守りのフィナステリドの効果と副作用

MENU

育毛成分【フィナステリド】の効果・副作用

「フィナステリド」は
髪を増やすために開発されたわけではなく、
もともと前立腺肥大症の治療のために使用されていた
「プロスカー」という名の飲み薬でした。

 

 

しかし、投与していた患者の中に
毛髪が増えると言う薬効が現れた事から、
AGAへの投与に対する研究が進み、「プロペシア」の商品名で、

 

世界で初めて医師が処方する
内服のAGA治療薬として認められたのです。

 

 

発売五まもなく世界中で大ヒットし、今では世界60カ国以上で販売されています。
日本では2001年より臨床試験が開始され、2005年12月から販売開始されました。

 

 

脱毛の抑制に効果

「フィナステリド」はアメリカの南部に自生する
ノコギリヤシという植物の
薬効成分の研究から生まれた科学合成品です。

 

内服すると頭皮の毛包で5α-リダクターゼの働きを押さえる働きをします。
これにより髪の成長を阻害する5α-DHTの生成を抑制します。

 

5α-DHTが働くと成長期にある
毛母細胞に退行期や休止期に移行する信号を出すために、
髪が育ちきる前に抜けてしまいます。

 

フィナステリドを飲むと、この信号を抑制するので成長期が長くなり、
休止期にある毛穴からの毛髪も成長するのです。

 

 

フィナステリドを成分とする「プロペシア」が薬として認められたのは、
明確に効果が測定できたからです。

 

20〜50歳の中程度までのAGA患者に対しての国内臨床試験のデータでは、
3年間で78%の改善効果があり、また、20%には3年経っても現状維持の効果がありました。
合算すると98%以上の男性の悩みを軽減した事になります。

 

フィナステリド配合の育毛剤を使用・服用する際の注意点

この数字を見る限り、間違いなくフィナステリドは「効く」成分なのです。

 

フィナステリドの
しかし、改善のレベルを7段階で評価した場合に、
最も著名に改善した割合は頭頂部で6%、前頭部で2%程度となっているので、
誰にとっても毛がフサフサと生えてくるというわけではありません。

 

 

それでも、薄毛の進行を止める効果がほぼ全ての人にあるということは心強いですね。

 

 

服用方法

DHTの生成を抑えて、ヘアサイクルを健全に保つ薬ですので、
効果が見られるまでには通常6ヶ月以上の連続投与が必要です。

 

また、効果が見られても、服用を中止する事で症状が進行します。

 

副作用

これだけ明確に体に効く薬では、その副作用も気になるところです。

 

臨床試験で確認された副作用として、
1.1%の方に性欲減退、0.7%に勃起不全が観察されました。

 

また、重大な副作用として肝機能障害が現れた例があります。

 

フィナステリドの効果・副作用【まとめ】

フィナステリドは薄毛の進行を止める、守りの薬と認識するのがよいでしょう。
ただし、その防御率は98%と驚異的な数字を誇っていますので、間違いなく堅い守りと言えるでしょう。

 

 

しかしながら、サッカーと同じで守るだけでは、勝てません。
フィナステリドで守りながら、発毛を促す攻めの体制を取らなくてはいけません。
その攻めの役割を果たすのが、「ミノキシジル」なのです。