攻めのミノキシジルの効果と副作用

MENU

育毛成分【ミノキシジル】の効果と危険な副作用

ミノキシジルは血管を拡張する作用を持つ物質であり、
もともとは高血圧の改善薬として使われていました。

 

ミノキシジルを飲んでいた患者さんの中で、
多毛症(毛が増える)という副作用が出たことが、
育毛剤として開発されるようになったきっかけの薬です。

 

 

ミノキシジルの発毛作用

ミノキシジルの発毛作用には、2つのメカニズムが考えられています。

 

血管拡張作用

ミノキシジルは血管拡張薬で、
全身の血管を広げる働きがあるため、使用すると頭皮の血管も拡張します。

 

AGAなどの薄毛の原因の1つは、頭皮の血行が悪くなることによって
育毛に必要な酸素や栄養素などの不足が起こることにあります。

 

血管拡張作用によって頭皮の血流が良くなることで、
髪の毛が成長するのに必要な環境が作られることが、
ミノキシジルによる発毛を引き起こすと考えられます。

 

成長因子の分泌促進

ミノキシジルには血管拡張作用だけではなく、
毛乳頭細胞からのVEGFなどの「成長因子」
と呼ばれる物質の放出を促すことによって
発毛作用を持っている可能性が高いと言われています。

 

この成長因子には、頭皮の毛細血管を新生し、
毛包を成長期に戻してくれる作用があるため、
成長が悪くなった頭皮を活性化してくれます。

 

つまりミノキシジルは単に血行を促進するだけでなく、
積極的に発毛を促す働きもあるんですね。

 

ミノキシジルには外用薬と内服薬が

ミノキシジルには外用薬(塗り薬)と内服薬(飲み薬)の2種類があります。

 

外用薬としては、日本でも発売されているリアップを代表として、
海外薬のロゲインやポラリスなどかなりたくさんの種類が販売されています。

 

一方、ミノキシジルの内服薬は日本では発売されていません。
海外では、ミノキシジルの内服薬「ミノキシジルタブレット」
(通称ミノタブ)が販売されており、個人輸入で手に入れることが可能です。

 

ただし、ミノタブは本来高血圧の治療薬であり、ミノタブなどのミノキシジル内服薬は、
副作用の危険もあるため海外でも薄毛治療薬としての認可が下りていないのです。

 

ミノキシジルには発毛効果は認められていますが、
副作用の危険性も高く内服薬としては認可が下りていないという点はしっかり理解しておいてください。

 

ミノキシジルの効果と効果発現までの時間

ミノキシジルの外用薬の効果は、リアップの製造販売元である
大正製薬が発表しているデータを見るとわかります。
(参考:http://www.taisho.co.jp/riup/riupx5/data/)

 

有効率は98%

大正製薬のデータを見てみると、
リアップ×5(ミノキシジル5%配合外用薬)による薄毛の改善率は、
医師の客観的評価で98%です。

 

つまり、2%の人を除き、
リアップの使用によって薄毛が多少は改善するというデータがあるのです。

 

また、同一部位1?当たりの毛髪の本数は、
リアップ×5使用前に1.4本だったものが、使用後24週で21.6本と、
実に15倍以上の濃さになっているというデータもあります。

 

かなり効果の高い育毛剤であることがわかりますね。

 

発毛は開始後3〜4か月で実感できることが多い

リアップ×5のデータによると、開始直後から効果を実感できる人もいるようですが、
実際には3〜4か月たってから薄毛の改善を実感する人が多いようです。

 

使用開始後半年以上してから効果が出てくるケースもあるため、
リアップなどのミノキシジル外用薬の発毛効果は、
最低4〜6カ月は待っておいた方がいいでしょう。

 

ロゲインでも同じような結果が

リアップ×5の効果を紹介しましたが、
ロゲインでも同じような効果が報告されています。

 

後発品のポラリスやカークランドの大規模データはありませんが、
同じような効果を得られる可能性は高いです。

 

ただし、リアップ×5にはミノキシジル以外にも育毛成分が配合されていますし、
育毛剤によって使われている基剤も変わってくるため、
ミノキシジルの外用薬がすべて同じ効果があるとは限りません。

 

ミノキシジル外用薬の副作用

ミノキシジル外用薬の副作用は塗った部位の副作用と、
全身への影響の2種類があります。リアップ×5による副作用発現率は
8.8%となっていますが、多くは塗った部位への軽度の副作用になります。

 

(参考:http://www.pmda.go.jp/otc_reexam/2014/i20140702001/400059000_22100APX00105000_Q100_1.pdf)

 

頭皮の荒れ

ミノキシジル外用薬で最も多い副作用は頭皮の荒れです。

 

リアップを塗った部位のかゆみや赤み、
ふけの増加などの頭皮の荒れが最も多く報告される副作用です。

 

ロゲインなどの他のミノキシジル外用薬でも、
同様に頭皮の荒れが多く報告されています。

 

全身への影響

全身への副作用の発現率はそれぞれ1%未満であり、
本当にミノキシジルの影響によるものなのかは不明ですが、

 

吐き気や耳鳴り、倦怠感、不整脈などが発生するという報告もあります。

 

血管拡張薬であるため、
心不全や腎不全など血圧に異常が出てくる可能性のある病気を持っている人や、
血圧のお薬を飲んでいる人では全身の副作用には十分な注意が必要です。

 

また、ミノキシジル濃度が上がれば上がるほど、副作用のリスクは高くなるので、
ミノキシジル濃度の高いポラリスを使う場合には、細心の注意が必要です。

 

ミノキシジル内服薬の効果と副作用

ミノキシジル内服薬は、育毛剤としての使用の認可が下りていないため、
発毛効果がどの程度あるのかというのはわかっていません。

 

口コミなどを見る限りかなりしっかりした効果を期待できるようですが、
データとしては出ていないのが現状です。

 

また副作用に関しては、内服薬は全身的に作用するため、
外用薬より注意が必要です。気軽に使える薬でないことを頭に入れておくようにしましょう。

 

ミノキシジルの育毛効果と副作用【まとめ】

ミノキシジルは強力な発毛剤であり、日本皮膚科学会ガイドラインが作成する
「男性型脱毛症(AGA)診療ガイドライン」でも
Aランク(行うよう強く勧められる)の治療法に選ばれる薬です。

 

ただし、認可が下りているのは外用薬のみであり、
内服薬については副作用の面からすすめられていません。

 

ミノキシジルの効果と副作用を知り、
自分に合った使い方をできるようにしておいてくださいね!