毛根チェックによる薄毛診断

MENU

危険な抜け毛は毛根で分かる!毛根チェックの重要性

抜け毛の毛根の違いによって

 

薄毛になりやすい又は禿げる可能性の高いタイプの抜け毛
薄毛になりにくい又は禿げる可能性が低いタイプの抜け毛

 

と、抜け毛を観察する事によって
自分の髪の毛がこれからどうなるのか予測する事ができます。

 

毛根で分かる薄毛危険レベル!今すぐ出来る抜け毛診断
今回は、どのようなタイプの抜け毛が危険なのか?
ということについて詳しく紹介していきます。

 

 

抜け毛のタイプは7種類に分別することが出来る

普段は気にすることもないかもしれませんが、
抜け毛があまりにも多いと心配になってしまいますよね?

 

髪の毛の状態が気になる方というのは
普段から抜け毛をチェックしておくことをオススメします。

 

一般的に抜け毛のタイプは7種類に分別することができ、
危険度は髪の毛が抜けた時の毛根の状態で判断することになります。

 

毛根で分かる薄毛危険レベル!今すぐ出来る抜け毛診断

 

マッチ棒の先のように毛根が丸く膨らんでいる

正常な毛根です。

 

毛根の膨らみは毛根の健康状態を表しています。
通常のヘアサイクルによって起きる自然脱毛ですので、
薄毛の危険性を気にする必要はないでしょう。

 

毛根の膨らみが小さく、形が歪になっている

少し気をつけた方が良いでしょう。

 

毛根の健康状態が崩れ始めているサインです。
健康な頭皮の方でも部位によっては時たま見られますが、
今後の抜け毛をチェックするなど注意が必要です。

 

毛根の膨らみがない

薄毛が進行しているサインです。

 

毛根に膨らみが全く無いということは、
毛根の健康状態はかなり劣悪と考えられます。
髪の成長不足や抜け毛の増加などかなり危険な状態です。

 

毛根の膨らみが太くて短い状態

頭皮の乾燥や血行不良による脱毛症のサインです。

 

フケや痒み、又は頭皮が固くなるなど、
頭皮環境がかなり悪くなっていることが考えられます。
シャンプーを見直したり、頭皮マッサージを心がけましょう。

 

毛根の色が黒くなっている

ストレスによる脱毛症のサインです。

 

ストレスによって頭皮の血行が悪くなっている状態です。
頭皮マッサージやヘッドスパで血行促進、
また、ストレスを出来るだけ軽減するよう心がけましょう。

 

毛根の先に白い膜のようなものがついている

皮脂の過剰分泌による脱毛症のサインです。

 

過剰な皮脂が毛穴を塞いでしまうことにより起こり、
脱毛促進、髪の毛の成長を阻害されている状態です。
また、脂漏性皮膚炎などの症状も疑った方が良いでしょう。

 

毛根が存在していない

かなり危険な状態です。

 

ここまできてしまうと既に薄毛の状態は深刻で、
対策を打っても改善が難しくなってしまいます。
早急に専門のクリニックなどに相談する事をお勧めします。

 

抜け毛の毛根は大きく分けてこれら7つの状態となります。

 

1番の状態は通常の抜け毛となっているために、
抜け毛が多くなったとしても問題がないとされていますが、

 

2番〜7番については番号が大きくなるにつれて
危険度が増していくということになりますので見かけたら危険な状態。
早急に対策を打つ事をお勧めしています。

 

危険度の高い毛根を発見した場合は、すぐに育毛対策を!

危険度が高い毛根の状態になっている抜け毛を発見した場合は、
すぐに育毛対策をしたほうが良いとされています。

 

現在の状況では薄毛になっていない場合でも、
徐々に薄毛になる可能性が高いとされていますので、
まずは毛根の状態を元に戻すことが重要です。

 

抜け毛の毛根のチェックについては
虫眼鏡や顕微鏡などあれば良いですが肉眼でも分かります。

 

 

 

また、さらに詳しい状態を知りたい場合は
身近なAGAクリニックなどを受診してチェックすることが重要です。

 

大きなクリニックなどの場合は料金無料でチェックしてもらえることも多いので、
広告やクーポンなどを利用してチェックしてもらうと良いでしょう。