ヒゲや体毛と薄毛の繋がりについて

MENU

体毛が濃いと薄毛になりやすい?体毛と薄毛の関係

男性で薄毛の人の特徴といえば、
ヒゲなどの体毛が濃い、なんて印象がありませんか?

 

ヒゲなどの体毛が濃いと薄毛になる
といったイメージがあるのはなぜでしょうか。

 

本当に体毛が濃いと薄毛になるのでしょうか?詳しく解説します。

 

体毛が濃いと薄毛になるのでは、と思われている理由

まずそう思われている大きな理由として、
「男性ホルモン」・「禿げている人の傾向」の2つが挙げられます。

 

男性ホルモン

ヒゲが濃かったり、胸毛が濃かったりすると男性ホルモン量が多い、
といった印象があることは確かです。

 

男性型脱毛症は広く男性ホルモンの影響によって
引き起こされていることが知られているので、薄毛につながる、と思われています。

 

禿げている人の傾向

アナタの周りにも一人や二人は、
体毛が濃くて髪の毛が薄い男性がいるはずです。

 

その印象が強いことにより、
「体毛が濃い=禿げやすい」といったメージがついています。

 

体毛が濃いと薄毛になりやすいのは事実か?

結果から言いますと、

 

体毛の濃さは薄毛とは関係ありません。

 

確かに、身の回りに居る薄毛の男性の中には体毛が濃い人もいます。
しかし、すね毛やヒゲが薄い方でも、薄毛になっている人はいますよね。
逆に体毛の濃い人でも、髪の毛がふさふさな人もいます。

 

例えば、俳優の小倉久寛さんはどうでしょうか。
腕の毛などがものすごく濃いですよね。しかも年齢もかなり高いわけです。

 

普通に考えれば、男性型脱毛症が発症してもおかしくありません。
しかし、髪の毛はフサフサであり、多すぎるぐらいに生えています。

 

AGAの原因から体毛と薄毛の関係がないことを証明する

AGAは、テストステロンと5αリダクターゼが結合してできる
ジヒドロテストステロン(DHT)によって引き起こされます。
関連記事:ジヒドロテストステロンとは?

 

体毛に影響を与えるテストステロン(男性ホルモン)も薄毛には係るのですが、
量の多さは関係ありません。

 

5αリダクターゼがテストステロンと結合しやすい状況にあるか、
といったことが大きな問題になるのです。

 

男性ホルモン量が仮に多かったとしても、
5αリダクターゼが結合しにくい状態であればAGAは発症しません。

 

例え、男性ホルモンが多く体毛が濃かったとしても、
必ずしも薄毛になる訳ではないのです。

 

「体毛が濃いから自分は絶対に薄毛になる」ワケではありません。