育毛剤・発毛剤・養毛剤の違い

MENU

発毛剤・育毛剤・養毛剤はどう違うの?

一括りに「育毛剤」と呼ばれている場合が多いですが、

 

実際には
「発毛(促進)剤」「育毛(促進)剤」「養毛剤」
と分類が分けられています。

 

薬事法によって区別されているわけではないのですが、
使用目的や有効成分によってそのような名称がつけられているので、
それぞれの違いについて知っておく必要があります。

 

発毛剤・育毛剤・養毛剤の効果の違いを調べてみた

それではそれぞれの効能や特徴について見ていきましょう。

 

発毛(促進)剤

 

 

毛母細胞の働きを活発にし、
脱毛後新しい毛髪が生えるための手助けを目的としているため、
毛母細胞の活性化や細胞分裂が期待できる成分が配合されています。

 

薬事法で医薬品に指定されるものが多く、
医師の処方を必要としたり、薬剤師のいる薬局などで購入になります。

 

成分内容から言うと、
発毛剤にはミノキシジルフィナステリドといった医薬成分が含まれています。

 

臨床試験でも、確実に効果認められた医薬成分が使われています。

 

育毛(促進)剤

 

 

頭皮や毛根に働きかけ、毛髪の成長を促す成分が配合されています。
医薬品や医薬部外品に指定されているものが多く、以下のような効果が期待できます。

  • 毛母細胞や毛根に働きかけ、新陳代謝を活発にしする
  • 頭皮の血行をよくして毛母細胞への栄養補給を促し、毛髪の成長の手助けをする
  • 雑菌の繁殖や炎症を抑え、脱毛を予防する
  • 頭皮の乾燥を防ぎ、皮脂の過剰分泌を抑え、頭皮環境を整える

育毛剤には医薬成分ではないものの、一定の効果がある成分が利用されています。

 

育毛剤商品としては、
CHAPUP薬用ポリピュアEXFINJIAなどが現在人気です。

養毛剤

 

 

脱毛を抑え、頭皮や毛髪を保護することを目的とし、
そのほとんどが薬事法では化粧品に分類されます。

 

発毛や育毛を促すというのではなく、
頭皮環境を整え髪を健康に保つという、予防の意味合いが強い商品になります。

 

養毛剤には、強力な作用を持った成分は含まれていません。
栄養成分や保湿成分、皮脂・フケなど、
抑える成分などが配合されているため、作用が穏やかにものになります。

 

効果の目的に違いがあることも確かなのですが、
基本的な育毛効果の強弱をつけるとすれば、

 

「発毛剤>育毛剤>養毛剤」

 

しかし、発毛剤は副作用が強い為、
現在では、副作用なく一定の効果がある
育毛剤の人気が高まっている傾向にあります。

自分に合ったタイプの見分け方

自分の症状には
発毛剤、育毛剤、養毛剤のどれを使ったらいいの?

 

なんて方もいると思いますので下記を参考にしてみてください。
 

 

薄毛が進行している方

すでに薄毛になっているのであれば、
発毛剤か育毛剤を利用すべきです。双方の併用でも構いません。

 

養毛剤ではほぼ発毛は期待出来ませんので、
一定の効果を期待できる育毛剤か発毛剤を使用しましょう。

 

禿げてはいないが脱毛症状がでてきた方

逆に、まだ薄毛になっていない人は、
医薬成分を含んだ発毛剤を使ってはいけません。
副作用が出てしまうリスクがあるからです。

 

こんな方は育毛剤の使用をお勧めします。
育毛剤には積極的に頭皮や毛根に働きかける成分が配合されていますので、
予防、薄毛改善と双方の効果を期待出来るでしょう。

 

禿げてはいないが薄毛が心配な方

「将来禿げたくない」「薄毛家系なので心配」
といった程度であれば、

 

養毛剤や育毛シャンプーで頭皮と毛髪の改善を図るようにしましょう。

 

まだまだ育毛剤、発毛剤を使用する必要はありません。
しっかりと予防対策をして薄毛症状を発症を回避しましょう。

まとめ

 

*「発毛剤」「育毛剤」「養毛剤」にはそれぞれ違った目的と効果があるので、
 頭髪や頭皮の状態によって、使い分けることが必要

 

発毛剤・・・脱毛後新しい毛髪が生えるための手助けをする成分を配合
      薄毛が進行している人やAGAの人向け

 

育毛剤・・・頭皮や毛根に働きかけ、毛髪の成長を促す成分を配合
      抜け毛や薄毛が気になり始めた人向け

 

養毛剤・・・頭皮環境を整え、髪を健康に保つ成分を配合
      予防目的の人向け