薄毛治療すれば完璧に薄毛は治る?

MENU

【薄毛に対する外科手術をすれば問題は解決する?】

 

 

ひどい薄毛なので、育毛剤や薬によるAGA治療ではなく、
植毛などの外科手術を検討中です。

 

外科手術をすれば、薄毛問題は解決できるでしょうか?

 

薄毛がかなり進行している人にとっては、
現在の水準での育毛剤やAGA治療では満足いく結果が得られないと
感じることも多いかもしれませんが、
だからと言って安易に植毛などの外科手術に踏み切ることはおすすめしません。

 

植毛手術には危険がいっぱい

なぜ、植毛などの外科手術がおすすめできないのかというと、
あまりにもリスクが高すぎるからです。

 

植毛によって生じるリスクとしては、以下のようなものが挙げられます。

 

  • 縫合の痕などが目立ってしまう。
  • ドナーとなる後頭部や側頭部まで薄くなってしまった時に目立つ。
  • 頭皮の引きつれ・つっぱり感がずっと残ってしまう。
  • 植毛した髪が生える方向が不自然になって目立ってしまう。
  • せっかく植毛したのに、きちんと生着せず、

    髪がまばらに残る程度の結果しか得られない。

  • 人工毛を植毛した場合は、絶対に生着は無理。

    時間がたてば必ず抜け落ちてしまう上に、人工毛が異物と認識されて
    頭皮が拒否反応を起こし、炎症などのトラブルを発生させることも少なくない。

 

…もちろん、期待通りの手術結果を得られるケースもあるでしょうが、
「そうはいかないリスクがかなり高い」ということを理解しておく必要があります。

 

どうしても外科的な処置をほどこしたい人はどうすればいい?

 

 

というわけで植毛には、
非常に大きなリスクがつきまとうため、おすすめできません。

 

でもどうしても、育毛剤や普通のAGA治療だけでは効果は見込めない、
という人は、比較的低リスクの外科的処置を検討してみましょう。

 

成長因子や様々な成分を組み合わせたカクテルを頭皮に注入するHARG療法や、
「アートメイクのように頭皮に毛根を描くことで、
いかにもそこから毛が生えてきそうに見せかける」というSMPなどが
比較的おすすめの外科的処置と言えますよ。

 

関連:増毛と植毛にはどんな違いがあるの?