薬用育毛剤について

MENU

育毛剤と薬用育毛剤の効果の違いって何なの?

観察力のある人は、育毛剤にも複数のタイプが有ることに気づいているはずです。
一般的な育毛剤と、「薬用育毛剤」がありますよね。

 

こちらでは、一般的な育毛剤と薬用育毛剤にはどんな違いがあるのか、
といったことを詳しくお話します。

 

 

薬用育毛剤の定義とは?

 

医薬品に準じた成分が含まれている

 

効果や効能に関して確約はされていないものの、
一定の作用のあることが認められているものに対して
「医薬部外品」といった記載がされます。

 

その「医薬部外品」と全く同じ意味で使われているのが「薬用」なのです。

 

薬用育毛剤には医薬成分が含まれているわけではありません。
ですから、「発毛剤」ではないのです。

 

薬用育毛剤は「一定の効果を持った成分が使われており、
ある程度の効果が期待できる育毛剤」と言った定義が当てはまります。

 

要は、医薬品ほどの効果はないが、全く効果がないとも言えないものなのです。

 

一般の育毛剤と薬用育毛剤の違いは?

 

大きな差はない

 

そもそも現在の育毛剤の多くが薬用育毛剤です。
一般的な育毛剤を指している言葉が薬用育毛剤なのです。

 

効果がある程度認められている育毛剤を、誰しも利用したいですよね。

 

効果がほとんど期待できない成分ばかりが入っている
一般的な育毛剤を購入する人はいないはずです。

 

だからこそ、薬用育毛剤が育毛剤のメインとなっています。

 

近年の薬用育毛剤の動向に注目!

 

成分以外にもこだわりが出てきた

 

低分子系育毛剤と呼ばれるものが増えてきたのです。
低分子であると、毛穴の奥まで育毛剤が到達するようになります。

 

毛穴の中に皮脂があったとしても、かいくぐって効果を与えられるようになるのです。

 

育毛剤の中には、液体の分子の大きさを
毛穴の1,000分の1にすることに成功した例もあります。

 

有効成分の効果をより発揮しやすい状態にしてくれる薬用育毛剤が、どんどんと増えてきました。

 

成分を多く含んだ育毛剤が出てきた

 

育毛成分を数種類だけで済ませている育毛剤は少なくなりました。
より多くの育毛成分をたくさん含めているものがスタンダードになったのです。

 

少ない成分しか含めていないと、その成分が効かない時には何の役にも立ちません。

 

しかし、大量の成分を効果的に含めていれば、
いずれかの成分が良い効果を発揮してくれる可能性だってあるわけです。