ハゲている人には似合わないファッションとは?

MENU

ハゲている人が避けるべきファッションジャンルやコーデ

 

一般的に、薄毛の人やハゲている人に対しては、
ルックスやファッション的な側面で否定的な印象をもってしまわれがち。

 

特に薄毛やハゲは「清潔感がない」
というイメージでとらえられやすいので、
だらしがない印象に見えるファッションやコーデは避けるのがおすすめです。

 

今回は、ハゲている人に似合わないファッションジャンルやコーデについてご紹介します。

 

 

無精ひげや遊ばせヘアスタイルなどを軸にしたワイルドなファッション

ハゲている人は、男性ホルモンが多そうな印象から、
清潔感がないイメージやギラギラした雰囲気にとらえられやすいのが困るところです。

 

そうしたマイナスのイメージを払拭するため、
清潔感のあるファッションやコーデを心がけるのがおすすめ。

 

そこで、敢えて無精ひげを残した男らしいファッションや、
残っている毛先を遊ばせたヘアスタイルなどのワイルドなスタイルは避けましょう。

 

こうしたスタイルは、
清潔感を心がけるべき薄毛の人には似合わないファッションです。

 

プリントや刺繍などの柄物を中心とした派手なファッション

ハゲや薄毛の人は男性的な印象が強く、
その影響で「暑苦しい」というイメージをもたれやすいです。

 

そうしたイメージの人が装飾的で派手なファッションで着飾ると、
重くクドい印象のコーデになってしまいます。

 

ハゲや薄毛の人は清潔感を心がけるべきですから、
デコラティブなプリントや刺繍などが施されたアイテムを中心とした、
柄物による派手なファッションは避けるのが無難。

 

シンプルでミニマルな中にさりげなく現代的なオシャレ感が盛り込まれた、
クールなコーデを取り入れましょう。

 

長髪を軸にした現代的なストリートファッション

薄毛で悩む人やハゲている人は、
毛が薄い点をカバーしようとして、
ヘアースタイルを工夫することによって地肌を隠そうとしてしまいがちです。

 

しかし、無理に髪の毛伸ばしたとしても、ハゲでなくなるというわけではなく、
むしろ、毛が薄くなっている部分を目立たせてしまうことにもなりかねません。

 

また、長髪を軸にした現代的なファッションや
ストリート系ファッションは、多くの場合、
ルーズなシルエットが主となります。

 

ハゲている人は清潔感がないと思われがちであるのにもかかわらず、
ストリート系などのルーズなシルエットのファッションを取り入れるのは、
かえってだらしがない印象に見えてしまいます。

 

ハゲている人に似合わないのは清潔感のないファッション

男性的なイメージが強いことから
清潔感がないと思われがちなハゲや薄毛の男性のルックス。

 

そういった人がファッションジャンルやコーデを選ぶときに大切なのは、
シンプルでクールなイメージになるように心がけることです。

 

ワイルドなファッションや派手なファッション、
ストリート系のコーデなどは、ハゲている人には似合わないので、
なるべく避けるようにするのがおすすめです。