イソフラボンの女性ホルモン作用とは

MENU

イソフラボンにはどんな育毛効果が期待できる?

育毛サプリに配合されている成分として、
「イソフラボン」もよく耳にする成分です。

 

イソフラボンといえば、
大豆製品に多く含まれている印象を持ちますね。

 

 

 

「薄毛を治したいなら豆乳をたくさん飲めばいい」
「大豆や豆腐をたくさん食べると髪にいい」

 

なんて事を耳にしている人も少なく無いと思います。
こちらではそんなイソフラボンがもつ育毛効果について詳しく見ていきましょう。

 

イソフラボンとは?

イソフラボンとは、大豆製品に多く含まれているポリフェノールの事で、
納豆、豆乳、豆腐などに含有されているだけでなく、
味噌やきなこなどの調味料などにも含まれていますので割と身近な成分です。

 

初めにも言った様に、
「豆乳や大豆は育毛に効果がある」という話を耳にした人はいると思いますが、
実際に、育毛効果、更年期障害の予防などにも効果が期待されています。

 

最近では、ガンのリスクを低減させる効果も期待されており、
健康面や育毛面などに様々な恩恵が期待され注目されていますよ!

 

イソフラボンは女性ホルモンの働きがある!?

 

 

イソフラボンはポリフェノールの一種ですが、
最大の特徴は「女性ホルモン・エストロゲンと似た働きをする」ということです。

 

女性に、AGA的な薄毛が少ないのは、
実はエストロゲンの働きによるところが大きいと言われています。

 

コラーゲンの生成を促進して、髪や頭皮を若々しく保ち、
さらに毛母細胞を活性化させて髪の成長も促進。
その上、男性ホルモンのテストステロンの影響まで抑制してくれるのです。

 

そんなスーパーホルモン・エストロゲンと似た働きをするイソフラボンは、
薄毛対策の強い味方として期待できる、というわけです。

 

悪玉コレステロールを減少させる!?

 

 

イソフラボンのもう一つの効能として、
悪玉コレステロールを減少させる役割もあるとされています。

 

悪玉コレステロールが体内に溜まる事によって、
血中コレステロール値が上がり、血液の流れが悪くなってしまいます。
結果、血行不良に繋がり髪の成長を妨げる事に。

 

そんな血液の流れを正常に戻す効能がイソフラボンにはあるのです。

 

いわば、血行促進にも繋がるこの働きのおかげで、
毛細血管の細部、毛乳頭までしっかりと血液を送る事で、
抜け毛の防止や、しっかりとした髪の成長を促す事ができます。

 

イソフラボンの用量と副作用について

イソフラボンの1日の摂取目安量は、
70〜75mgまで、と言われていますが、

 

実は育毛サプリの中には、イソフラボン含有量がこの目安量を
多少超えているものもあります。

 

多少超えている、という程度ならさほど問題ありませんが、
「大豆製品をバクバクと食べて、イソフラボンが高濃度のサプリも飲み続ける」
という状態が続くとさすがにイソフラボン過剰になってしまい、

 

「男性の体つきが女性っぽくなってくる」
「男性ホルモンの働きが抑制されすぎてしまう」
という弊害が出てしまいます。

 

普段の食生活で大豆食品をほとんど食べない、という人なら
イソフラボン多めの育毛サプリを選んでもOKですが、
大豆食品をそこそこ食べる人の場合は、逆にイソフラボン含有量控えめのサプリを
選ぶ方がいいと言えるでしょう。

 

まとめ

イソフラボンの育毛効果は
「薄毛要因の抑制」と「悪玉コレステロールの減少」の2つあり、
やはり、薄毛を改善していく上では欠かせない成分と言えます。

 

また、イソフラボンを含有している食材は非常に多く、
豆乳や豆腐など簡単で手軽に食べれるモノが多いのもメリットの1つ。

 

イソフラボンが配合された育毛サプリメントを飲むのもいいですが、
サプリメントに頼るだけではなく、食材からも摂取してみてはいかがでしょうか。

 

しかし、あくまで過剰摂取だけには気をつける様にしましょう。