年代別の薄毛原因と対策

MENU

年代別・薄毛対策のポイント

薄毛の主原因というのは、
年代によってある程度の違いがあります。
その主原因を知り、年代に合ったケアを心がけましょう。

 

青年期(20代〜30代前半)の薄毛の主原因とケアのポイント

 

 

20代〜30代前半の薄毛は、遺伝によるものも大きいですが、
それ以上に食生活・生活習慣の乱れが原因となっているケースが多く見られます。

 

若いから、無理がきくからといって睡眠不足の状態を続けていたり、
ファストフードやレトルト・インスタント食品などの多用、
飲み会などでの暴飲暴食を繰り返すようなことをしていると、
頭皮や髪の環境はガタガタになってしまいます。

 

また、男性ホルモンの影響によるAGAの発症が
この年代から出てくるケースもあります。

 

食生活や生活習慣において「若いから」と油断せず、しっかりと見直しを心がけた上で、
DHT合成抑制のために、ヒオウギ抽出液・オウゴンエキス・アカツメクサエキス
などが配合された育毛剤を使うのがおすすめです。

 

中年期(30代後半〜50代)の薄毛の主原因とケアのポイント

 

30代後半〜50代は、男性ホルモンの影響による薄毛が特に出やすいだけでなく、
ストレスや疲労の蓄積による頭皮・毛根の環境悪化も深刻になりやすい年代でもあります。

 

青年期に引き続き、食生活や生活習慣に気をつけるのはもちろんのこと、
『ストレス解消』のページで紹介しているストレスケアなども積極的に行いましょう。

 

さらに、頭皮と毛根の環境を改善するために、
男性ホルモン抑制成分だけでなく、血行促進成分にもすぐれた育毛剤を選ぶといいでしょう。

 

老年期(60代以降)の薄毛の主原因とケアのポイント

 

60代以降の薄毛は、その多くが「老化が主原因」と言えます。

 

それまでの年代で大きな悪影響を与えてきた男性ホルモンについては、
この年代になれば分泌量が大幅に減っていますので、それほど気にしなくていいでしょう。

 

むしろ気にするべきは「老化のスピード」です。
薄毛を進行させないためには、老化スピードを遅らせるよう心がけることが大切。

 

緑黄色野菜でビタミンAを、フルーツや生野菜でビタミンCを摂るなど
抗酸化作用のある成分を摂り入れ、活性酸素による細胞老化を食い止めるよう心がけ、
さらに血行促進成分配合の育毛剤で、血管年齢をサポートしていきましょう。

 

まとめ

 

・年代によって、薄毛を招く主原因には違いが出てくる。
・年代に合ったケアを心がけることが必要。育毛剤の成分にも注目。

 

青年期(20代〜30代前半)

 

 原因:遺伝、食生活や生活習慣の乱れによる頭皮環境の悪化

 

 育毛剤:ヒオウギ抽出液・オウゴンエキス・アカツメクサエキス
     などが配合された育毛剤を使うのがおすすめ

 

中年期(30代後半〜50代)

 

 原因:男性ホルモン、ストレスや疲労の蓄積による頭皮環境の悪化

 

 育毛剤:男性ホルモン抑制成分だけでなく、
     血行促進成分にもすぐれた育毛剤がおすすめ

 

老年期(60代以降)

 

 原因:老化

 

 育毛剤:血行促進成分配合の育毛剤で、血管年齢をサポートするのがおすすめ