おでこが広い人はハゲやすいのか?

MENU

おでこが広い男性はハゲやすいのか?

 

おでこが広い男性は、
薄毛・脱毛になりやすいという話があります。

 

本当なのでしょうか。
おでこの広さと、薄毛の関係について詳しく解説致します。

 

 

おでこの広さと薄毛の関係

結論から言ってしまうと、
おでこが広いからと言って必ずしも薄毛になるわけではありません。

 

人間のおでこの広さは千差万別で、生まれつきおでこが広い人もいれば、狭い人もいます。平均的な日本人の眉山上部から生え際までの距離は5~6センチ程度とされていますが、これはあくまで目安です。

 

骨格や髪型、鼻や口の大きさ、配置、
バランス等の違いによっても、おでこの印象は変わります。

 

一般的に子供の頃おでこが広い人は、大人になってもおでこが広いことが多く、そのバランスが劇的に変わることはありません。

 

おでこの広い人が薄毛になると、おでこがさらに広がり、際立つ為、おでこの広さと薄毛に相関関係があるように感じるかもしれませんが、おでこが広い男性がハゲやすいということは一切ありません。広いおでこを活かした髪型をしている男性も多数存在します。

 

問題となるのは、
男性型脱毛症(AGA)が進行して、おでこが広くなっている人です。

 

おでこが広くなってきたら要注意

 

生まれつき(先天的に)おでこが広いではなく、年齢を重ねるにつれ、徐々におでこが広くなってきたと言う人は男性型脱毛症(AGA)が進行している可能性があります。前頭部の生え際の薄毛・脱毛はAGAの進行と密接に関係しています。

 

脱毛のメカニズム

男性型脱毛症(AGA)を引き起こす原因の1つにホルモンの影響があります。男性ホルモンのテストステロンは、還元酵素である5αリダクターゼと結合すると、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれるホルモンに変わります。

 

このDHTは、毛乳頭に働きかけ、成長過程にある毛髪を脱落させ、髪の成長を阻害し、数年単位で循環するヘアサイクル(毛周期)のバランスを崩します。AGAが進行している場合、頭皮中のDHT濃度の上昇が認められ、このDHTの生成に大きく関わる5αリダクターゼ(U型)は、頭頂部とおでこ周辺の生え際に多く存在することがわかっています。

 

そのため、「おでこが広くなる=AGAの進行」と判断することができるわけです。先天的におでこが広い場合は問題がありませんが、以前に比べておでこが広くなってきたと感じる人はAGAが進行している可能性が高く、適切な薄毛・脱毛対策を講じない限り、期間の差こそあれ、薄毛・脱毛は確実に進行していきます。

 

男性型脱毛症(AGA)が進行しているかどうかの目安

おでこが以前に比べて広くなったと感じる人は、生え際の髪を触ってみてください。おでこの生え際周辺の髪が、その他の部位に生える髪に比べて、細く柔らかくなっている場合はAGAが進行している可能性があります。また、前頭部の髪の密度なども意識しながら確認してみましょう。

 

髪密度が下がり、頭皮が透けるような状態になっている場合も
やはりAGAが進行していると言えるでしょう。

 

おでこの薄毛は、サイド側つまり耳の際方面から始まるM字型脱毛と、おでこの真ん中から薄毛が進行するU字型脱毛に大別されます。このM字型、或いはU字型は、進行が進むと、頭頂部付近の脱毛であるO字型脱毛部と結合することもあります。

 

この段階まで薄毛・脱毛が進行する前に適切な育毛対策をしていく必要があります。

 

薄毛のパターン

アメリカの医師ハミルトンの薄毛進行パターンを、同じく医師であるノーウッドが改定したハミルトン・ノーウッド分類という薄毛進行パターンがありますのでご紹介いたします。

 

 

T型

おでこが元々広い人はハゲ確!?おでこの広さと薄毛の関係
前頭部、生え際からM字に薄毛が進行し始めた状態(初期)

U型

おでこが元々広い人はハゲ確!?おでこの広さと薄毛の関係
T型がさらに進行した状態

V型

おでこが元々広い人はハゲ確!?おでこの広さと薄毛の関係
U型が進行し、髪のボリュームがおち、地肌が透けることもある状態

U Vertex型

おでこが元々広い人はハゲ確!?おでこの広さと薄毛の関係
U型の状態に加え、頭頂部のO型脱毛が進行した状態

V Vertex型

おでこが元々広い人はハゲ確!?おでこの広さと薄毛の関係
V型の状態に加え、頭頂部のO型脱毛が進行した状態

W型

おでこが元々広い人はハゲ確!?おでこの広さと薄毛の関係
V型の進行がさらに進み、頭頂部のO型脱毛が進行した状態

X型

おでこが元々広い人はハゲ確!?おでこの広さと薄毛の関係
W型がさらに進行した状態

Y型

おでこが元々広い人はハゲ確!?おでこの広さと薄毛の関係
M字型脱毛とO型脱毛の脱毛部分が結合した状態

Z型

おでこが元々広い人はハゲ確!?おでこの広さと薄毛の関係
Y型が進行し、側頭部まで脱毛が進んだ状態

 

この薄毛進行パターンを意識し、自身の症状に当てはめてセルフチェックすることは、のちのAGA対策にきっと役立つはずです。

 

AGAの脱毛のパターンは、およそ上記の状態に分類されます。おでこが広くなってきたと感じたら、同時に頭頂部の薄毛も始まっている可能性があります。おでこの生え際に加えて、鏡等を使って頭頂部の薄毛・脱毛のレベルを確認することができれば、適切な育毛対策に生かすことができるはずです。

 

自身の薄毛・脱毛の進行度合いをしっかり把握し、AGAの進行を直視することが育毛対策の第一歩です。言うまでもありませんが、ハミルトン・ノーウッド分類の数字がより小さいうちに育毛を開始することが望ましくなります。

 

薄毛・脱毛を進行させないために

 

薄毛・脱毛は様々な要因が複合的に絡み合って進行します。現在育毛対策の柱とされる血管拡張による血流促進や、ホルモンに作用する5αリダクターゼ還元酵素の阻害など加えて、生活習慣を見直す必要があります。

 

髪を育てる為の栄養分を補給する為には、栄養バランスのいい食事を心掛ける必要がありますし、不眠、ストレスは、男性ホルモンテストステロンの分泌を増大させる可能性があるので注意が必要です。

 

育毛対策に必要な薬剤、育毛成分を使うことも勿論大切ですが、同時に生活習慣を見直し、健康的な生活をすることが求められます。