プランテルの副作用と安全性

MENU

安全・安心?プランテルの副作用とは

さまざまな効果・効能を謳う育毛剤が市場にあふれ、
どの育毛剤を選んでいいのか判断するのが難しいことも多いです。

 

育毛剤の選択方法には、
どのような効果が期待されるのかも大切ですが、その安全性も重要です。

 

今回は、薬用プランテルの成分を見ながら、その安全性について考えてみましょう。
特に敏感肌の人は育毛剤の安全性についてしっかり考えてみて下さいね。

 

プランテルの主な成分は自然成分由来

 

まず、薬用プランテルに入っている主な成分は以下の通りです。

 

ヒオウギエキス・ビワ葉エキス・センブリエキス・セファランチン・ボタン葉エキス・海藻エキス・グリチルリチン2K・パントテニルアルコール・シナノキエキス・ヒキオコシエキスなど

 

これらの物質を見る限り、プランテルは、そのほとんどが自然由来の物質でできていることがわかります。合成の化学物質に比べ、自然由来の成分は安全性が高いと考えられるので、プランテルは比較的安心して使える育毛剤となります。

 

プランテルは2つの有害物質フリー

 

育毛剤には、その品質を保持する目的で、育毛にはよくない物質を含んでしまっていることがあります。プランテルには、以下の2つの成分が入っていないという点も評価できます。

 

パラベンフリー

 

パラベンは、育毛剤の成分が腐ってしまうのを防ぐための防腐剤です。育毛剤は常温保存をするため、細菌の繁殖が問題になることがあります。細菌が繁殖して育毛剤が腐ってしまえば、効果が落ちるだけでなく、育毛剤が細菌やその毒素の源となり、その育毛剤を使うことで頭皮の細菌感染や頭皮荒れの原因となってしまいます。

 

そこで、製品の品質を保つために、防腐剤としてパラベンを配合した育毛剤やシャンプーは少なくありません。パラベンは比較的安価に配合できる物質ですので、安い育毛剤にはパラベンが含まれていると言われています。

 

しかし、パラベンは菌の繁殖を抑えるだけでなく髪の基である毛母細胞など頭皮の細胞の分裂も抑制してしまう可能性が指摘されています。また、合成化学物質であり、アレルギーを引き起こす可能性もあります。

 

プランテルには、育毛によくないパラベンは含まれていません。薬用プランテルに含まれるシナノキエキスなどの抗菌作用のある成分が防腐剤の代わりになり、パラベンが必要ないと言われています。

 

合成着色料フリー

 

薬用プランテルには、育毛にとって有害とされる合成着色料も含まれていません。

 

合成着色料は、育毛剤を付けた場所を把握するため、あるいは独特の色を消すために育毛剤に使われることがあります。合成着色料もアレルギーなどの原因とされており、頭皮にとって良くない物質です。

 

医薬品に比べマイルドな効果で副作用リスク少ない

 

頭皮に塗る育毛剤では、しばしば頭皮の荒れが問題になることがあります。

 

ミノキシジルが有効成分であるリアップは、育毛・発毛に優れた効果を発揮する医薬品ですが、その一方で頭皮の荒れ(赤み・かゆみなど)の副作用も多く報告されています。

 

一方、プランテルは、ミノキシジルのような強い血管拡張作用はなく、マイルドに作用してくれます。そのため、頭皮の荒れなどの報告は非常に少なく、安全性が高いと考えられます。

 

薬用プランテルも副作用はある

 

今まで読んでいただいた通り、薬用プランテルは非常に安全性が高い育毛剤だと考えられますが、有効成分が入っている以上、副作用はゼロではありません。
アレルギーの可能性

 

合成化学物質に比べて可能性は低いとは言われていますが、自然由来成分にもアレルギーの可能性はあります。

 

特に敏感肌の人は、プランテルの使用後に頭皮の調子に変化がないかどうかをしっかりチェックしていた方がいいでしょう。

 

界面活性剤による刺激

 

また、薬用プランテルには、静電気の防止や髪の柔軟性を高める目的で、界面活性成分の「ラウリルジメチルアミンオキシド液」が配合されています。この成分は、界面活性剤としては刺激が少ない部類には入るものの、刺激はゼロではありません。

 

まとめ

プランテルは自然由来成分が中心に配合されており、使用による副作用のリスクは極めて低い育毛剤になります。ただし、リスクは低いながらも副作用はゼロではないので、使用後の頭皮の状態はしっかりチェックしておきましょう。

 

また、マイルドな効果で副作用が少ない分、プランテルの効果が出るまでには時間がかかります。プランテルには全額返金制度がありますが、その期限の30日以内に効果が出て来ることは少ないので、そのあたりも理解して使うようにしてくださいね。