グロースファクター(成長因子)の育毛効果とは

MENU

育毛成分【グロースファクター(成長因子)】の効果

近年ではグロースファクターという成長因子が配合されている
育毛剤や美容製品なども多くなってきました。

 

【グロースファクター】成長因子と呼ばれる育毛成分について
※グロースファクター(成長因子)配合の育毛剤

そこで今回は、グロースファクターという成長因子が
人間の身体に対してどのような影響を与えるのか?

 

ということについて詳しく紹介していきます。

このページの目次

グロースファクターとは

グロースファクターは、成長因子の一つとされています。

 

成長因子というのは文字通り
「身体の成長を促す細胞」ということになります。

 

体内からグロースファクターが減少することによって、
シミやシワといった肌のトラブルや抜け毛が増えるというような
育毛に関するトラブルも増えるということになります。

 

簡単に言えば、グロースファクターが減少することによって、
老化現象が始まると言っても過言ではありません。

 

グロースファクターを摂取すれば老化は収まるのか?

赤ちゃんや若い人の肌が瑞々しいのは、
新陳代謝が活発になっているためだとされています。

 

新陳代謝が活発という状況は、細胞分裂が頻繁に起こっているために、古い細胞が常に新しい細胞に入れ替わっているということになりますが、新陳代謝の頻度が減少してしまうと、古い細胞がいつまでも表皮に残されているということになりますので、老化しているということに繋がります。

 

グロースファクターというのは、
この細胞分裂を促すための細胞となっていますので、

 

体内からグロースファクターが減少した場合は、

 

外部から摂取することで
老化を抑えることが出来るということになります。

 

グロースファクターが持っている効果について

抜け毛が増加してしまう原因というのは、
多くの要因が重なって引き起こされるものになっていますが、
頭皮や毛髪が老化してしまうことによって引き起こされる事も要因の一つ。

 

特に頭皮というのは、髪の毛を支える土壌ともなっているために、
頭皮が脆くなってしまうことによって抜け毛が促進されてしまい、
その結果、薄毛になってしまうということが挙げられます。

 

【グロースファクター】成長因子と呼ばれる育毛成分について

 

体内から減少してしまったグロースファクターを
外部から摂取することによって、細胞分裂の頻度を高め、

 

頭皮を若々しい状態に戻すことによって抜け毛の抑制、
強い髪の毛を生やすことも期待出来るということに繋がります。

 

グロースファクターを使うことによって育毛の効果が出るまでの期間

グロースファクターは成長を促すための細胞となっていますが、
摂取をしてすぐに効果を実感できるということはありません。

 

グロースファクターが急激に減少するのは
18歳〜20歳ぐらいとなっています。

 

ですが、25歳〜28歳ぐらいで
肌や頭皮の老化を実感できる人というのは非常に稀だと思われます。

 

同じように、グロースファクターを摂取したからといって、
すぐに効果が現れるということではなく、

 

短くても半年間、
一般的には1年間の摂取を続けることが重要になっています。

 

薄毛が気になり始める年齢というのは、
一般的には早くても30歳〜40歳ぐらいになっていますが、
その頃になると、10代の頃に比べて体内のグロースファクターは2分の1以下になっています。

 

そのため、老化を実感するということになるのですが、
1年間ほど育毛剤やサプリメントなどによってグロースファクターを摂取することによって、
若々しい頃の髪の毛を取り戻す事が出来るということになります。

 

大切なのは「続ける」ということ。

 

1ヶ月や2ヶ月で効果を実感できなかったからといって、
使用するのを止めないようにして下さい。