パーマやカラーによる薄毛のリスク

MENU

パーマをあてるとハゲやすいって本当?

髪や頭皮に良くないことはいくつかありますが、
パーマやカラーリングはその代表です。

 

では、育毛を頑張ろうと思っている人はパーマやカラーリングはできないのでしょうか?

 

今回は、パーマやカラーリングがなぜ薄毛に良くないのか、
その頭皮への影響を中心について考えてみましょう。

 

パーマと頭皮の関係

人間の頭皮は、自然の状態ではpH5前後の弱酸性の環境になっています。
この環境下で、毛穴や頭髪は健康で正常な状態を保つことができます。

 

一方、パーマ液の第一液のpHは9以上のアルカリ性です。
この液体で、髪の毛のコシを作る構造を破壊することで、
髪の性質を変えていくのがパーマのメカニズムです。

 

pH5の頭皮にpH9以上のパーマ液が付くと、急激に頭皮の環境が変化します。
パーマを当てたときに頭皮がピリピリする感覚があるのはそのためです。
このpHの変化がまず、頭皮によっては良くありません。

 

また、パーマ液が与える頭皮への影響は、pHだけではありません。
パーマ液による皮膚の軟化や接触性皮膚炎なども、頭皮へのダメージにつながります。

 

パーマ液をつけるときに手袋をする美容師さんもいますが、
それはこの皮膚の軟化や接触性皮膚炎による手荒れを防ぐためのものです。
つまり、パーマ液が皮膚に付けば、皮膚が荒れるリスクがあり、
パーマ液が付いてしまう頭皮もまた荒れてしまう可能性があるのです。

 

最近では皮膚に優しいパーマ液が増えてきてはいるようですが、
それでもパーマのメカニズムは基本的に変わりません。
頭皮に全くダメージのない方法でパーマを当てることはできないのです。

 

カラーリングと頭皮

カラーリングも頭皮に悪影響を与えることがあります。

 

カラーリングには、ヘアカラーとヘアマニュキュアがありますが、
頭皮や毛髪への影響が大きいのはヘアカラーの方です。

 

ヘアカラーはメラニン色素を分解して脱色し、髪の内部に染料を入れます。
メラニン色素の分解・脱色のためにヘアカラーもアルカリ性の液体を使いますので、
頭皮のpHに影響を与えます。

 

また、ヘアカラーにはさまざまな化学物質が使われており
これらの化学物質も頭皮へ悪影響を与えます。

 

その中でも酸化染料に使われる「ジアミン」は、
頭皮にアレルギーを引き起こしやすく、
カラーリングによる頭皮の荒れの原因になりやすい物質です。

 

ヘアマニュキュアは髪の表面から色素を浸透させる染色方法であり、
ヘアカラーに比べて頭皮や頭髪への影響が少ないと言われています。

 

しかし、染料が多少の刺激になったり、
頭皮に付いて毛穴を塞いでしまうなど、頭皮への影響はゼロではありません。

 

パーマやカラーリングと薄毛との関係

ここまでお話しした通り、パーマやカラーリングは
いくつかの原因により頭皮の刺激となり、頭皮を荒らしてしまいます。

 

頭皮の荒れによって炎症が起こると、
毛穴や毛母細胞などにダメージが及びます。

 

これらのダメージにより、ヘアサイクルが狂ってしまったり、
髪の毛を作る機能が落ちて、薄毛が進行してしまう可能性があるのです。

 

また、パーマやカラーリングによって頭髪そのものにもダメージは出てきます。
ダメージがある毛は健康な毛に比べ、細く弱々しくなってきます。

 

そうなると、髪一本一本が細くしなってしまい、
全体的に頭髪のボリューム感がなくなり、薄く見えてしまうようになります。

 

まとめ

パーマやカラーリングをするのであれば、頭皮への刺激や
毛髪自体へのダメージを避けることはできません。

 

薄毛が気になる人や、育毛に力を入れる人は、
できる限りパーマやカラーリングは控えるようにしましょう。

 

どうしてもパーマやカラーリングをしたい人は、頭皮や毛髪にダメージの少ない方法で、
専門知識のあるプロにやってもらうようにしてください。

 

知識がないのに適当な方法でパーマやカラーリングをして、
頭皮や頭髪にダメージを与えてしまわないようにしてくださいね。