育毛剤の種類と副作用

MENU

知っておきたい育毛剤の副作用の怖さ

効果的な育毛剤が発売されはじめている2017年現在、
「なんか最近、ハゲてきたな…とりあえず育毛剤でも使ってみるか…」
といった安易な考えを持っている人が増えています。

 

実は私もその一人で、自分の頭皮の状態を確かめないまま
有効成分の濃度が高い育毛剤を使ってしまいました。
その結果、更に抜け毛が増えてしまったのです。

 

行きつけの美容師に聞くと、
以前は見られなかった頭皮の炎症(赤み)が起きており、
最初に購入した育毛剤の副作用が原因ではないかという結論に至りました。

 

このままでは「ハゲてもハゲきれない!」と感じた私は、
育毛剤の副作用について徹底的に調べ始めるようになりました。
このページではそこで培った知識、経験から、
副作用の危険性や、安全な育毛剤までを徹底的に解説していきたいと思います。

 

 

このページの目次

副作用のリスクが高い育毛剤【注意】

リアップシリーズ(特にリアップX5)

育毛剤として非常に知名度の高い「リアップ」ですが、
副作用のリスクが高い第一類医薬品に分類されており、
取り扱いに注意が必要な育毛剤になっています。

 

これは「ミノキシジル」と呼ばれる成分が原因で、
血管を拡張する作用があるためです。

 

元々は高血圧患者のための治療薬として開発されていましたが、
その研究過程において、薄毛の改善に効果があることが発見されたために、
育毛剤の有効成分として配合されるようになったものです。

 

前述のように、ミノキシジルは副作用のある医薬品ですので、
ドラッグストアでも薬剤師と相談しなければ購入することはできません。
特に、ミノキシジルの濃度が高い「リアップX5」は下記のような副作用が多く報告されており、
使い始めるには十分な注意が必要かと思います。

 

報告されている主な副作用
皮膚 頭皮の発疹、かゆみ、かぶれ
精神神経 頭痛、めまい
循環器 胸の痛み、心拍数の増加
代謝 急激な体重増加、手足のむくみ

 

※上記の副作用は、ミノキシジルの経皮摂取(=皮膚からの摂取)によって発生しうるものです。 

 

副作用のない安全な育毛剤3選【安心】

上記のように、ミノキシジルには育毛効果がある反面、副作用のリスクが高いのが難点です。
しかし新しい研究により、これに似た働きをするような成分がいくつか発表されています。
特に下記の3つの育毛剤に配合されている成分は副作用が発生することがなく、
安心して薄毛対策に取り組むことができます。

 

実際に当サイトの管理人が3ヶ月以上使い続け、
気になるトラブルが一切なかった育毛剤のみを厳選していますので
副作用が気になる方は参考にしてみてください

 

チャップアップ(CHAP UP)

副作用のない育毛剤の中で、
特におすすめなのはチャップアップという育毛剤。
リアップなどに比べると知名度は低いものの、
「頭皮トラブルの少ない育毛剤」として薄毛に悩む人に注目されている育毛剤です。

 

管理人はこの育毛剤を使い始めて既に2年になりますが、
長年気になっていた頭皮の赤みや、かゆみが一切なくなり、
おでこの生え際も気にならないレベルにまで回復してきました。

 

下記のページでは、管理人がチャップアップを使って、
育毛に取り組んできた様子をまとめています。
これから初めて使う人は、一度試してみる価値は充分にある育毛剤です。

 

≫チャップアップの体験レポートはこちら

 

≫チャップアップの公式サイト

 

 

薬用ポリピュアEX

商品名に「薬用」と付いているため誤解されがちですが、
副作用のない医薬部外品に分類されており、安心して利用することができる育毛剤の一つ。
販売実績も長く、信頼のおける育毛剤として口コミが広がっています。

 

チャップアップを使い始める前までは、管理人も使っていましたが、
気になる副作用や、アレルギー症状などは発生しませんでした。

 

保湿力の高い成分が含まれているため、頭皮の乾燥が原因で抜け毛が増えている人は、
ポリピュアEXも候補の一つとして挙げる事ができると思います。

 

≫薬用ポリピュアEXの公式ページ

 

 

フィンジア(FINZIA)

 

ミノキシジルと同等以上とも言われ、
なおかつ副作用がない有効成分「キャピシキル」を配合した新しい育毛剤です。
その実力の高さから、当サイトの総合ランキングでは2位にランクインさせています。

 

コストパフォーマンスも高く、他の育毛剤から乗り換えする人も多いのですが、
新しい育毛剤のためまだまだ未知数な部分も多く、
「安全な育毛剤」という意味合いでは少し不安材料が残っています。
これからの試験の結果次第では、総合No1になる実力を秘めているでしょう。

 

≫フィンジアの公式サイト

 

 

服用型育毛剤の副作用について【注意・熟慮が必要】

プロペシア(フィステナリド)

 

知っておこう!育毛剤の種類と副作用のリスクを徹底解説

 

育毛クリニックで処方されるAGA(薄毛)治療薬プロペシア。
これは服用型(飲むタイプ)の育毛剤になりますが、
世界的にも実績のあるAGA治療薬となっており、
「抜け毛の抑制」という点に限って言えば、効果は確かなものです。

 

ですが、プロペシアには様々な副作用も報告されています。
イメージとしては、「ハイリスクミドルリターン」といった所でしょうか。

 

プロペシアのイメージ図

 

知っておこう!育毛剤の種類と副作用のリスクを徹底解説

 

特に、頭痛や腹痛、下痢、眠気、抑鬱(気分がふさぎ込んでしまう)などの副作用があるのですが、
これは「ホルモンのバランスが崩れてしまう事が原因」という見方もあります。

 

また、この治療薬の特徴として、ED(=性機能不全)、精子減少、射精障害など、
男性特有の副作用が多数報告されているようです。

 

実際に管理人の周りでもプロペシアを服用している友人がいますが、
そのうちの一人は、服用後1年あまりでEDに悩まされています。
これから子作りをする予定がある場合は、特に気をつけた方が良いでしょう。

 

▼女性の方へ▼
プロペシア(フィステナリド)は開発当初から女性の体へのダメージが懸念されており、
特に妊娠中の人には、重篤な副作用が出てしまうケースがあります。
女性の薄毛治療には適していない薬品ですので、くれぐれも服用しないよう注意してください。

 

ミノキシジルタブレット

知っておこう!育毛剤の種類と副作用のリスクを徹底解説

 

リアップにも含まれている育毛成分「ミノキシジル」ですが、
タブレット状になった服用型のタイプは、更に副作用のリスクが高まります。

 

ミノキシジルは元々は高血圧患者のための治療薬で、
血管拡張効果があるため、心臓などへの負担が大きい事が原因です。

 

プロペシアの副作用よりも報告数は多く、
動悸、異常な眠気、全身のむくみ、息切れ、体重の増加…などが挙げられます。
重篤な場合には、肝機能障害や意識障害が発生したというケースもあるようです。

 

ミノキシジルタブレットを服用するという事であれば、
こういったリスクも承知で飲み込む必要があるでしょう。

 

ミノキシジルタブレットのイメージ図

 

知っておこう!育毛剤の種類と副作用のリスクを徹底解説

 

更に詳しい情報は、各記事ペーシでまとめていますので
必要に応じてチェックしてみてください。

 

知っておこう!育毛剤の種類と副作用のリスクを徹底解説記事一覧

育毛剤を選ぶ上で最も大切なのは「自分の頭皮に合った育毛剤を選ぶこと」です。そのためには、効能別に見た育毛剤のタイプを知る必要があります。育毛剤の主な成分はこの5タイプ育毛剤は含まれる成分によって効能が違います。その成分は、以下の5つのタイプに大別できます。@男性ホルモンの抑制A頭皮の血行を促進B頭皮・毛根への栄養補給C毛乳頭や毛母細胞の働きを活性化D頭皮の過剰な皮脂分泌を抑制・頭皮環境の改善それぞ...

市販の風邪薬でさえ副作用があるのが薬です。育毛剤の多くは医薬部外品ではありますが、相応の副作用もときには発生することを覚えておきましょう。ここでは塗る育毛剤と服用型育毛剤に分けて、副作用の説明をします。塗る育毛剤の副作用塗る育毛剤には液体タイプ、ミストタイプ、スプレータイプがありますが、副作用はどれも「肌アレルギー」という形で出てきます。肌アレルギーの症状症状としてはニキビ、ふきでもの、痒み、発疹...

育毛剤や発毛剤をチェックしていると、医薬品と医薬部外品の2つのタイプがあることに気づくはずです。分かり易く言うと左、CHAPUPが医薬部外品・右、RIUPが医薬品同じようなものに見えて、実際には大きな違いがあります。ここでは医薬品と医薬部外品の違いについて詳しく解説します。医薬品って何?〜その特徴とは〜【病気の治療を目的としている】つまり、薄毛を病気と捉え、その治療に効果があると証明されているもの...

観察力のある人は、育毛剤にも複数のタイプが有ることに気づいているはずです。一般的な育毛剤と、「薬用育毛剤」がありますよね。こちらでは、一般的な育毛剤と薬用育毛剤にはどんな違いがあるのか、といったことを詳しくお話します。薬用育毛剤の定義とは?医薬品に準じた成分が含まれている効果や効能に関して確約はされていないものの、一定の作用のあることが認められているものに対して「医薬部外品」といった記載がされます...

「評判のいい育毛剤を使っているのに効果を感じれない」という口コミを目にすることがあります。実際そう感じている人の数は決して少なくはないでしょう。しかし、そんな不満を漏らす人の中には、そもそも、育毛剤を使い始めてからまだ数ヵ月しか経っていないというケースが案外多いのです。結論、育毛剤の効果はすぐには出ない育毛剤というのは、頭皮と毛根を良好な状態にして、さらに「そこから太くて元気な髪が生えてくるのを待...

育毛剤や発毛剤に関しては、厚生労働省認可が大いに関わってきます。「厚生労働省認可」と銘打たれている育毛剤については、利用したくなりますし、効果も高そうに感じますよね。こちらでは実際に育毛・発毛アイテムが厚生労働省認可を受けることで、どれくらい信頼性が増すのか?効果の高さにも認可と未認可では違いがあるのか?といった点について詳しく解説します。育毛・発毛アイテムの厚生労働省認可と信頼性について成分の効...

一括りに「育毛剤」と呼ばれている場合が多いですが、実際には「発毛(促進)剤」・「育毛(促進)剤」・「養毛剤」と分類が分けられています。薬事法によって区別されているわけではないのですが、使用目的や有効成分によってそのような名称がつけられているので、それぞれの違いについて知っておく必要があります。発毛剤・育毛剤・養毛剤の効果の違いを調べてみたそれではそれぞれの効能や特徴について見ていきましょう。発毛(...

最近では育毛剤の他にも、スカルプエッセンスなどが知名度を高めてきており、続々とスカルプ系の商品が販売されてきています。写真は左から、育毛剤の薬用ポリピュアEX、CHAPUPスカルプエッセンスのBOSTONスカルプエッセンス、FINJIA一体この「スカルプエッセンス」は、育毛剤とはどんな違いがあるのでしょうか?スカルプエッセンスと育毛剤の違いについて見ていきましょう。まず「スカルプ」ってどんな意味な...