フィンペシアの効果と副作用

MENU

プロペシアのジェネリック品「フィンペシア」を調べてみた!

薄毛やAGAの治療薬として効果が高いとされている
「フィンペシア」

 

フィンペシアの効果と副作用|プロペシアのジェネリック品

 

フィナステリドを主成分としているプロペシアのジェネリック医薬品です。

 

個人輸入代行サービスサイトの
「オオサカ堂」や「アイドラッグマート」などでも取り扱われており、
価格が安く効果もプロペシアと同じとして知られています。

 

今回は、フィンペシアが持っている効果と、
どのようなジェネリック医薬品なのかについて詳しく紹介していきます。

 

フィンペシアはどのようなAGA治療薬なのか?

フィンペシアに含まれている主成分は
プロペシアと同じ「フィナステリド」です。

 

 

 

薄毛になってしまう原因の一つに挙げられている
5αリダクターゼの生成を抑制するという働きを持っていますので、
高い脱毛抑制効果が期待できるとされています。

 

プロペシアのジェネリック品と言われるだけあって、
効果や発毛メカニズムもプロペシアと同じと考えていいでしょう。

 

フィンペシアの副作用は?

フィンペシアの副作用に関してですが、
プロペシアとほぼ同様の症状が懸念されています。

 

 

 

フィンペシアの副作用として大きな症状は、
性欲減退・勃起不全・精子減少

 

この3つがフィンペシアの主な副作用の症状です。

 

また、プロペシアと唯一違う点として、これまでのフィンペシアには
キノリンイエローという発ガン性物質が含まれていました。

 

しかし、現在発売されているフィンペシアには
キノリンイエローフリータイプが新たに誕生し、
キノリンイエローがが含まれていないものが誕生しています。

 

しかし、インターネットなどで
フィンペシアについて調べてみると、
「フィンペシアは正確にはジェネリック医薬品ではない」

 

というような記事を見かけることがたまにあります。
これは一体どういうことなのでしょうか?

 

フィンペシアは本当にジェネリック医薬品!?

フィンペシアがジェネリック医薬品として疑わしいのには
1つの大きな理由があります。

 

ジェネリック医薬品が出来るまでには、
それなりの期間と条件が必要になってきます。

 

医薬品の特許権というのは、
基本的に製造・開発した企業が独占している事になりますので、
その期間が過ぎないことには同じ様な薬は作れないんです。

 

つまりは、プロペシアの特許期間が満了になるまでは、
同じ様な薬を製造、販売する事は許しませんよ!
と決まっているにも関わらず、フィンペシアが誕生してしまったのです。

 

フィンペシアの販売元はインドにある

特許期間が満了になっていない場合は
一般的にはジェネリック医薬品として認められません。

 

しかし、フィンペシアを開発・販売しているのは
インドの「シプラ社」という製薬会社です。

 

インドには特許期間が満了になっていない
医薬品を開発・販売しても、それを咎める法律がありません。

 

そのため、特許期間が満了になっていない医薬品でも
インド国内で製造・販売されているものに関しては
ジェネリック医薬品と同じ意味を持っているということが挙げられます。

 

フィンペシアを購入するためにはどうすれば良いのか?

日本国内で生活をしている場合に、
フィンペシアを購入する方法としては1つしかありません。

 

それは、「個人輸入をして購入する」という方法です。

 

フィンペシアの効果と副作用|プロペシアのジェネリック品
※画像はオオサカ堂のキャプチャ画像

 

海外で販売されている医薬品を個人で輸入するというのは
手続きが面倒になっていることも多いために、個人輸入代行業者というものがあります。

 

個人輸入代行サービスとは?

文字通り個人輸入を代行してくれる業者で、
業者を介して海外の医薬品を購入する事ができます。

 

面倒な手続きが一切必要ないために
簡単に購入することが出来るというメリットがあります。

 

注意してもらいたいポイントとしては、
フィンペシアに限らず海外の医薬品を個人で購入する場合、
「ニセモノや粗悪品もく紛れている」ということを知っておいて下さい。

 

また、直接購入するよりも少し高くなっているケースが多いです。

 

フィンペシアの主成分となっている
フィナステリドが含まれていないということも十分に考えられます。

 

フィンペシアを個人輸入する場合は
信頼度の高い個人輸入代行サービスを利用しましょう。