石けん系シャンプーのメリット、デメリット

MENU

【育毛シャンプーの代わりに石鹸シャンプーを使うのはOKか】

 

 

シャンプーは育毛シャンプーを使うのがいい、と言われるけど、
石鹸シャンプーも刺激性がなくて良いように思えます。
それに、値段も育毛シャンプーより安いので、これが使えると助かる。

 

育毛シャンプーの代わりに石鹸シャンプーを使ってもいいでしょうか?

 

やはり育毛シャンプーを使う方がおすすめです。

 

石鹸シャンプーは、人間が古来から使ってきた石鹸が主成分なので
人の肌に対する安全性・安心感が歴史的に見ても高いのは事実ですが、
「髪と頭皮のため」という観点から見ると、いくつかの大きなデメリットも存在します。

 

 

石鹸シャンプーのデメリットとは

石鹸シャンプーのデメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

 

  • かぶれなどのリスクは低いものの、石鹸は潤いを奪う力も強い分、

    頭皮の乾燥を招きやすい。

  • 石鹸カスが残ってしまいやすいことを考えると、

    通常のシャンプー以上にしっかりとしたすすぎが必要。
    この「過度のすすぎ」によるが頭皮や髪への摩擦刺激が、
    ダメージを与えることにもつながる。

  • 洗い上がりに、髪がキシキシした状態になりやすい。

    きしんだ髪は絡んで切れやすくなってしまう。

 

 

石鹸シャンプーとセットのリンスを使えば
乾燥やきしみの心配はない、と思われるかもしれませんが、
石鹸シャンプー用リンスは「石鹸の強いアルカリ性を中和する」というのが主目的。

 

一般的なリンスやトリートメントのように、髪や頭皮にしっかりとうるおいを与え
保護する、という商品とは少しスタンスが違うのです。

 

「頭皮の皮脂が人よりはるかに多すぎて、育毛シャンプーでは
うるおいどころかベタベタ感がどうしても強く残ってしまう」という人なら
洗浄力に優れた石鹸シャンプーを試すのもひとつの手ですが、
「育毛シャンプーでちょうどいい感じの洗い上がり」になる人にとっては、
石鹸シャンプーは強すぎておすすめできない、と言えるでしょう。

 

パーマやカラーを利用している人は石鹸シャンプー使用を避けよう

 

 

というわけで、
基本的にはよほど頭皮の皮脂が多くて困っている人でない限り、
石鹸シャンプーを積極的にはおすすめしません。

 

また、
「石鹸シャンプーを使うべきではない人」
として挙げられるのはパーマやカラーを利用している人です。

 

なぜかというと、以下のようなデメリットが考えられるからです。

 

  • パーマ液の刺激ダメージと、石鹸シャンプーによるきしみで髪がボロボロになる。
  • 髪のすき間に石鹸カスが入ってしまうことで、パーマのかかりが悪くなる。
  • 酸性のヘアカラーに石鹸のアルカリ性が作用し、色落ちを早めてしまう。

 

石鹸シャンプーによってパーマやカラーが長持ちしないとなると
結果的にパーマやカラーの頻度も増えてしまい、
それがまたダメージ増につながってしまいますので、使うべきではないのです。

関連ページ

ヒゲ、体毛が濃い人は禿げやすいのか?
9月・10月の秋にかけて抜け毛が多くなる理由とは?
増毛パウダーってどんな商品ですか?
猫背の人にハゲが多いって本当?
保険が適応される薄毛治療はありますか?
育毛サロンと育毛クリニックにはどんな違いがありますか?
男性が女性用シャンプーを使っても問題ありませんか?
増毛と植毛の違いを教えてください
ダイエットすると薄毛(ハゲ)になりやすいんですか?
スマホは薄毛を悪化させるって本当?
頭に水虫が出来ることってあるんでしょうか?
わさびの育毛効果
プロテインとハゲの関係
コーヒーの薄毛改善効果
育毛剤と育毛サロン
ヘッドスパによる育毛効果とは
薄毛を隠しの方法
育毛トニックで髪の毛は生える?
酸素カプセルで薄毛対策は可能?
UVスプレーの薄毛予防効果
エアコンの「風」による薄毛リスク
外科手術による薄毛治療
水をあまり飲まない人はハゲやすいんでしょうか?
ハゲ・薄毛に漢方が効くって本当?
頭皮の状態をチェックする簡単な方法はありますか?
薄毛対策として空気清浄気は必要でしょうか?
卵かけご飯をたべると薄毛・ハゲになりやすいって本当?
猫っ毛の人はハゲやすいのでしょうか?
好きな色で禿げやすさが分ってしまうって本当の話ですか?
ビタミンの中でも薄毛に効果的なビタミンはなんですか?
プロペシアって服用を辞めても副作用は残りますか?
日本茶が薄毛改善に効果があるって本当ですか?