフィンジアの優位性★

フィンジアとDeeper3Dを比べてみた【成分・価格・使用感】

 

育毛成分としては、ミノキシジル誘導体としてそれ単体でも発毛効果が認められているピディオキシジルの方が、GF成分より育毛効果が高いと言われています。またピディオキシジルの働きには、休眠中の毛母細胞を活性化させ、細胞分裂を活性化させるというGF成分に近い働きが認められています。

 

さらにフィンジアには、キャピキシル以外にも5αリダクターゼ還元酵素の働きを阻害する成分であるヒオウギエキスが含有されていますが、Deeper3Dには、キャピキシル以外に5αリダクターゼ還元酵素を阻害する成分は含まれていません。

 

★使用方法の違いにみるフィンジアの優位性★

フィンジアとDeeper3Dを比べてみた【成分・価格・使用感】

 

フィンジアがスプレータイプで、頭皮に散布しやすいという一方で、
Deeper3Dはスポイトで吸い上げて散布するため、やや使用が面倒です。

 

またそのスポイトを頭皮につけてしまうと雑菌の繁殖の原因にもなりかねませんので、使用には注意が必要です。フィンジアはスプレータイプのため、気になる患部に簡単に散布できますが、Deeper3Dは、1か所に漬けすぎてしまったり、液だれにより溶液を無駄に使用してしまう可能性があります。

 

★価格面からみるフィンジアの優位性★

 

 

両者とも全額返金保証制度が付帯していますので、
使用感が合わないということであれば返金対応を受けることができますので安心です。

 

フィンジア1か月分9,980円1日あたり322円
Deeper3D1か月〜2か月14,100円1日あたり455円

 

Deeper3Dは1本あたりの使用目安が1か月から2か月と曖昧なため、1か月で計算した場合、1日あたり133円違います。フィンジアを使用した場合は、1日あたり缶コーヒー1本分ほどが浮くことになります。フィンジアの方がお得感があります。

 

Deeper3Dには、購入回数を重ねるごとに、5%、10%、20%、25%と1本当たりの割引サービスを受けることができ、9本目以降は30%引きで購入することができます。一方フィンジアも3本まとめて購入すると34,800円となり3,600円お得になるというサービスを受けることができます。

 

  フィンジア Deeper3D
1ヶ月分 9,980円 14,100円
1日あたり 322円 455円
返金保障期間 30日間

14日間
(付属のお試しキットのみ)

 

育毛剤は個々人の症状により、合う合わないということがあります。そういう意味ではお試し価格でとりあえず1か月、2か月使用して様子をみたいという場合、価格面でフィンジアの方が手が出しやすいのではないでしょうか。