水分摂取と薄毛の関係

MENU

水分を摂取して頭皮に活力を!

薄毛に悩む皆さん、
毎日どれくらいの水を飲んでいますか?

 

禿げたくなければ水を飲め!?水分摂取の育毛効果とは?
1日の水分摂取量はなんと2〜3リットルが理想的

 

薄毛を改善するためには
水分を多く摂ったほうが良いとされています。

 

勿論、水分を摂取することによって
必ずしも薄毛が改善されるということではありませんが、
水分摂取と薄毛には大きな関係性があります。

 

今回は水分を摂取することによって
髪の毛に対してどのような影響があるのか詳しく紹介していきます。

 

水分を適切に摂取することによって、栄養が隅々に行き渡るようになる

人間の身体は70%が水分で構成されていると言われています。

 

その内訳の多くは血液ということになりますが、
体内の水分量が少なくなると血液の濃度が高くなり、
ドロドロとした状態になってしまい血行が悪化してしまいます。

 

頭皮の血行が悪くなっている!?

 

図の様に、髪の毛は血液中の栄養で育っており、
その血液中の水分濃度が非常に重要となっています。

頭皮周辺の血行が悪くなってしまえば、

 

髪の毛に栄養も届きませんし
頭皮も固くなってしまい脱毛の原因に。

 

髪の毛に送られる栄養素というのは、
体の部位でも最も優先度が低いとされていますので、
血液がどろどろだとその分巡りはさらに悪くなるんです。

 

身体の隅々にまで栄養を行き渡らせた後、
頭皮までくまなく栄養を行き渡らせるためには、
血液の濃度をサラサラにする必要があります。

 

その為には、適切な水分摂取をすることによって血液の水分濃度を一定に保ち、摂取した栄養を頭皮や髪にまで届けられる様、水分摂取が欠かせないということに繋がります。

 

どのようにして水分摂取をすれば良いのか

上記でも説明しましたが、
一般的に1日に必要な水分量というのは2リットルだと言われています。

 

夏場やスポーツをしているときなど汗をかきやすい状態では、
さらに摂取する水分量を多くしなければいけませんが、
基本としては1日に2リットル〜3リットルの水分を摂取すれば問題ありません。

 

しかし、1度にこれだけの水分を摂取しても、
必要ではない水分は体外に排出されるので意味ありません。

 

禿げたくなければ水を飲め!?水分摂取の育毛効果とは?

 

その為、1度に200ミリリットル〜250ミリリットル(コップ1杯分程度)を
1日に10回程度の回数で摂取することが重要です。

 

特に水分を摂取して欲しいタイミングとしては
水分を排出した後となっています。

 

寝起きやお風呂上がり、
後はスポーツをした後などに摂取することを心掛けると良いでしょう。

水分摂取による薄毛改善まとめ

実際に私も意識的に水分を摂る様にしていますが、
1日に2リットルもの水分摂取は意外にも大変です。

 

モデルや女優の方は美容の為に飲んでいるなんて聞きますが、
男性の方でそこまで飲んでいる方は少ないでしょう。

 

さらに、薄毛に悩んでいる方の多くは、
育毛シャンプーや育毛剤などに捕らわれがちで、
体質改善を見落としがちになります。

 

勿論、育毛アイテムを使った対策も重要ですが、

 

「体を髪の毛の生えやすい体質に改善する」
ということを意識していく事も重要になります。

 

生活習慣の見直しのなかでも、
食生活の見直し、睡眠の改善、適度な運動とこれらに比べると
水分摂取はいち早く取り組める育毛対策でもあります。

 

人間の体に最も必要なのは水分と言われる様に、
髪の成長、発毛には絶対的に水分は必要なモノでしょう。

 

育毛剤などの使用に加えて、
水分補給は重要な育毛対策の一つとなりますので覚えておきましょう。