シャンプー剤のタイプ別【メリット・デメリット】

MENU

シャンプーにはどんな種類があるの?タイプ別シャンプーの違い

 

 

シャンプーは単独の成分でできているわけではなく、
いくつかの目的を持った成分を含んでいます。

 

その成分構成によりシャンプーの特徴は違い、
その特徴を知っておくことは育毛を考えている人にとっては非常に重要です。

 

その中で注目してほしいのが「界面活性剤」と「シリコン」です。
今回はその2つの成分を中心にシャンプーの成分と種類を考えてみましょう。

 

 

シャンプーの種類はどんなタイプに分けられるのか

シャンプーの種類を考える場合には、
以下のような成分に注目しましょう。

 

界面活性剤系のシャンプー

シャンプーの一番大きな目的は、髪や頭皮を洗浄することです。

 

その大きな目的「洗浄」のための成分が「界面活性剤」であり、
その種類によりシャンプーの特徴は大きく変わってきます。

 

現在シャンプーによく使われる界面活性剤は3種類あり、次の章で詳しくご説明します。

 

シリコンの有無で分けられるシャンプー

シリコンは髪をコーティングし、
髪のダメージを守って手触りを良くするための成分です。

 

シリコンが入っているかどうかでもシャンプーを分類することができます。

 

その他、目的による分類

シャンプーの目的はもちろん頭皮や髪の洗浄ですが、
それ以外にもいくつかの目的によって分類されることがあります。

 

  • 育毛シャンプー
  • 白髪染めシャンプー
  • (皮膚病用)薬用シャンプー

 

界面活性剤別の3つのシャンプータイプ

 

 

シャンプーを界面活性剤で分類すると、
代表的なものは以下の3種類になります。

 

高級アルコール系シャンプー

界面活性剤に高級アルコールが使われているのが、
高級アルコールシャンプーです。

 

高級アルコールシャンプーは安価で洗浄力が高く、
洗い上りのさっぱり感や爽快感が強いため、
シャンプーした後非常にすっきりすることもあり、
市販のシャンプーには非常に多いタイプのシャンプーです。

 

ただし、高級アルコールシャンプーは頭皮の刺激が強めで、
脱脂作用もやや強すぎる傾向にあります。

 

そのため、育毛を考える人には
少しきついシャンプーになってしまう可能性があります。

 

石けん系シャンプー

名前の通り、石けんと同じ洗浄成分を含むシャンプーです。

 

高級アルコールの刺激を少し弱めたシャンプーであり、
高級アルコールシャンプーより刺激は少なくなっています。

 

また、天然成分であるため、毒性も弱く安心感はあります。

 

ただし、石けん系シャンプーの問題はそのpHです。
頭皮は皮膚と同じ弱酸性ですが、石けん系シャンプーはアルカリ性です。

 

石けん系シャンプーを使用すると、頭皮の環境を急に変えてしまい、
頭皮に負担をかけてしまうことがあります。また、刺激は弱いものの、
脱脂力は比較的強く、頭皮の皮脂を取り過ぎてしまうことがある
というのも石けん系シャンプーの問題点です。

 

アミノ酸系シャンプー

界面活性剤のうち最も刺激の弱いのが、アミノ酸系シャンプーです。

 

アミノ酸には界面活性作用があるため、
その作用を利用して頭皮に優しいシャンプーにしたものがアミノ酸系シャンプーになります。

 

頭皮へのやさしさがナンバーワンであり、
育毛を考える人であれば、アミノ酸系シャンプーを選ぶことをおすすめします。

 

ただし、若干泡立ちや洗浄力が弱いため、
今まで高級アルコール系のシャンプーを使っていた人では、
洗い上りのすっきり感が物足りないと感じる人も多いようです。

 

また、アミノ酸系シャンプーは製造コストがかかるため、
他のシャンプーに比べると高価であるというデメリットもあります。

 

シリコンの有無で分類するシャンプータイプ

 

 

薄毛が気になる人は、シリコンの有無にも注意しておくといいでしょう。

 

シリコン入りシャンプー

髪の毛のコーティング成分であるシリコンを配合したシャンプーです。

 

シリコンはシャンプー中に起こる髪のダメージを減らし、
髪の手触りや毛ヅヤを良くする作用があります。

 

ただし、シリコン自体が髪質を良くするわけではなく、
シリコンはあくまで髪の毛の表面をコーティングするためのものです。
また、頭皮をコーティングしてしまい、育毛に悪影響を起こすこともあるので注意が必要です。

 

ノンシリコンシャンプー

頭皮への影響を考えて、シリコンを配合していないシャンプーです。

 

若干シャンプー時に毛が絡んだりすることはありますが、
頭皮のコーティングによる悪影響の心配がありません。

 

育毛を真剣に考えている人は、極力ノンシリコンシャンプーを選びましょう。

 

シャンプー種類・タイプ別【まとめ】

一重にシャンプーと言っても、その成分によって
さまざまなタイプのシャンプーがあります。

 

その中でも特に注意してほしいのが
界面活性剤の種類とシリコンの有無です。

 

頭皮に優しく育毛のために最もよいのは、
「アミノ酸系」の「ノンシリコン」シャンプーです。

 

毎日使うシャンプーですので、頭皮の育毛環境を整えるため、
もっとも頭皮に優しいシャンプーを選ぶようにしましょう。