石油系界面活性剤入りシャンプーについて

MENU

石油系界面活性剤入りのシャンプーに注意!薄毛を招くコワーい成分

 

「石油系界面活性剤」という名前を聞いたことはあるでしょうか?

 

これは、洗剤などによく使われる成分ですが、
実はシャンプーにも使われていることがあるのです。

 

最近では危険性が認知され始め、
シャンプーには使われることが少なくなってきたものの、
まだ安価なシャンプーに石油系界面活性剤が使われることもあります。

 

薄毛の大敵ともいえる石油系界面活性剤について、その危険性を知っておきましょう。

 

 

界面活性剤とは

水と油はそれぞれ性質が違うため溶け合うことがないのですが、
その水と油を溶け合わせることができる物質が界面活性剤です。

 

水に溶けない油を溶かすことで、
油汚れなどを落とす目的で使われるのが界面活性剤です。

 

シャンプーの大きな目的は、
1日の間についてしまった頭皮や髪の汚れを落とすことであり、
シャンプーに界面活性剤は必要不可欠なものです。

 

ただし、石油系界面活性剤に関しては頭皮のダメージにつながることがあり、注意が必要です。

 

石油系界面活性剤とは?成分表示名について

石油系界面活性剤は文字通り石油から作られる界面活性剤です。
石油系界面活性剤にはいくつかの物質がありますが、

 

以下のような成分は石油系界面活性剤です。

  • 側鎖アルキルベンゼンスルホン酸Na(ABS)
  • 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸Na(LAS)
  • オレフィンスルホン酸Na

 

こういった成分が入っていないか、シャンプーの成分表示に注意して見てみましょう。

 

石油系界面活性剤の長所|配合される理由とは

 

 

石油系界面活性剤の長所はなんといっても
その洗浄力と脱脂力の強さにあります。

 

そのため、石油系界面活性剤入りのシャンプーを使うと、
シャンプー後のさっぱり感が強く、きれいになったという実感が強く得られます。

 

また、比較的安価に製造できるため、
石油系界面活性剤入りのシャンプーは安い商品が多くなります。

 

安いのに洗い上りの感覚がいいため、
その危険性を知らない人は
「コスパのいいシャンプー」として使い続けてしまうことになりがちなのです。

 

石油系界面活性剤の短所|どんな悪影響がある?

 

 

以上のような長所のある石油系界面活性剤ですが、問題はその毒性にあります。

 

特に、薄毛に悩む人では頭皮への悪影響から薄毛が進行してしまうこともあるので、
界面活性剤には注意をしておきましょう。
石油系界面活性剤が悪いと言われる理由は以下の3点です。

 

刺激が強い

石油系界面活性剤は洗浄力が強い分、
頭皮の刺激が強いと言われています。

 

頭皮の刺激に伴い、頭皮が炎症を起こしてしまうと、
毛が抜けやすく生えにくくなってしまうので注意が必要です。

 

頭皮を取り過ぎる

洗浄力・脱脂力が強いことは、汚れを落とすためには非常にいいのですが、
頭皮の皮脂を取り過ぎてしまうというデメリットもあります。
頭皮の皮脂には、頭皮を保護して保湿するという役割があります。

 

皮脂を取り過ぎてしまうと、頭皮の乾燥や痒みを起こし、
フケが増えてきてしまうことがあります。

 

また、皮脂を取り過ぎることで皮脂分泌が亢進してしまい、
かえって頭皮のべたつきがひどくなってしまうこともあります。

 

つまり、脱脂力の強いシャンプーは、
皮脂の取り過ぎによる頭皮環境を悪化させてしまうことがあるのです。

 

皮膚に浸透して毒性を起こす

石油系界面活性剤は、物質の大きさを表す「分子量」が比較的小さい物質です。
皮膚にはバリアがあり、分子量の大きなものは皮膚の中に入ってこれないのですが、

 

分子量の小さな石油系界面活性剤は、皮膚に浸透しやすいと言われています。

 

界面活性剤は本来、皮膚の表面や毛穴の汚れを落とすためのものです。
皮膚の中に浸透すると、頭皮の細胞にダメージを与える
「経皮毒」と言われる毒性を発揮してしまう可能性があります。

 

経皮毒も石油系界面活性剤の危険性の一つです。

 

【結論】石油系界面活性剤入りシャンプーは避けるべし!

 

 

石油系界面活性剤は洗浄力が強く、比較的安価に製造できるため、
いわゆる「コスパの良いシャンプー」に使われてきました。

 

洗浄力が強く、洗い上りがさっぱりするため、使用感を重視して使う人も多いようです。

 

ただし、石油系界面活性剤はその強い洗浄力や脱脂力、
さらには経皮毒性などがあることから、頭皮の健康を害しやすい成分になります。
特に薄毛に悩む人では、すでに弱っている頭皮をさらに痛めつけてしまう可能性もあります。

 

シャンプーを選ぶ際には、界面活性剤に注意し、石油系のものは避けるようにしてください。
育毛を考える人は、頭皮に優しい界面活性剤である「アミノ酸系」のシャンプーを選ぶようにしましょう!