【育毛サプリ】と【飲む育毛剤】ならどっちがいい?

MENU

育毛サプリを飲むぐらいなら飲む育毛剤の方がいい?

 

 

育毛サプリは、あくまで栄養補助の役割しかできないと聞いたのですが、

そんな頼りないものを利用するぐらいなら、
飲む育毛剤を利用した方がいいと思うのですが?

 

育毛サプリと飲む育毛剤、この2つを比べてみて、
どちらが育毛効果を発揮しやすいかというと…
それはもちろん、医学的根拠のある「飲む育毛剤」の方が
高い効果が期待できると言えます。

 

ですが、「飲む育毛剤の利用をおすすめします」とは言えません。

 

飲む育毛剤には副作用のリスクがつきまとう

 

 

飲む育毛剤を安易におすすめできない理由はやはり
「副作用のリスクがつきまとう」という大きなデメリットです。

 

現在、医師から処方される飲む育毛剤としては

 

  • プロペシア
  • ザガーロ
  • ミノキシジルタブレット

 

などが挙げられますが、
いずれも以下のような見過ごせない副作用リスクがあります。

 

プロペシア・・・・肝機能障害・性欲減退・勃起不全など
ザガーロ・・・性欲減退・勃起不全・頭痛やうつ症状など
ミノキシジルタブレット・・・性欲減退・血圧低下・動悸・息切れなど

 

飲む育毛剤の効果を得続けるためには、ずっと飲み続けなければいけない
ということは、これらの副作用リスクと長年つきあう、ということも意味します。

 

育毛剤や育毛サプリをしばらく使ってみて、
それでもどうしても効果が得られなければ使わざるを得ないかもしれませんが、
「軽々しくサプリと比較できるほど、安心して使えるものではない」ということです。

 

自己判断での個人輸入は絶対にやめよう

 

 

先ほど紹介した飲む育毛剤は日本国内において、
医師の処方がなければダメで、市販されていないというのが基本となっていますが、
薬の個人輸入などの制度を使い、医師の処方なしで入手することは可能です。

 

しかし、「医師の処方が必要」ということはそれだけ投与の判断が難しく、
副作用リスクも高いからこそ管理が必要ということでもあります。

 

その点を無視して自己判断で個人輸入をし、勝手に服用するのは非常に危険です。

 

飲む育毛剤は、体の中の作用メカニズムに影響を与えるからこそ、
塗るタイプよりも副作用に警戒をしておくことが大切ですよ。

 

「飲む育毛剤は、育毛剤としての最終手段であり、
他ではどうしようもない時に、医師に相談した上で処方してもらうもの」ということを
理解しておきましょう。