ひこう性脱毛症ってどんな症状?

MENU

頭皮トラブルの最前線!ひこう性脱毛症の症状と原因を解説

 

 

「ひこう性脱毛症」とは、脱毛は脱毛でも
大量のフケを主な原因として起こる脱毛症です。

 

「ひこう」を漢字で書くと「粃糠」と書き、
米ぬかを意味する言葉となります。

 

米ぬかほどのフケを考えると何やら恐ろしいイメージばかりが先行しますが、
大切なのはその症状と原因を知ることですよね。

 

そこで今回はこのひこう性脱毛症の症状や原因、解決策に迫っていこうと思います。

 

 

ひこう性脱毛症はフケと毛穴がキーワード

 

 

ひこう性脱毛症は冒頭でもご紹介したように、
大量のフケを原因として起こる脱毛症です。

 

このフケが頭皮の清潔さを損なうだけでなく、
毛穴を塞ぎ髪の毛の成長を阻害します。

 

阻害された髪の毛は生えたいのに生えることができない、
伸びたいのに伸びることができないという事態に陥ります。

 

すると満足に成長できなかった髪の毛達は、そのまま細く弱くなり、
髪の毛全体のボリュームダウンや抜け毛につながってしまうのです。

 

これがひこう性脱毛症です。

 

ひこう性脱毛症のフケはどこからやってくる?

 

 

ひこう性脱毛症の症状が大量のフケにより引き起こされることはわかりました。
それではそのフケはどこからやってくるのでしょうか。

 

結論から言えば、頭皮環境が悪くなることでフケはできます。

 

フケは、
・度重なる乾燥
・多量の皮脂
・アレルギー体質
・アトピーなどによる皮膚炎
・ストレス
などにより発生します。

 

また肌に合わないシャンプーを使うことにより頭皮が荒れたり、
皮脂を洗い落とし過ぎたりすることによってもフケは発生してしまいます。

 

フケが増えてきたり、頭皮にかゆみを感じたりした時などは、
ご自身の生活環境や体質、シャンプーなどについて振り返ってみましょう。

 

ひこう性脱毛症の改善には適切なスキンケアとシャンプー

 

 

ひこう性脱毛症は頭皮トラブルによって引き起こされる脱毛症です。

 

ということは脱毛症に効く対策よりも、
まずは頭皮の環境を改善することこそが肝要です。

 

フケの原因には、先程もご紹介したように
多量の皮脂によって起こる場合があります。

 

日常的に脂っこい食べ物を好んで食べている方は、
その量を少し減らすことを心がけましょう。

 

ただその皮脂も、洗浄力の強いシャンプーによって洗い落とし過ぎてはいけません。
低刺激性と書かれた肌に優しいシャンプーを使用し、頭皮へのダメージを抑えましょう。

 

そして、指の腹を使って優しくゆっくりと洗っていきましょう。
強く洗ってしまうとやはり頭皮が傷付き、フケを増やす原因になってしまいます。

 

また、睡眠不足な方は睡眠時間を増やすよう心がけ、
頭皮と身体を休ませる時間が必要です。

 

人間は活動しているだけで皮脂を分泌しますから、
睡眠をすることで皮脂の分泌量を抑えることができるでしょう。

 

まとめ:ひこう性脱毛症はフケへのケアで改善できる!

今回ご紹介したように、
ひこう性脱毛症はフケが毛穴を塞ぐことによって起こる脱毛症です。

 

そのためフケをいかに発生させないかがポイントであり、
脱毛対策よりもフケ対策のほうが重要になってきます。

 

日常の生活環境の改善だけでなく、シャンプーを低刺激性のものに換えるなどして、
頭皮をいたわりフケを起こさせないようにしていきましょう。

 

それさえできれば、ひこう性脱毛症は徐々に改善されていきます。