育毛剤とクリニック

MENU

薄毛は育毛剤で治す?薄毛クリニックに通う?

「育毛剤と、専門クリニックならどちらがおすすめ?」
おそらく頭皮に悩むほとんどの人がぶち当たる壁ではないでしょうか。

 

育毛剤もクリニックも双方メリットとデメリットがあり、
どちらがより有意義な頭皮改善を行えるかが選別のポイントとなります。

 

育毛剤について

育毛剤は「使用して一ヶ月でふさふさの髪の毛が生える」
というような特効薬ではありません。

 

あくまでも今まで劣悪な環境だった頭皮を改善させ、
論理的、医学的に健康な髪の毛が生える環境を取り戻すことが目的です。
発毛を実感するには3〜6ヶ月といった中期的な時間が必要です。

 

育毛剤のメリットとは?

効果を実感するには中期的な期間が必要となりますが、
育毛剤の多くは1万円以内と大変リーズナブルに購入できます。

 

 

 

また、わざわざ貴重な時間を割いて
恥ずかしい思いをしながら医師のカウンセリングを受ける必要もありません。

 

最近ではネット通販も普及しており、
市販されているものよりも優れた育毛剤も購入できます。

 

 

しかし、だからこそ商品群が多くて
商品の選別に戸惑ってしまうのも事実です。

 

関連:本物の育毛剤を見極めるポイントとは?

育毛剤選びはとても重要なポイントです

もし育毛剤で本当に効果を出したいのであれば

 

自分の頭皮と症状にマッチした育毛剤を選ばなければなりません。
それには多少の知識が必要ですね。

 

まずは髪と頭皮。乾燥体質なのか脂性体質なのか。次に育毛の阻害原因です。
栄養が足りないのか、血行が悪いのか、毛穴に老廃物が詰まっているのか、
要因はさまざまありますが、これらの原因によっても選ぶ育毛剤は異なります。

 

様々な薄毛要因に対応した育毛剤を選ぶ

現在では、様々な薄毛要因に対応した育毛剤も販売されています。
その代表商品となる育毛剤がチャップアップです。

 

チャップアップは元々薄毛クリニック専売の育毛剤だった程で、
すでに実績も信頼度もかなり高い育毛剤です。

 

実はこの私も、チャップアップでの薄毛改善に成功した一人で、
その効果は身をもって実感しています。

 

 
関連:チャップアップ体験レビューの詳細について

 

もし自分の頭皮状況、脱毛症状を判断することができ、
その症状に合致した育毛剤を手に入れることができるのであれば、
クリニックに行かずとも脱毛症を解決することができるかもしれませんね。

 

薄毛クリニックについて

脱毛患者の多くの方は、発毛専門クリニックは
「脱毛に悩む人の最後の駆け込み寺」と勘違いされているかと思います。

 

しかし、クリニックは場合によりデメリットの方が大きい可能性もあるのです。

 

まず、クリニックで施される施術は大きく分けて二つ。植毛と頭皮改善です。
自宅ではできないハイテク医療機器を用いて治療を施します。

 

薄毛クリニックでのリスクとは?

しかし、成功があれば失敗があるように、クリニックでもリスクはつきものです。

 

育毛剤の失敗を考えて見ると、
「肌アレルギーが出た」、「効果がなかった」程度ですが、

 

クリニックの場合は、
「痒み、発疹がとまらなく、夜も眠れない」、
「100万以上の出費のあげく効果がなかった」
などが考えられます。

 

特に植毛は皮膚をメスで弄くる外科手術です。
失敗したときのリスクはかなり高いことが予想されます。

 

また、育毛剤とは異なり、
クリニックの場合は数十万、場合によっては百万単位で出費します。
これで効果が望めなかったときのショックは計り知れません。

 

現代における薄毛クリニックの存在意義

もしクリニックで治療を受けたことにより、
全員が漏れなく満足いく効果が得られているのであれば、育毛剤はこれほど売れませんし、
風邪と同じで禿げたらクリニックへ行こうという感覚になるのではないでしょうか。

 

しかし、実際のところそううまくはいかなく、
まだまだクリニック側も技術向上の余地があると言えます。

 

 

髪は人間の体内にある栄養分から作られます(たんぱく質とアミノ酸です)。
ゆえに、一番自然な回復方法は育毛剤で頭皮改善をして、自己治癒力に任せることです。

 

植毛は外部物質を植え込むのでアレルギー反応を起こす確率が高く、
また不自然なボリューム、増え方となりますので、周囲から噂されるのは必須ですね。

 

育毛剤とクリニック、どちらがおすすめかというのは、
その人の経済事情や脱毛症の進行具合にもよりますが、

 

往々にして言えることは、
頭皮を外と内から適切な方法で守ってあげれば、
髪は自ずと生えてくるということです。