海外製の育毛剤のメリット

MENU

海外育毛剤を使うメリット

日本では買えない海外育毛剤が手に入る個人輸入。

 

非常に便利な個人輸入ですが、
海外育毛剤を使うことには、メリットとデメリットがあります。

 

まずは今回、海外育毛剤を使うメリットを紹介いたします。
もちろんメリットだけではなく、デメリットもあるので、海外育毛剤を使うのであれば、
海外薬のデメリットに関する記事も必ず見ておいてくださいね。

 

メリット1 処方箋なしで買える

日本で販売されているプロペシアやロゲインは、
医療用医薬品に分類されており、病院で診察を受け、
医師から処方をもらって初めて、購入することができます。

 

リアップの薬局やインターネットで
処方箋なしで買える育毛剤もありますが、
処方箋が必要な育毛剤もあるんです。

 

そんな処方薬も、海外薬を個人輸入すれば
処方箋なしで購入することは可能です。

 

現在の日本の法律では、自分が個人的に使用するために、
海外で販売されている薬を購入することは違法でははありません。

 

個人輸入代行サービスを提供するウェブサイトがいくつか存在し、
インターネットを通じて海外薬を購入することができます。

 

海外育毛剤のメリットとは|価格や購入できる商品の違い

 

日本で処方箋が必要な薬をインターネットで簡単に買えるというのが、
海外育毛剤を使う大きなメリットの1つです。

 

メリット2 日本で未発売の薬も購入できる

現在、日本でAGA治療薬として認可されている育毛剤は、
プロペシア・ザガーロ・リアップの3種類のみになります。

 

海外で発売されている薬には、
日本で認可が下りている薬より高濃度
(例えばリアップはミノキシジルが最大5%ですが、
海外薬はミノキシジル16%の商品もあります)

 

であったり、認可の降りていない形状
(ミノキシジルの内服薬など)の薬もあります。

 

海外育毛剤を使うことで、
より強力な効果が期待できる薬を手に入れることも可能になります。

 

メリット3 価格が安い

海外で売られている薬には、
日本で発売されている薬のジェネリック版がたくさんあります。

 

基本的にジェネリック薬は先発薬に比べて安くなっており、
海外薬は日本で処方してもらうより安く購入できることが多いです。

 

中には、日本と比べて半額以下で手に入れることができる商品もあるため、
海外育毛剤を使うことで、コストの節約をすることができます。

 

まとめ

海外育毛剤を使うことのメリットは以上3つになります。

 

うまく付き合うができればメリットも大きいため、
海外薬を使うことは悪いことではありません。

 

しかし、海外薬にはリスクも大きく、
効果や安さばかりを求めて使うと時に危険であることを、
理解しておかなければなりません。

 

海外薬はメリットばかりではないということをしっかりと頭に入れ、
メリットとデメリットをしっかりと判断したうえで海外育毛剤を使うようにしましょう。