オウゴンエキスの育毛効果とは

MENU

オウゴンエキスってどんな成分?

最近、主流となっている育毛剤の多くに
「オウゴンエキス」という成分が含まれていることが多くなっています。

 

男性ホルモンへ直接作用!【オウゴンエキス】の抑制効果
※オウゴンエキス配合の代表的な育毛剤
(左から、CHAPUPIQOSBUBKA

 

育毛剤に配合される植物エキスの中でも
薄毛に対して非常に高いアプローチ力が注目されているオウゴンエキス。

 

今回は、このオウゴンエキスが、
育毛に対してどのような影響を与えてくれるのか?詳しく紹介していきます。

 

オウゴンエキスというのは、

 

コガネバナ(黄金花)と呼ばれる
植物の根っこから抽出された成分となっていて、

 

主に中国やモンゴル、ロシアなどに生息する植物。

オウゴンエキスの主な効果はDHTの抑制にある

オウゴンエキスの主な効果というのは
DHTの抑制に他なりません。

 

DHTという言葉について耳馴染みが無いという人も多いと思われますので、
ここでDHTについて簡単にですが紹介していきます。

 

DHTって一体なんなの?

DHTというのは、
「薄毛や脱毛を促進させる働きを持っている」物質です。

 

別名「ジヒドロテストステロン」

 

このDHTは男性ホルモンの10倍以上
の薄毛作用があるとされています。

 

一般的に男性ホルモンが多い人が、薄毛になりやすいとされていますが、近年では男性ホルモンの量よりもDHTの量が薄毛を左右するとも言われています。

 

DHT(ジヒドロテストステロン)が発生してしまう条件とは?

頭皮に存在すると言われる
「テストステロン」「5αリダクターゼ」という物質。

 

この2つが結合することによって発生することになります。

 

 

 

これらの理由から男性ホルモンが多い人は
薄毛になりやすいという話に繋がるということです。
関連:DHT(ジヒドロテストステロン)の詳しい情報はこちら

 

結論としては、DHTの発生を抑制することによって
薄毛になってしまう物質を減少することが出来るので薄毛が改善され、
フサフサとした髪の毛を取り戻す事が出来るということになります。

 

オウゴンエキスは、どのようにしてDHTの発生を抑制するのか?

オウゴンエキスが薄毛の原因となる
DHTの発生を抑制するということについては上記でも紹介しましたが、

 

こちらでは、オウゴンエキスがどのようにして
DHTの発生を抑制するのかということについて紹介していきます。

 

オウゴンエキスの驚くべき効果とは

DHTというのは、
5αリダクターゼと結合することによって発生する物質となっているために、

 

オウゴンエキスは5αリダクターゼの活動を抑制することによって
DHTの結合することが難しい状況を作り出すということになります。

 

 

5αリダクターゼは頭皮に沢山存在している物質となっていますが、
頭皮に発生しているということは外部からの影響を受けやすいということにも繋がりますので、
オウゴンエキスを摂取することによって結果的に薄毛が改善されるということに繋がります。

 

関連:5αリダクターゼについての詳しい情報はこちら