育毛剤Q&A

MENU
育毛剤の副作用がでやすい人はどんな人?

育毛剤の使用を考えています。
人によっては副作用を発症すると聞いているので少し不安です。

 

体質と使用する育毛剤で副作用発症率は変化します

最近の育毛剤は、副作用が限りなく少なくなっていますが、
それでも副作用を発症してしまう場合もあります。

 

育毛剤の効果に個人差がある様に、
副作用の発症率にも個人差があります。

 

その”個人差”を少しでも明確なものとして理解し、
トラブルを避ける事ができれば安全な育毛対策に繋がります。

 

  • 副作用がでやすい育毛剤はどんなものなのか?
  • 副作用がでやすい体質とはどんな人なのか?

 

こちらではこの2項目について詳しく説明していきますので、
育毛剤の使用を考えられている方は使用前にチェックしてみてください。

 

血管拡張作用のある成分が配合されている育毛剤には注意

育毛剤の副作用がでやすい人ってどんな人? 
育毛剤中には
血管拡張作用のある成分が配合されているモノがあります。

 

血管拡張作用とは、
血管を広げることによって血流量を増やし、
血流量が増えることによって血行が良くなるという仕組みです。

 

ですが、何か疾患を抱えている状態では血管を広げることによって
重い副作用が発生してしまうケースもあります。

 

 

大正製薬から発売の「リアップ」シリーズ

 

主な副作用:かぶれ、湿疹、炎症etc・・・
関連:リアップの効果と副作用について

 

特に日本で認可されていない海外の育毛剤の場合は
副作用も強く発生してしまうケースが多いために注意が必要です。
 
※画像は海外育毛剤「カークランド」

 

また、血管を広げる作用のある育毛剤を使用する場合は、
心臓や血管などに疾患がないことを確認してから使用しなければいけません。

 

一般的に育毛剤に含まれている成分では
重度の副作用が発生することはないとされていますが、

 

 

体調が悪い状態でこのような育毛剤を使用すると、
小さな刺激でも大きな被害に遭遇してしまう可能性もありますので注意が必要です。

 

アレルゲンが多い体質の人は副作用が発生しやすい

育毛剤を使用した際に、
副作用が発生しやすいタイプの人の特徴としては、
アレルゲンが多い体質の人となっています。

 

育毛剤の副作用がでやすい人ってどんな人?

 

アレルゲンというのは、摂取することによって
体内でアレルギーが引き起こされてしまうという物質になっています。

 

育毛剤の中には、多くの成分が配合されているということになりますので、
その中のどれか1つでもアレルゲンになってしまうと肌荒れや発疹、
かぶれといった症状が引き起こされてしまうことが考えられます。

 

アレルゲンがあるという人の場合は、
前もってどのような成分が配合されているのかチェックが必要です。