育毛サプリの効果|健康サプリとの違い

MENU

健康サプリとどう違う?育毛サプリに期待される効果とは

 

 

毎日忙しく、食生活が乱れがちな時に頼りになるのがサプリメント。

 

そんなサプリメントには育毛サプリメントと呼ばれるものもあり、
育毛のためにいいと言われる成分を含んでいます。

 

では、育毛サプリメントは健康サプリメントとどう違うのでしょうか?
また、育毛サプリメントにはどんな成分が含まれているのでしょうか?

 

今回は、育毛サプリメントについて徹底的にリサーチをしたので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

育毛サプリはなぜ効果ある?配合される成分とは

 

 

育毛サプリとは、飲むことで薄毛の進行を抑制し、
育毛を促してくれることが期待されるサプリメントです。

 

育毛サプリにはいくつかの種類があり、含まれている成分も様々です。

 

髪の毛の栄養成分になるアミノ酸

髪の毛はたんぱく質の塊です。

 

髪の毛を構成するたんぱく質の代表はケラチンですが、
このケラチンには実に18種類ものアミノ酸がくっついて作られています。

 

そのため、食生活の乱れによりアミノ酸が不足すると髪の毛を作れなくなり、
薄毛が進行したり育毛がうまく行かなくなってしまます。

 

特にシスチンやメチオニンなどはケラチンの主成分であり、
体内で不足しがちになるため、サプリメントで摂ることをおすすめしたい成分です。

 

また、コラーゲンもアミノ酸をたくさん含む成分として、
育毛サプリメントに含まれていることがあります。

 

頭皮環境を整えるビタミン

ビタミンは髪の毛の成分になるというよりは、
髪の毛が育つための頭皮環境を整えてくれるものとして大切です。

 

育毛サプリは、頭皮の健康を保つことが期待されるビタミンA・C・Eや、
髪の毛を作る毛母細胞の働きを活発にする作用がある
と言われているビタミンBなどが含まれています。

 

細胞分裂に関係し、髪の成長に影響するミネラル

ミネラルの中には髪の毛の成長に大きくかかわるものがあります。

 

特にミネラルの中で重要なのがヨウ素と亜鉛です。
これらのミネラルは細胞の分裂を活発にし、
たんぱく質の合成を増やす作用があるため、
髪の毛が成長するにはなくてはならない成分です。

 

その他天然成分

育毛に使われるサプリメントには、
いくつかの天然成分が入っていることもあります。

 

海藻エキス(フコダイン)には
AGAの治療薬として認められているミノキシジルのような作用、
ノコギリヤシにはフィナステリドのような抗男性ホルモン作用などが期待されています。

 

もちろん、ミノキシジルやフィナステリドなどの医薬品とは違い、
効果がはっきり証明されているわけではありませんが、
育毛薬と同じような作用が期待されています。

 

育毛サプリを飲むと髪は生える?健康サプリとの違いは?

 

健康サプリと育毛サプリとの共通点・違い

育毛サプリは健康サプリとは違いますが、それらには共通点もあります。

 

健康サプリと育毛サプリの共通点

健康サプリと育毛サプリには
「不足する栄養素を補う」という共通点があります。

 

つまり、体に必要ではあるが不足している栄養成分を補い、
健康状態を良くして育毛を促進するという意味では、
育毛サプリは健康サプリの一つと言ってもいいでしょう。

 

また、アミノ酸の補給は育毛にだけでなく
全身の健康状態にも好影響を与えてくれます。

 

逆に一般的な健康サプリを飲むことでも、
髪の毛に行く栄養成分が増加して育毛効果がある可能性もあります。

 

健康サプリと育毛サプリの違い

一方で、育毛サプリには
育毛に特化したような作用を持つものもあります。

 

特に天然成分の海藻エキスやノコギリヤシなどは、
全身の栄養状態を良くするというよりは、育毛に必要な作用を強く持って、
育毛を促進してくれることを期待されています。

 

まとめ

 

 

育毛サプリは、普段不足しがちな育毛に
必要な栄養成分を補ってくれるサプリメントになります。

 

サプリメントですので、
薬のような確実で即効性のある効果は期待できませんが、
全身の健康状態を改善してくれるという意味でも、使ってもる価値はあるものです。

 

また、栄養が偏りがちだと感じる人は、
健康サプリを飲むことで育毛へのプラスの効果を得ることができるかもしれません。

 

普段の健康状態を意識しながら、
自分に必要な栄養素を考えて、サプリメントと上手く付き合っていけるようにしましょう!