石けん系シャンプーのメリット、デメリット

MENU

【育毛シャンプーの代わりに石鹸シャンプーを使うのはOKか】

 

 

シャンプーは育毛シャンプーを使うのがいい、と言われるけど、
石鹸シャンプーも刺激性がなくて良いように思えます。
それに、値段も育毛シャンプーより安いので、これが使えると助かる。

 

育毛シャンプーの代わりに石鹸シャンプーを使ってもいいでしょうか?

 

やはり育毛シャンプーを使う方がおすすめです。

 

石鹸シャンプーは、人間が古来から使ってきた石鹸が主成分なので
人の肌に対する安全性・安心感が歴史的に見ても高いのは事実ですが、
「髪と頭皮のため」という観点から見ると、いくつかの大きなデメリットも存在します。

 

 

石鹸シャンプーのデメリットとは

石鹸シャンプーのデメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

 

  • かぶれなどのリスクは低いものの、石鹸は潤いを奪う力も強い分、

    頭皮の乾燥を招きやすい。

  • 石鹸カスが残ってしまいやすいことを考えると、

    通常のシャンプー以上にしっかりとしたすすぎが必要。
    この「過度のすすぎ」によるが頭皮や髪への摩擦刺激が、
    ダメージを与えることにもつながる。

  • 洗い上がりに、髪がキシキシした状態になりやすい。

    きしんだ髪は絡んで切れやすくなってしまう。

 

 

石鹸シャンプーとセットのリンスを使えば
乾燥やきしみの心配はない、と思われるかもしれませんが、
石鹸シャンプー用リンスは「石鹸の強いアルカリ性を中和する」というのが主目的。

 

一般的なリンスやトリートメントのように、髪や頭皮にしっかりとうるおいを与え
保護する、という商品とは少しスタンスが違うのです。

 

「頭皮の皮脂が人よりはるかに多すぎて、育毛シャンプーでは
うるおいどころかベタベタ感がどうしても強く残ってしまう」という人なら
洗浄力に優れた石鹸シャンプーを試すのもひとつの手ですが、
「育毛シャンプーでちょうどいい感じの洗い上がり」になる人にとっては、
石鹸シャンプーは強すぎておすすめできない、と言えるでしょう。

 

パーマやカラーを利用している人は石鹸シャンプー使用を避けよう

 

 

というわけで、
基本的にはよほど頭皮の皮脂が多くて困っている人でない限り、
石鹸シャンプーを積極的にはおすすめしません。

 

また、
「石鹸シャンプーを使うべきではない人」
として挙げられるのはパーマやカラーを利用している人です。

 

なぜかというと、以下のようなデメリットが考えられるからです。

 

  • パーマ液の刺激ダメージと、石鹸シャンプーによるきしみで髪がボロボロになる。
  • 髪のすき間に石鹸カスが入ってしまうことで、パーマのかかりが悪くなる。
  • 酸性のヘアカラーに石鹸のアルカリ性が作用し、色落ちを早めてしまう。

 

石鹸シャンプーによってパーマやカラーが長持ちしないとなると
結果的にパーマやカラーの頻度も増えてしまい、
それがまたダメージ増につながってしまいますので、使うべきではないのです。

 

関連:石けん系シャンプーって薄毛に効果的?メリット・デメリットとは