髪の毛が生える条件とメカニズム

MENU

髪の毛が育つ仕組みや正しい知識について

 

薄毛に悩む方は、薄毛になってしまう原因や対策法など、様々な情報を日々調べていると思います。

 

しかし、意外と見落とされがちなのが
「髪の毛のメカニズム」についてです。

 

髪の毛が生える育毛剤はないか?
髪の毛が生える食べ物やマッサージはどんなものか?

 

といったように、髪の毛を生やす事に躍起になることは分かりますが、
まずは髪の毛がなぜ生えるのか?なぜ抜けてしまうのか?
これらの基本的な情報にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

 

自身の髪の毛について深く知ることで、
これからの育毛対策の糧になることは間違いないですし、
間違った知識による無駄な不安なども軽減されるでしょう。

 

こちらのページでは、
「髪の毛の仕組みやメカニズム」について様々な情報を掲載しています。

 

是非今一度、髪の毛についての正しい知識を身につける事で、
これからの育毛対策をより効率のいいものにしていきましょう。

薄毛からフサフサの髪の毛に!髪の毛が生える条件とメカニズム記事一覧

抜け毛とヘアサイクルの正しい知識〜髪の毛が生えるメカニズム〜

見た目では分からなくても、「何となく抜け毛が増えてきたなあ」ということから薄毛が気になり始めるというケースは案外多いものです。また、薄毛が進行し始めると、枕についた毛を見るたびにますます心配にもなります。しかし、実は抜け毛というのは、「新しい毛が生えるための場所作り」でもあり、ある意味では喜ばしいことなのです。このページでは、髪の毛が生えてくる仕組みと、「ハゲの前兆と思われる抜け毛」について解説していきます。どんな髪の毛でも必ず抜ける髪の毛は「ヘアサイクル」を経て新しく生まれ変わる抜け毛は新しい...

抜け毛を減らすには?〜抜けない健康な髪の毛が育つ仕組み〜

毛穴の数は生まれた時に決まっていて、赤ちゃんの頃から老人になるまでほぼ変わりません。つまり、毛が薄くなってきたと思っても、「毛が生える基礎」は変わらずに存在するということです。その数は身体全体に約500万個あり、頭皮には約10万個も存在します。ちょっと勇気づけられますね。では、そんな毛穴周辺の仕組みについて確認してみましょう。髪を切っても痛くないのはなぜか髪の毛の土台となる「毛根」と「毛球」髪は1日で何cm伸びる?髪が作られる仕組みについて本ページのまとめ髪を切っても痛くないのはなぜか当たり前の...

髪が生えやすい頭皮とは?頭皮環境を整えよう!

髪は毛母細胞が血液を通してたっぷりと栄養が届くことで、細胞分裂を起こして伸びていきます。人間の成長と同じで、栄養がなければ伸びることもできません。そのため、栄養を直接毛根に届け、髪の成長を促す成分が入っている育毛剤もあります。もちろんそれで髪が伸びればいいのですが、それは人間にたとえると、食事で栄養が摂れない分を点滴で補っているようなものなのです。また、いくら子供に栄養たっぷりの食事を与えていても、汚い部屋に閉じ込められていれば、健やかには成長しませんよね。髪の毛も同じで、毛根に栄養を与えさえす...

白髪が多い人はハゲない証?白髪と薄毛の関係とは

「白髪が多いとはげにくい」と信じている人はいませんか?確かに、高齢で髪の毛が豊かな人には白髪の人が多い気がしますが、実際のところはどうなのでしょうか?今回は、白髪とハゲの意外な関係と勘違いについて見て行きましょう。このページの目次白髪が生えてきてしまう2つの原因白髪ができる原因と薄毛の原因はに違いは?白髪と薄毛の原因に共通点はあるのか「白髪の人が禿げにくい」という真実とまとめ白髪が発生するメカニズム白髪とハゲの関係を考えるうえで、まずは白髪が発生するメカニズムを見て行きましょう。髪はできた時には...

髪の毛が太い人・細い人の薄毛度合い|髪の太さと薄毛の関係

「髪の毛が細い人ははげやすい」――こんなこと聞いたことがある人も多いと思いますが、果たして本当でしょうか?薄毛の人の髪をよく見てみると、細く弱々しくなっているのは事実です。ただし、もともと髪の毛が細いのと、薄毛の進行とともに髪の毛が細くなるのでは大きく意味が違います。今回は、髪の毛の太さと薄毛の関係について考えてみましょう。このページの目次髪の毛がもともと細い人はハゲやすいのか?髪の毛が細くなり始めるのは何歳くらいから?ヘアサイクルの乱れによる髪の成長不足とは髪の成長期が短くなる、ヘアサイクルが...