ミノキシジル育毛剤を比較しました

MENU

ミノキシジル配合育毛剤ならどれがオススメ?

国内で唯一ミノキシジルを配合した育毛剤
「リアップシリーズ」はご存知かと思います。

 

ミノキシジルとはなんぞや?
と言う方の為に簡単に説明すると

 

国内外の臨床試験において高い発毛効果が確認されているも、
副作用発症の確率も高く、医薬品として分類されている事が多い為、
使用の際には十分な注意が必要となっています。

 

 

では、ミノキシジルを配合した育毛剤は他にはないのか?
そんな事はありません。

 

いまでは海外製のミノキシジル育毛剤も
日本では手に入れる事ができるので様々な選択肢があるのです。

 

国内外のミノキシジル育毛剤

それでは現在、国内で手に入れる事ができるミノキシジル育毛剤の中で、
より認知度や評価の高い物をまとめてみました。

 

リアップシリーズ ロゲインシリーズ ポラリスシリーズ カークランドシリーズ

 

 

 

 

 

2017年現在、

国内で販売されているミノキシジル育毛剤はリアップのみで、
他の3つの育毛剤はすべて海外製の育毛剤です。

 

ロゲイン・ポラリス・カークランドは海外製の育毛剤ですが、
現在では個人輸入代行サービスサイトや、薄毛クリニックで購入できる事もあり、
日本でもそれなりに認知度は高まってきている育毛剤と言えます。

 

それでは、それぞれの詳細情報を見ていきましょう。

 

リアップシリーズ

日本国内を代表する大正製薬から発売の
ミノキシジル育毛剤リアップ。

 

 

これまでに、リアップ・リアッププラス・リアップX5・リアップジェット
と、数多くのシリーズが発売されてきました。

 

そして2015年10月、新たに「リアップX5プラス」が発売されました。

 

リアップX5プラス

従来のリアップX5の販売が終了し、
リニューアルされた「リアップX5プラス」

 

ミノキシジル濃度は従来と同じ5%で、
容量・使用方法などは以前と変わらないとされていますが、
新たに3つの新成分が追加され、パワーアップしています。

 

シリーズの中では最も高い効果を期待できるのではないでしょうか。

価格

容量

ミノキシジル濃度

7,600円

60ml

5.0%

 

ロゲインシリーズ

アメリカのリアップ的存在が「ロゲイン」です。

 

日本の薬局でリアップが売られている様に、
アメリカのドラッグストアではこのロゲインが販売されています。

 

リアップ同様、ロゲインにも幾つか種類があり、
ロゲイン2%、ロゲイン5%、ロゲイン5%(フォームタイプ)などがあります。
(%はミノキシジルの濃度を表します)

 

ロゲイン5%

一般的に選ばれているのは
ミノキシジル濃度5%のロゲインです。

 

リアップに比べるとミノキシジル濃度が同じにも関わらず、
価格も半分以上安く、かなりの低価格となっています。

 

主な購入方法:個人輸入

価格

容量

ミノキシジル濃度

6,305円〜

60ml×2

5%

 

カークランドシリーズ

ロゲインのジェネリック商品がこの「カークランド」

 

カークランドの中身はロゲインと変わりないにも関わらず、
ロゲインのほぼ半額といった低価格で購入する事ができます。

 

ラインナップは少なく、
カークランド5%・カークランド5%フォームタイプの2種類となっています。

 

カークランド5%

リアップ・ロゲインと比べても
カークランドの中身はほぼ変わりないとされています。

 

1本単価1,800円とかなり低価格ですので、
ジェネリック商品に抵抗がない方に選ばれています。

 

主な購入方法:個人輸入

価格

容量

ミノキシジル濃度

3,742円〜

60ml×2

5%

 

ポラリスシリーズ

海外製のミノキシジル育毛剤で、
多くのラインナップを揃えているのが「ポラリス」です。

 

NR-07・NR-08・NR-09・NR-10・NR-11と、
この様に5種類ものラインナップが存在しています。

 

ミノキシジル濃度も5%〜16%から選ぶ事ができ、
薄毛の症状、タイプによって商品を使い分ける事ができるのです。

 

ポラリスNR-07

ポラリスの魅力はなんと言っても、
ミノキシジル濃度を選べる事がポイントです。

 

しかし、初めて使用される方は
このNR-07から試してみる事をお勧めします。

 

主な購入方法:個人輸入、薄毛クリニック

価格

容量

ミノキシジル濃度

4,075円〜

60ml

5%

 

ミノキシジル育毛剤まとめ

勿論、この他にもミノキシジル育毛剤は存在します。

 

ですが、上記で挙げた4つの商品が
ミノキシジル育毛剤の中ではメジャーな商品と言えます。

 

この中で選ぶとしたらどれを選べば良いのか?
それはやはり、「リアップシリーズ」でしょう。

 

どの商品もミノキシジル濃度に変わりありませんが、
リアップ以外のロゲイン・カークランド・ポラリスは海外製です。

 

個人輸入をすれば購入できるとは言ったものの、
トラブルが発生した場合は全て自己責任となってしまいますし、
品質はやはり日本に勝る国はないと考えています。

 

個人輸入の際の主なトラブル

@お金を払ったにも関わらず商品が届かない&発送が遅い
A類似品、粗悪品が出回っている可能性がある
B副作用が起きた時は自己責任となってしまう

 

特にミノキシジル育毛剤を使用する場合は
副作用にも十分に注意しましょう。

 

リアップであろうが、ロゲインであろうが国内外の育毛剤に問わず、
ミノキシジルを配合した育毛剤は副作用があることを忘れてはいけません。

 

ミノキシジル育毛剤の主な副作用

発疹・かゆみ・かぶれ・頭痛・目眩・胸痛
血圧低下・心拍数の増加・心筋梗塞etc・・

 

※1999年には循環器の異常を起こし死亡に至る程の重篤な副作用も報告されています。

 

この様に、ミノキシジル育毛剤を使用する場合には、
副作用を発症してしまう可能性が少なからずあると言うことを覚えて起きましょう。

 

ミノキシジル育毛剤でないとダメなのか?

ミノキシジルの高い効果は認められていますが、

 

副作用の危険を冒してまで
ミノキシジルに頼る必要があるのでしょうか?

 

現代では、ミノキシジルと同等、
またはそれ以上の育毛効果を証明されている成分も発見され、

 

「M-034を配合したCHAP UP」や
「キャピキシルを配合したFINJIA」など、
安心かつ安全に高い育毛効果を期待できるとされています。

 

CHAP UPで薄毛を改善した私からすると。。。

 

まずは、副作用の危険性がある医薬品の育毛剤より、
医薬部外品の育毛剤を試してみても遅くはないのでしょうか。
と思ってしまいます。

 

どうしてもミノキシジル配合育毛剤でないとダメという方は、
しっかりと、副作用や使用方法を理解した上での使用を心掛けましょう。

 

その場合はやはり、国内販売されているリアップがお奨めでしょう。