妊娠・産後の抜け毛対策のポイントと育毛剤

MENU

妊娠後は気を付けよう!選ぶべき育毛剤と薄毛対策に重要ポイントあり

妊娠中・産後の抜け毛対策のポイント|オススメの育毛剤は?

 

妊娠後の女性の身体は、
ホルモンバランスの乱れやストレスから、支障をきたす可能性があります。

 

特にその影響が女性にとって命である髪の毛に現れることもあります。
しかも出産後にもその影響がひどくなることもあり、対策は必要不可欠といえます。

 

今回はそんな女性が選ぶべき育毛剤や、薄毛対策についてお話していきます。

 

 

妊娠中は毛が濃くなるけど、産後に一気に抜けるのはなぜ?

妊娠中・産後の抜け毛対策のポイント|オススメの育毛剤は?

 

妊婦の方のなかには、毛が抜けるというよりはむしろ、
身体全体の毛が濃くなる方もいます。

 

その原因は、髪の毛の成長に関わる女性ホルモンの分泌が増え、
脱毛の原因となる男性ホルモンの分泌が抑えられるからです。

 

しかし、産後には再び女性ホルモンの分泌が乱れ、
髪の毛のサイクル(ヘアサイクル)が再び動き出します。

 

妊娠中に抜けなかった分の髪の毛がどんどんと抜け始めるため、
結果的に薄毛になってしまうのです。

 

ヘアサイクルが動き出すことは必ずしも悪いことはありませんが、
抜けていく分、生やす力もつけなくてはなりません。

 

絶対NG!フィナステリドを含む育毛剤は胎児に危険

 

 

育毛剤のなかには、「フィナステリド」という
成分が含まれるものが多く存在しています。

 

フィナステリドを含む育毛剤には、
頭皮に塗る外用タイプと服用するタイプの両方があり、
育毛業界では広く知られています。

 

しかし、このフィナステリドは男性ホルモンの分泌を抑える力が強く、
男性の胎児にとっては生殖器の未発達を招くおそれがあり、大変危険です。

 

男性の生殖器は、
女性にも一定量含まれる男性ホルモンによって発達するため、
フィナステリドの影響は胎児にとって害になり得ます。

 

そのため、妊娠中の女性はもちろんのこと、
授乳中の女性もフィナステリドを含む育毛剤の使用は、原則禁じられています。

 

有名な育毛成分であるがゆえに、
旦那さんが使っている育毛剤に含まれている可能性もあります。
誤って肌に触れたり、服用したりすることのないようにしましょう。

 

妊娠後&産後には髪の毛の栄養補給が肝心

 

 

妊娠後および産後の女性には、
髪の毛や頭皮の栄養補給ができる育毛剤の使用が肝心になってきます。

 

なかでも、「天然由来のアミノ酸」を含む塗るタイプの育毛剤が人気で、
様々なものが販売されています。

 

アミノ酸には髪の毛の艶やコシに関わる、
頭皮環境を改善させる効果があるとされています。

 

アミノ酸の他には、「センブリエキス」、「ヒオウギエキス」といった
発毛を促進させる成分も人気で、広く使用されています。

 

ちなみに女性用の育毛剤は、
化粧水のようなボトルや瓶で販売されていることが多く、
見た目的にも使いやすいのが特徴です。

 

関連:妊婦・産後でも使用できる女性にオススメ育毛剤ランキング

 

まとめ:自分のことだけではなく、胎児のことも考える育毛

妊娠あるいは出産した女性は、自分のことだけでなく、
胎児のことも考えて育毛に取り組まなくてはなりません。

 

フィナステリドを含む育毛剤の使用はご法度ですので、注意しましょう。

 

有効な方法としては、髪の毛や頭皮環境を改善させるアミノ酸や、
発毛効果のある天然由来の成分を含む育毛剤を使用することです。

 

少しずつ努力を重ねていくことで、髪の毛には良い影響が出てきます。
焦らずゆっくりと取り組みましょう。