医薬品と医薬部外品の違い

MENU

育毛剤【医薬品】と【医薬部外品】の違いとは

育毛剤や発毛剤をチェックしていると、
医薬品と医薬部外品の2つのタイプがあることに気づくはずです。

 

育毛剤の種類|【医薬品】と【医薬部外品】の違いとは
分かり易く言うと
左、CHAPUP医薬部外品・右、RIUP医薬品

 

同じようなものに見えて、実際には大きな違いがあります。
ここでは医薬品と医薬部外品の違いについて詳しく解説します。

 

 

医薬品って何?〜その特徴とは〜

【病気の治療を目的としている】

 

 

 

つまり、薄毛を病気と捉え、
その治療に効果があると証明されているもの
それが「医薬品」ということです。

 

厚生労働省によって、
有効成分に効果が認められている必要もあります。

 

なので、医薬部外品と比べると、発毛の効果がより期待できると言えます。

 

医薬品といえば、医療機関でしか手に入らないイメージもありますが、
一部はドラッグストアでも購入可能です。

 

育毛・発毛関連アイテムの医薬品

 

プロペシア
ザガーロ
ミノキシジルタブレット
ミノキシジル配合の育毛剤(リアップ)

 

育毛剤の種類|【医薬品】と【医薬部外品】の違いとは

 

などが挙げられます。
リアップに関してはドラッグストアでも購入できます。

 

一方のプロペシア・ミノキシジルタブレットに関しては、
医療機関で処方して貰う必要があります(海外からの個人輸入は可能)。

 

医薬部外品って何?〜その特徴とは〜

【防止機能や改善機能がメインである】

 

 

 

医薬部外品は、
厚生労働省が許可した有効成分が配合されているものを指しています。

 

あくまで防止や改善が目的であるため、
発毛効果自体は医薬品に比べると低いですが、
副作用なく安全に一定の効果を期待できるいうイメージです。

 

医薬部外品はドラッグストアなどでも購入できるので、
比較的手に入れやすい、といった特徴もあります。

 

医薬部外品の育毛剤商品

育毛剤の種類|【医薬品】と【医薬部外品】の違いとは
市販で売られている育毛剤で言うと、
薬用アデノゲン薬用バイタルチャージなど

 

ネット販売育毛剤で言うと、CHAPUP薬用ポリピュアEXなど
(当サイトで紹介している育毛剤はほとんどが医薬部外品です。)

 

ちなみに、育毛剤の中にはわざわざ「薬用」という名称を冠しているものがあり、
何も知らなければ「医薬品」だと勘違いしてしまうかもしれません。

 

しかし、「薬用」という言葉には明確な定義はなく、
実態は「医薬部外品」と同じものです。

 

医薬品と医薬部外品の決定的な違いとは?

医薬品は、医薬効果のある成分を使っています。

 

副作用の危険性が医薬部外品より高く、症状も重篤になるおそれがあります。
医薬品を使用する際は十分に気をつけて利用しなければなりません。

 

医薬部外品に関しては、

 

基本的に植物などの天然エキスを配合しています。
医薬品に比べると期待できる効果は低いことが予想されますが、
副作用に関してはあまり気にすることはありません。

 

医薬品と医薬部外品には安全性の違いもあるということも覚えておきましょう。

 

上記の様に、
副作用だけでなく、目的や効能、入手ルートに関しても違いがあります。

 

育毛剤【医薬品】・【医薬部外品】の違いまとめ

・育毛剤には、医薬品と医薬部外品がある。
・薬用育毛剤とは医薬部外品のことを指す。
・目的や効能が違うので、自分の症状に合ったものを選択する必要がある。

 

医薬品・・・
高い発毛効果が期待できるが強い副作用のおそれあり。

 

医薬部外品・・・
副作用の心配なく一定の発毛効果を期待出来る。

 

つまりは医薬部外品でできるだけ効果の高いモノを選ぶのが最も良いのです。
その代表的商品が当サイトでも紹介しているチャップアップだと言われています。
関連:チャップアップの使用前と使用後の比較写真