育毛シャンプー成分「馬油(まーゆ)」

MENU

馬の油は育毛に効果的!?馬油は育毛にどんな効果が期待できる?

シャンプーの成分の中で「馬油」はご存知でしょうか?

 

 
※馬油(マーユ)配合の育毛シャンプー「U-MA(ウーマ)」

 

馬油は、古くから皮膚のやけどやあかぎれ、切り傷、
ニキビなどさまざまなけがや病気に使われてきた成分であり、
シャンプーに配合されることで育毛効果も期待される成分です。

 

今回は、シャンプー成分のうち、馬油にフォーカスして、
その効果やおすすめの人をご紹介したいと思います。

 

もしかしたらあなたのシャンプーに足りなかったのは、馬油なのかもしれませんよ!

 

 

馬油って一体どんな成分?

馬油は「ばーゆ」や「まーゆ」と読みますが、
文字通り馬の皮下脂肪に含まれる油です。

 

馬油はオレイン酸、パルミトレイン酸、
リノール酸、リノレン酸など不飽和脂肪酸を多く含み、
敏感になった頭皮の炎症を抑えてくれる効果があると言われています。

 

また、馬油に含まれる脂肪酸の割合が、
人体の皮脂の脂肪酸の構成とよく似ていることがわかっており、
頭皮にスムーズに浸透してくれます。

 

この点も、他の保湿成分に比べて馬油が優れている点になります。

 

馬油(マーユ)はなぜ効く?馬油に期待される育毛効果とは

馬油が育毛にとって効果的だと言われる理由は以下の3つです。

 

適度な洗浄効果で頭皮を清潔に保つ

頭皮を清潔に保つことは髪の毛の成長のためには大切ですが、
頭皮に必要な皮脂を取り過ぎてしまうと乾燥してしまい、
頭皮の環境が悪くなって薄毛が進行してしまうリスクがあります。

 

馬油には洗浄効果がありますが、その洗浄効果がマイルドであるため、
皮脂を取り過ぎて乾燥しすぎてしまうことはありません。

 

この適度な洗浄効果が馬油の魅力の一つです。
皮脂を取り過ぎずに頭皮を清潔に保てるとう馬油配合シャンプーであれば、
洗いすぎに気を遣わず安心して毎日使うことができますね。

 

保湿成分で頭皮に潤いを与える。炎症を抑える

馬油は、それ自体が油であるため、
洗浄成分として作用するとともに、頭皮に潤いを与えてもくれます。

 

また、馬油に含まれるオレイン酸やリノール酸には抗炎症作用が期待されていますので、
敏感な乾燥肌の炎症を抑えるためには理想的だと考えられます。

 

汚れを取るだけでなく、保湿作用や抗炎症作用など、
頭皮環境を整えるための作用を持つのも馬油のメリットになります。

 

頭皮に優しく浸透し、頭皮の栄養補給を行う

馬油のもう一つの魅力はその浸透力です。
馬油はその組成がヒトの皮脂によく似ているため、
頭皮にダメージを与えることなく、スムーズに頭皮に浸透してくれます。

 

馬油が頭皮に浸透することで、頭皮の栄養状態が改善し、
必要な栄養素を髪の毛の生みの親でもある毛母細胞に届けやすくしてくれます。

 

馬油の配合されたシャンプーを使うことで、
栄養状態が悪くなって薄毛が進行してしまいがちな頭皮にも栄養成分を浸透させることができます。
馬油の浸透性は、弱ってしまった毛根の活性化のために重要になってきます。

 

馬の油が薄毛に効く!?馬油(まーゆ)の育毛効果について

 

馬油配合シャンプーがおすすめな人

解説した通り、馬油にはさまざまな効果があります。
特に馬油配合シャンプーがおすすめな人は以下の通りです。

 

  • シャンプー後に頭皮がカサカサする
  • 乾燥したフケが出やすい
  • 頭皮に痒みが起こりやすい
  • 敏感肌でシャンプーの種類によっては頭皮が荒れてしまう

 

これらの症状がある人は、
一度馬油が配合されたシャンプーを試してみることをおすすめいたします。

 

馬油(マーユ)の育毛効果【まとめ】

馬油はマイルドな洗浄力、浸透力、
皮膚の保湿や抗炎症作用などが魅力の成分です。

 

頭皮に優しく、頭皮がどういったタイプの人でも使えますが、
特に頭皮が乾燥しやすく、敏感な人にはぜひおすすめしたい成分です。

 

今使っているシャンプーがあまりあっていないと感じる場合や、
皮膚が乾燥したり痒みが出るような人は、
一度馬油入りのシャンプーを試してみてくださいね!

 

 

関連:馬油(マーユ)配合の「U-MA」の詳細はこちら