育毛剤の正しい使い方

MENU

育毛剤の効果を高める!ホントに正しい育毛剤の使い方とは

どんなにいい成分が含まれている育毛剤でも、
正しい使い方をしなければ、その効果を十分に見込むことはできません。
ここで育毛剤を最も効果的に使う方法について解説していきますので、
すでに育毛剤を利用している人は今一度見直してみてください。

 

 

1、育毛剤を使用する前に気をつけておきたい事

パッチテストでトラブルがおきない事を確認

まず大前提として、化粧品や塗り薬と同様に使用前に必ずパッチテストを行います。
痒みや炎症などが出ないかどうかを確かめることが大切です。
ガーゼや綿棒に育毛剤を少量染みこませ、二の腕や太ももに塗ってしばらく様子をみてください。

 

管理人がおすすめしている育毛剤であればまず大きなトラブルはないと思いますが
情報の少ない海外製のものを利用する場合は、赤みや痒みが出てしまうケースがあります。
この場合はすぐに使用を中止しましょう。

 

育毛剤の効果を高める!"ホント"に正しい育毛剤の使い方

↑これを二の腕や太ももにつけて様子をみる

 

髪・頭皮を綺麗な状態にしておくことが重要

その次に大切なのは、「髪・頭皮を綺麗な状態にしておく」ことです。
つまり、育毛剤を使うのであれば入浴後が一番効果が出るということです。

 

おそらく育毛剤を使用されている方の多くは、
育毛シャンプーに切り替えているのではないかと思います。

 

育毛シャンプーは血行を良くし、
頭皮に溜まったフケや汚れを洗浄する成分を配合したものが多いです。
これらの効果を利用し、髪だけでなく「頭皮」を綺麗にしておくことが大切です。

 

リンスやトリートメントの注意点

リンスやトリートメントに関しては注意が必要です。
キューティクルを守り、髪のダメージを防ぐためには、
コンディショナー(リンス・トリートメント)が有効ですが、
その油分やコーティング剤が頭皮環境を悪化させたり
育毛剤の浸透を悪くする恐れがあるからです。

 

使用する場合にはできるだけ頭皮につかないようにし、
すすぎ残しがないよう、しっかり洗い流すようにしましょう。

 

2、シャンプー時には頭皮マッサージが◎

育毛剤の効果を高める!"ホント"に正しい育毛剤の使い方

シャンプーで頭を洗う時に欠かせないのが「頭皮マッサージ」です。
頭皮を揉むように洗うことによって、血行を促進します。

 

我々のような男性はガシガシと髪だけ洗ってしまいがちですが、これは逆効果です。
「頭皮を揉む」ということを意識しながら、
指の腹で外側から内側にぐっと押し込むようにマッサージするのがコツです。

 

シャンプーの時と同様爪は立てないように気をつけましょう。
過度の刺激は避け、気持ちいいと感じるくらいの強さで優しく丁寧に洗います。

 

育毛剤を付ける前には、ドライヤーで乾かすのがポイント!

育毛剤の効果を高める!"ホント"に正しい育毛剤の使い方

入浴後は、タオルで髪の毛と頭皮に付着した水分を軽く吸い取ったあと、ドライヤーでしっかりと乾かしてください。

 

水分が残った状態だと、育毛剤の浸透が悪くなるからです。
また、雑菌も繁殖しやすくなります。

 

育毛剤によっては、タオルで水けを拭き取った程度でつける商品もありますので、説明書の指示に従いましょう。

 

 

3、育毛剤の効果的な付け方について

髪を乾かしたあとに育毛剤をつけるのですが、
最初薄毛が気になる部分につけて、そこから少し外側まで広げるように揉みこみます。

 

この時、髪の毛ではなく地肌に直接つけるように気をつけます。
髪の毛を掻き分けるようにしてつけるとよいでしょう。

 

指の腹でぐっと押したり、指を軽く曲げて頭皮をつまむようにマッサージして、
育毛剤を頭皮の奥に浸透させていきます。

ただし、必要以上にすりこむようなことは避けましょう。

 

少しでも効果が出るようにとついつい多く使ってしまいがちですが、
たくさん塗ったからといって効果があがるわけではありません。

 

逆に、量をけちってしまうと十分な効果が見込めません。
くれぐれも、説明書に書かれた使用量を守るようにしましょう。

 

 

4、育毛剤を使うタイミングは?

育毛剤の効果を高める!"ホント"に正しい育毛剤の使い方

私の場合は「会社に出社する前(朝)」と「入浴後(夜)」の
2回のタイミングで育毛剤を使っていましたが、
特に重要なのは入浴後の方ですね。

 

入浴後、体が温まっている時に使用するのがベストといえます。
もし入浴後に育毛剤を使用できなかった場合は、
就寝前に軽くストレッチをして血行をよくしてから使用してもいいでしょう。

 

その理由として、以下の3点が挙げられます。

 

  1. 夜の方が、成長ホルモンの分泌を司る副交感神経が活発になる
  2. 夜の方が、余裕を持ってシャンプーできる
  3. 朝はどうしてもシャワーだけになる

 

育毛剤によっては特有の臭いがすることもあるので、
一日に一回だけ使う予定の人は、夜の使用をおすすめします。

 

 

5、初期脱毛は気にしないで

育毛剤を使っていると、一時的に抜け毛の量が増える場合があります。
これは「初期脱毛」と呼ばれるもので、あまり気にすることはありません。

 

発毛にはサイクルがあり、休止期に古い毛はぽろぽろと抜け落ちます。
むしろ土台となる頭皮がしっかりし始めている証拠でもあるので、
ここで育毛剤の使用をやめてしまうのはもったいないと言えます。

 

発毛サイクルが元通りに戻ると抜け毛も収まってくるので、
頭皮の状態をよく観察しながらケアを続けていきましょう。

 

何本くらいの抜け毛なら心配ないの?

私も育毛剤を使い始めてから、枕に付いている抜け毛の本数を数えていました。

 

最初のうちは30〜40本もの抜け毛が出ていましたが、
2ヶ月目ごろから初期脱毛が落ち着き、多い日でも20本程度にまで減少しました。
個人差もありますので「具体的に何本まで」とは明確には言えませんが、
上記のような本数であれば特に気にしなくて大丈夫だと思います。

 

6、髪を生やすためには、ある程度の時間が必要

トップページでも掲載しているように
育毛剤はすぐに効果が出るというものではありません。
1〜2か月では明確な効果を感じることはあまりないため、
ある程度の期間使い続ける必要があります。

 

私も育毛剤を使い始めてから効果を実感するまでには、3ヶ月ちょっとの時間がかかりました。
ですので最低でも3カ月は使い続けて様子をみていきましょう。

 

まとめ

  • 育毛剤をつける前に頭皮を清潔にし、マッサージなどで血行をよくしておく
  • 説明書に書かれた使用量・使用方法を守る
  • 初期脱毛は気にしない
  • 3〜6カ月は使用を続ける

 

管理人おすすめの育毛剤