育毛剤には白髪改善効果は期待できるか?

MENU

育毛剤で白髪が黒くなるって本当?薄毛と白髪の共通点とは

 

薄毛と並んで悩みの多い白髪。
実は白髪ができる要因の多くは、薄毛を進める要因と共通しています。

 

薄毛と白髪に共通の要因があるのであれば、
薄毛を改善するための育毛剤は、白髪の改善効果もあるのでしょうか?

 

今回は、育毛剤の白髪改善効果について考えてみましょう。

 

 

白髪ができる原因とは|なぜ髪は白くなる?

まず、白髪がなぜできるのかを理解することから始めてみましょう。

 

黒い髪の毛を作るメラニン細胞

髪の毛は、毛母細胞と呼ばれる髪の毛の元となる細胞が
分裂を繰り返すことで作られます。

 

しかし、毛母細胞から作られた髪の毛には、最初は色が付いていません。

 

髪が黒くなるためには、毛根の近くにある
メラニン細胞が作り出すメラニン色素が必要になります。
メラニン細胞には、チロシナーゼという酵素を使ってチロシンを変化させ、
メラニン色素を作る働きがあります。

 

つまり、メラニン細胞の働きが落ちたり、
チロシンやチロシナーゼの不足があったりすると白髪が出てきてしまうのです。

 

白髪の理由はメラニン細胞の機能低下やチロシナーゼの活性低下

年を取ると、メラニン細胞の機能低下や
チロシナーゼの活性低下が起き、白髪が増えてきます。

 

こういった変化は、加齢に伴う生理的なものであり、
年を取ればある程度仕方のないことです。

 

ただし、メラニン細胞の機能低下は
老化だけで起こるわけではありません。

 

頭皮の血行不良があると、
メラニン細胞がうまく働くことができなくなり白髪ができてしまいます。

 

不規則な食生活や運動不足、ストレスの多い生活、
シャワーのみの入浴などは、頭皮の血行不良から白髪を作りやすくします。

 

また、紫外線によるダメージや自律神経があっても
メラニン細胞の機能低下を起こしやすく、白髪の原因となってしまうことがあります。

 

白髪対策には何ができる?

 

加齢に伴うメラニン細胞の機能低下や
チロシナーゼの活性低下は老化現象の一つであるため、
ある程度は仕方がありません。

 

加齢による白髪は、基本的には黒く染めるしか対策はありません。

 

しかし、加齢以外の血行不良などによって
起こるメラニン細胞の機能低下であれば、
その要因への対策をとることで白髪がましになることがあります。

 

不規則な生活を改善したり、
ストレスや運動不足の解消をしたりすることで、
白髪の予防になる可能性があります。

 

白髪が進む要因と、薄毛のリスクを高める要因は共通しているため、
白髪対策は薄毛対策にもつながります。

 

育毛剤に白髪予防の効果はあるか?

では、薄毛を改善させる育毛剤には、
白髪の予防や改善効果はあるのでしょうか?

 

白髪対策が薄毛対策につながる可能性があるのと同様、
育毛剤にもある程度白髪を改善させる効果は期待できます。

 

リアップは白髪にも有効である可能性

白髪の発生メカニズムを考えると、育毛剤の中でも特に
血行促進作用のある成分は白髪に有効であると考えられます。

 

薬用育毛剤「リアップ」の成分であるミノキシジルは、
血行促進作用によって発毛効果を期待する薬です。

 

血行促進作用のあるリアップを使うことで白髪も改善できる可能性は十分あります。

 

白髪に効果のありそうなその他の育毛成分

 

また、海藻エキスやセンブリエキス、
セファランチンなどの成分は育毛剤によく含まれており、
血行促進作用を持っているため、
これらの成分が入っている育毛剤は白髪にも有効である可能性が高いです。

 

また、ビオチンは皮膚全体の新陳代謝を高める効果があるため、
育毛だけでなく白髪にも有効である可能性があります。

 

また、アミノ酸成分を多く含む育毛剤には、
メラニン色素の成分となるチロシンやフェニルアラニンが含まれていることが多いため、
そういった育毛剤でも白髪の改善効果がみられるかもしれません。

 

育毛剤に白髪予防・改善効果はある?【まとめ】

白髪は老化現象の一種ではありますが、
頭皮環境の問題が原因となることもあります。

 

血行促進作用のある育毛剤は、メラニン細胞の機能を改善し、
白髪予防の効果を持っている可能性があります。

 

白髪と薄毛を同時に改善したいのであれば、
血行促進作用のある育毛剤を使うのもいいかもしれませんね。