薄毛・AGAを発症する原因

MENU

男性ホルモンや遺伝によるAGA|育毛剤で治る?

 

 

AGAとは男性型脱毛症と呼ばれ、
昔も今も禿げに悩む男性のほとんどはAGAと言われています。

 

AGAの特徴は
抜け毛が多くなる、髪全体が薄くなる、額が後退してくる
などが挙げられます。

 

女性にも最近は見られる症状なのですが、
女性の場合は額が後退することはほとんどなく、
びまん性脱毛症という女性型脱毛症が別にあります。

 

 

AGAの原因|男性ホルモンと遺伝

男性ホルモンが多いと、ヒゲが濃かったり、胸毛が生えたりと、

つまるところ「体毛が多い」と考える人がほとんどでしょう。

 

しかし、頭皮に関しては不思議と逆の影響を与えるのが男性ホルモンなのです。

 

ヒゲが濃い男性に限って頭が禿げ上がっている、髪の毛が散らかっている、
そんな人も周囲にいるのではないでしょうか。

 

男性ホルモンは確かに体毛を司り、
ヒゲの量と言うのは男性ホルモンの多さで決まるとも言われています。

 

男性ホルモンによる脱毛のメカニズム

 

 

しかし、頭皮の場合、
男性ホルモンが多いと、
禿げを進行させるDHTと呼ばれる物質が多く生成
されやすいのです。

 

一般的に髪というのは発毛周期があり、一定サイクルで新しい髪の毛に生え変わります。
しかし、このDHTがその発毛サイクルの循環を阻害し、最後にはとめてしまうのです。

 

よって、AGAに悩む人というのは、この
DHTの抑制が禿げを食い止める鍵と言えるのです。

 

関連記事:ジヒドロテストステロンとは(DHT)とは?

 

遺伝はどの程度関係ある?

なぜ男性は禿げるのか?薄毛・AGAを発症する原因について

 

では、禿げの原因はDHTであり、両親の遺伝はまったく関係ないのか。
実はそうとも言い切れません。

 

「両親のどちらかが禿げていたら子どもも禿げる確率が高い」

 

というのは定説であり、
それは最近の研究結果からも分かっています。

 

遺伝で禿げる可能性について

特に母親の遺伝が強く引き継がれますので、
母親の家系で禿げている人がいれば、もしかしたら自身も禿げる可能性があるかもしれません。

 

しかし、遺伝に関しては現在も研究段階であり、詳しい関係はまだ分かっていません。
あくまでも「遺伝で禿げる可能性がある」に留まります。

 

関連記事:遺伝で禿げるって本当?遺伝と薄毛の関係

 

遺伝だけでAGA患者がここまで増えるとは思えませんので、
やはり別の原因も合わさって結果的に禿げてしまうというのが正解でしょう。

 

育毛剤の使用でAGAが治る?

 

 

ではAGA患者の方は育毛剤で禿げが治るのか。
答えはイエスでもありノーでもあります。

 

まず、頭皮の進行具合によります。

 

すでに額が後退していたり、M字の脱毛が進行している場合、
育毛剤だけで元のふさふさの髪に戻るかと言われると、

 

決してイエスとは言い切れません。

 

育毛剤に期待できる効果とは?

頭皮環境を改善し、髪が生えてくる体質に変えることによって、
まずはAGAの進行を食い止めることができます。

 

さらに髪に栄養を送り、体外からも体内からも育毛促進をすることによって、
新しい髪が生えてくる可能性というのは十分に考えられます。

 

クリニックに行ったからといって100パーセント満足できる結果になるとは限りませんし、
まったく効果が出ない患者も多くいます。

 

 

費用対効果を考えても、最初は自分がどの程度重症な頭皮なのかを知る必要がありますね。
もし軽度であれば、育毛剤を長期間使用し続ければ、高い効果があるものです。
関連記事:育毛剤で薄毛を改善した私の体験レポート