育毛剤選び3つのポイント

MENU

育毛剤選びの際に注意すべきポイント

薄毛の悩みは多くの男性が抱えているため、
世間には様々な育毛剤の情報があふれています。

 

老舗の大手カツラメーカーが育毛剤を発売していたり、
全く無名のメーカーも数多くあります。

 

各社のうたい文句も様々で、
「いったいどれを買うべきなのか、悩みすぎて髪が薄くなる…」
なんてことになってしまいます。

 

このページでは、20種類以上の育毛剤を実際に購入した管理人が、
育毛剤を選ぶ際にどのようなことに注意すればいいのかを解説していきます。

 

育毛剤の選び方〜育毛剤を選ぶ時の3つのポイント〜

↑管理人が今まで購入してきた育毛剤の数々

 

本気で薄毛を克服するための育毛剤の選び方

自分の頭皮の状態や薄毛の種類について知る

育毛剤の選び方〜育毛剤を選ぶ時の3つのポイント〜

育毛剤を選ぶ際に最も重要なポイントは、「自分に合った育毛剤を選ぶ」ということです。
薄毛になった原因や頭皮の状態は人それぞれなので、全ての人に効く育毛剤は存在しないのです。
ある人には効果のあった育毛剤が自分には効果がないばかりか、かえって症状を悪化させる場合もあります。

 

そのためには、現在の自分の頭皮の状態や薄毛の種類を冷静に分析し、
思い当たる原因についてもじっくり検討し、
その症状の改善が期待できる育毛剤をタイプ別・成分別で選ぶべきです。

 

一刻も早く何とかしたいと焦る気持ちは分かりますが、
「急いては事を仕損じる」と肝に銘じましょう。

 

各社の育毛メカニズムを調べる

育毛剤の目的は、「薄くなった毛を太く、増やすこと」です。
しかし市販の育毛剤は医薬品ではないので、
「髪を増やす」という効能はうたえません。

 

髪を育てるための場所(頭皮や毛根)を整えるものだと思って下さい。
その上で、その育毛剤がどうやって頭皮環境を整えているかを読み取りましょう。

 

丈夫な髪は、ヘアサイクルの成長期にある活発な毛母細胞に、
血液から十分な栄養が届くことで育ちます。

 

育毛剤の選び方〜育毛剤を選ぶ時の3つのポイント〜

 

そのためには、頭皮や毛母細胞が健康であり、
ヘアサイクルが正常で、かつ血行がよくなければなりません。

 

どのように頭皮を健康にするのか、
どのようにヘアサイクルを正常に導くか、
どのように血行をよくするのかということをまず確認しましょう。

 

更にそれ以外にも全くオリジナルな育毛メカニズムへの働きかけ
をする育毛剤もありますので、そういった点もチェックしましょう。

 

有効成分を読み取る

育毛剤が効くのは、有名だからでも高価だからでもありません。
含まれている数々の成分が、頭皮の環境を整え、
毛母細胞に働きかけ、髪を育てるからです。

 

成分にはそれぞれ効能があり、メーカーの研究によって配合されています。
それらは商品に貼られている成分表やウェブサイトの商品情報から知ることができます。
当サイトでも、各育毛剤にはどのような成分が配合されているかを比較していますので、
そちらを参考にするのも良いでしょう。

 

育毛剤の選び方〜育毛剤を選ぶ時の3つのポイント〜

↑管理人がおすすめするチャップアップの成分表

 

それぞれの成分がどんな働きをするのかどうかをよく調べて納得できるものを選びましょう。
繰り返しますが、頭皮の状態は人により様々なので、万人に効く育毛剤というのはないのです。

 

選ぶ際には、何より先に成分表を読むことから始めましょう。
最初は難しい単語ばかりですが、いくつも比較検討している間に、理解できるようになってきます。
そうして、自分の症状にあった成分を含む育毛剤が選べるようになるのです。

 

 

当サイトでは、管理人が実際に各育毛剤の有効成分を比較し、ランキング形式で紹介しています。
上記の3つのポイントを踏まえた上で参考にしてみてください。

 

こんな選び方はNG!失敗しがちな育毛剤の選び方

上で挙げた3つのポイントとは別に、避けるべき選び方についても確認しておきましょう。

 

@知名度だけで選ぶと失敗しがち…

何も考えずに育毛剤を選ぶとすると、最初の候補になるのは、
TVCMでよく見る商品ではないでしょうか?

 

育毛剤は、結果が直ちに確認できるものではないので、
商品イメージは購入時の選択のポイントになります。

 

名の知れた老舗メーカーのTVCMを見ると、
信頼できる気がしてしまいますが、
実際にはメーカーへの信頼と毛が生えるかどうかには何も関係ないのは当然です。

 

広告を出すのには大変大きなお金が必要で、
その金額は商品の値段に含まれるのですから、むしろそういった商品を避け、
あまり広告にお金を使っていない商品から検討を始めるのもひとつの考え方です。

 

A値段だけで選ぶのはNG。高い育毛剤=良い育毛剤ではない

値段が高ければそれだけいい成分が入っているだろうと思うのは早計です。
広告費が加味されている場合もあれば、パッケージや容器など余分な部分にお金をかけているかもしれません。
大切なのはあくまでも成分・効能ですので、冷静にチェックしていきましょう。

 

それとは逆にあまりに安いものを選ぶのも考えものです。
研究途上にある育毛成分には高価なものも多く、有効成分を十分配合するとなると、やはりそれなりのコストがかかるからです。

 

場合によっては不適切な成分が含まれている商品もありますので、気をつけましょう。

 

B口コミだけで選ぶのはNG

使用者の口コミというのは、商品を選ぶ際の重要なファクターでしょう。
特にネット通販でしか買えない商品は、口コミやランキングで決めるしかないのも実情です。

 

しかし、ここでも冷静な判断が必要とされます。
いい口コミが必ずしも自分に効果的な育毛剤を紹介してくれるとは限らないからです。
薄毛に至った原因や頭皮の状態は人それぞれだからです。

 

逆に悪い口コミでも、1か月程度で結果が出なかったと批判している場合は早すぎる判断と言えますし、本人が生活習慣の改善などの努力をしているかどうかまでは分かりません。

 

メーカーサイトの口コミにはいいことしか書かれていないのが普通ですので、あまり参考にはならないでしょう。
ある商品を推すために必要以上に持ち上げたり、逆に他の商品をけなすケースもなきにしもあらずです。
情報を見比べて、冷静な判断が必要とされます。

 

なので、口コミを参考にする際は、

 

  • ただ「よかった」「悪かった」だけではなく、具体的に書かれているものを参考にする
  • できるだけ、自分の頭皮トラブルの状態に近いものを選ぶ
  • 良い口コミだけではなく、悪い口コミも参考にする
  • ある程度長いスパンで使用しているものを参考にする
    ただし使用感や匂い、肌への刺激などは使用後間もないものでも分かります。)

 

などの点に気をつけて、中身を読み解いていきましょう。
ハゲの特効薬は今現在存在しませんので、各育毛剤のメリットとデメリットのバランスをチェックしていくのが現実です。
当サイトのおすすめランキングでも、そういった点については特に注意しています。

 

 

育毛剤の選び方まとめ

  • 育毛剤は「タイプ「成分」「効能」をよく調べた上で、自分に合ったものを選ぶ
  • 知名度・値段・口コミだけで選ばず、冷静に比較検討する