海外製の育毛剤のデメリット

MENU

海外育毛剤に注意!デメリット・リスクを考えよう

海外育毛剤を使う時に絶対に知っておかなければならないのが、
海外薬のリスクです。

 

個人輸入をした海外薬の服用による死亡事故も、
実際に日本でも起きています。

 

今回は海外育毛剤を使うリスクやデメリットのお話をしますので、
しっかりそのリスクを知ったうえで、海外育毛剤を使うかどうかを判断してください。

 

 

リスク1 偽薬や品質の粗悪な薬が届くリスク

海外薬を購入するときのリスクの一つが、信頼性の問題です。

 

海外薬は、海外の製薬会社・現地の流通業者
輸入代行業者などによって製造・流通した薬が手元に届きます。

 

しっかりした製薬会社が作った商品が必ず届くという保証がなく、

 

製造過程・流通過程で偽薬(違う成分の薬)や
粗悪な薬(薬効成分の濃度の不正や不純物の混入など)が
混入する可能性があるということです。

 

そして、偽薬や品質に関しては、個人でチェックするのが難しいのが現状です。

 

海外育毛剤のデメリット|偽薬や副作用などのリスクはある?

 

上の図のように、どこで偽薬や低品質の薬が混入するかはわからず、
輸入代行業者が信頼性のある製薬会社や
現地の流通業者を選んでくれていると信じるしかありません。

 

育毛剤の個人輸入による日本国内の死亡例は報告されていないようですが、
個人輸入したやせ薬や漢方薬などの服用による死亡事故は実際に報告されています。

 

これら死亡事故の原因は、偽薬や低品質の薬であると考えられています。

 

リスク2 日本では処方箋が必要な薬が簡単に買えてしまうリスク

海外育毛剤を手に入れるのに処方箋がいらないということは、
メリットであると同時にリスクでもあります。

 

重大な副作用の可能性がある薬でも、
海外薬であれば自己判断で使えてしまうため、
本来ならばその薬を使ってはいけない人も
リスクがあることを理解しないまま飲んでしまう可能性があるんです。

 

個人輸入したバイアグラを使用しての死亡例が、
日本でも複数報告されています。

 

その多くは、心臓に持病があってバイアグラを服用するリスクがあるにもかかわらず、
個人輸入したバイアグラを飲んだことが原因であると考えられています。

 

育毛剤にも、血圧に影響を与えるミノキシジルなど、
命に関わる重大な副作用を起こす可能性のある薬もあります。

 

「育毛剤くらいなら大丈夫だろう」と安易に考えていると、
取り返しのつかないことになる可能性も十分ありますので、
十分注意する必要があるんですよ。

 

リスク3 副作用がでても自己責任になってしまうリスク

薬による副作用が出たときに、それを救済してくれる制度が
「医薬品副作用被害救済制度」です。

 

この制度では、医薬品(病院・診療所で処方されたものの他、
薬局等で購入したものも含む)を適正に使用したにもかかわらず、
その副作用により入院治療が必要になるほど重篤な健康被害が生じた場合に、
医療費や年金などの給付を行ってくれます。

 

ただし、海外薬はこの制度の対象外になっているんです。

 

つまり、海外育毛剤を使ったことによる副作用に関しては
すべて自己責任になりますので、その覚悟を持って使うようにしてください。

 

海外育毛剤のデメリット・リスク【まとめ】

海外薬にはメリットだけでなく、デメリットも数多く存在します。

 

海外薬を使うのは皆さんの権利であり、
海外育毛剤を使うのは自由ですが、

 

「安い」「面倒だから」「効果強そう」などという
安易な考えで海外育毛剤を使うと、非常に危険なこともあります。

 

海外育毛剤を使う時は、リスクをしっかり頭に入れたうえで、
メリットの方が大きいと感じた場合に使うようにしてくださいね。