「育毛剤と育毛サロン」どっちで薄毛対策する?

MENU

【育毛サロンには育毛剤以上の効果が期待できる?】

 

 

育毛・発毛の効果がすごそうなサロンの広告をよく見かけますが、
やはり育毛サロンの方が、育毛剤より高い効果が期待できるのでしょうか?

 

結論から言いますと「育毛サロンには育毛剤以上の効果がある」という考えは
疑問視せざるを得ません。

 

育毛サロンで医療行為はできない

なぜ、「育毛サロン=育毛剤以上の効果」
という説が疑問視されるのかというと…

 

育毛サロンはあくまで美容的領域を担当するサロンであり、
医療的領域を担当するクリニックとは役割が違うのです。

 

クリニックなどの医療機関なら、
「医療機関での処方しか認められていない、強力な医薬品」による
薄毛・AGA治療も可能なのですが、
医療機関ではない育毛サロンでは、そうした処方をすることはできないのです。

 

事実、超大手のサロンとして有名なリーブ21のホームページの「よくあるご質問」
のコーナーでさえ、「5α-DHTの影響が特に強い一部のお客様の場合、
医薬品をおすすめすることがあります」という回答があるほどです。

 

5α-DHT、つまり男性ホルモンによる影響が大きいAGA対策には
医薬品をおすすめすることがある、というのは
逆に言えば「医薬品と同等またはそれ以上の効果は期待できない」とも解釈できます。

 

ですから育毛サロンの効果に過度の期待は禁物であると言えるでしょう。

 

育毛剤を自分で使うより高コスト

 

 

育毛サロンをあまりおすすめできない理由は、もうひとつあります。

 

それは、「育毛剤を自分で使うよりも高コストになる」ということ。

 

育毛サロンは、医師による処方ができないだけに
市販の育毛剤と似たようなレベルのものを使うしかないのですが、
そこにさらに人件費や設備費などが大きくかかるため
育毛・発毛のコース料金などは、どうしても高くついてしまいます。

 

初回は数千円程度で体験できるものの、
その際にコース契約を迫られて、気がつけば月に何万円もするコースを
やらざるを得ない状況に追い込まれた、というケースも少なくありません。

 

クリニックほどの効果は期待できない上に、
高額コース勧誘のリスクも高いー

 

育毛サロンを利用したいと思っている人は、この2点をしっかりと理解した上で
それでも行く価値があるかどうかを、今一度じっくり考えて検討しましょう。

 

関連:育毛サロンと育毛クリニックは一体ナニが違う?