ノンシリコンシャンプーのメリットについて

MENU

ノンシリコンシャンプーが良いと言われてい理由とは?

 

 

シャンプーのCMによく出て来る「ノンシリコンシャンプー」。
実際にどのようなものなのかご存知でしょうか?

 

また、ノンシリコンだとどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

なんとなく髪や頭皮にいいイメージのあるノンシリコンシャンプーについて、
具体的なメリットや隠されたデメリットについても調査しました。
今回は、ノンシリコンシャンプーについてじっくり考えてみましょう。

 

 

シリコンって一体どんな成分なのか?

シリコンとは、
ケイ素と呼ばれる物質を化学的に変化させた合成樹脂です。

 

シリコンは機械に使われるパッキンや哺乳瓶の乳首など
身近なものにも使われますが、
シリコンは液体になる物もあり、シャンプーにも配合されます。

 

シリコンがシャンプーに配合される理由が、シリコンのコーティング力です。
シリコン入りのシャンプーを使うと、シリコンが髪をコーティングしてくれます。
髪のコーティングはシャンプー中の髪のダメージを防ぐとともに、
シャンプー後の髪は手触りや艶を良くしてくれます。

 

ただし、シリコンはあくまで髪の表面を覆うものであり、
髪質や頭皮の健康状態が良くなって
毛艶が改善したわけではないということは理解しておきましょう。

 

ノンシリコンシャンプーのメリット

ノンシリコンシャンプーはシリコンを含まないシャンプーです。
シリコンの最も大きな問題点は、頭皮をコーティングしてしまうことであり、
ノンシリコンシャンプーにはそのリスクがないため、以下のようなメリットがあります。

 

頭皮の洗浄をしっかりできる

シリコンが頭皮に付くと、
シャンプーで洗い流す前に汚れごと
頭皮をコーティングしてしまうことがあります。

 

そうなると、シリコンのコーティングがシャンプーをブロックしてしまい、
頭皮の汚れを落とせない可能性があります。

 

その点、ノンシリコンシャンプーであればコーティングされる心配もなく、
しっかりと頭皮の汚れを落とすことができます。

 

毛穴詰まりのリスクがない

シリコンは毛穴をコーティングすることで、
毛穴詰まりの原因になることがあると言われています。

 

毛穴が詰まると、せっかく毛根から生えてきた毛がうまく成長できなくなり、
大切な成長期の毛が減ってしまい、薄毛の進行へとつながります。

 

シリコンによる毛穴詰まりのリスクがないというのも、
ノンシリコンシャンプーのメリットですね。

 

ノンシリコンシャンプーの注意点

ノンシリコンシャンプーは、
頭皮のためにメリットが大きいシャンプーですが、
使用する場合には少し注意が必要です。

 

髪が指に引っかかりやすくなる

ノンシリコンシャンプーのデメリットは、
シリコンが入っていないことによる毛の絡みやすさにあります。

 

シリコンは髪の毛をコーティングして手触りや櫛通りをよくしてくれますが、
ノンシリコンシャンプーにはそういった作用がないため、
髪の毛が指に引っ掛かりやすくなります。

 

ノンシリコンシャンプーを使うなら優しく丁寧に洗おう

シャンプーに時間をかけず、ごしごしこする人の場合、
ノンシリコンシャンプーを使うと指に髪の毛が絡み
シャンプー中の抜け毛が増えることがあります。

 

シリコン入りシャンプーからノンシリコンシャンプーに変えた場合は、
できるだけ優しく丁寧に髪を洗うようにし、
指に絡んで毛が抜けないように注意しましょう。

 

ノンシリコンシャンプーはおすすめ?【まとめ】

シリコン入りのシャンプーは非常に使いやすく
洗い上りも良いシャンプーではありますが、
頭皮のダメージや薄毛の進行要因になる可能性があり、
育毛を考えるうえではノンシリコンシャンプーがおすすめです。

 

ノンシリコンシャンプーを使う場合には、
優しく丁寧に髪を洗うように心がけ、抜け毛が増えないように注意しましょう。

 

そうすることで、頭皮をしっかり洗浄し、
毛根の状態もいい状態に保つことができるため、
育毛に適した頭皮の環境を作ることができますよ。