脂漏性脱毛症ってどんな症状?

MENU

頭皮トラブルの最前線!脂漏性脱毛症の症状と原因を解説

 

 

「脂漏性脱毛症」という言葉を皆さんがご存知でしょうか。
漢字の読みは脂が漏れると書いて、「しろう」です。

 

この脂漏性という言葉は頭皮トラブルの一種で、
今回ご紹介する脂漏性脱毛症はその頭皮トラブルと関連する症状です。
本記事でそれぞれの症状や原因を知りながら、問題の解決に務めましょう。

 

 

脂漏性脱毛症は脂漏性湿疹の症状とつながっている

 

 

「脂漏性」という言葉から強く伝わるってくるのは、「脂」の一文字。
そうです、この脂漏性とは「多量の皮脂」を原因として起こる肌トラブルなのです。

 

具体的な症状としては、皮脂を多く分泌する頭や
眉間、生え際、耳の周りに痒みを伴う湿疹が起こることで知られています。

 

この湿疹は放っておくとかさぶたとなり、肌荒れを引き起こします。
具体的にはこれを「脂漏性皮膚炎」といいます。

 

この脂漏性湿疹は皮脂の量が多い乳児や成人に起こる可能性が高いです。
皮脂がカビにより脂肪酸となり、
この脂肪酸が肌を刺激することで湿疹が現れてしまうのです。

 

さらにこの脂漏性皮膚炎は、脱毛の症状を伴う
「脂漏性脱毛症」となる危険性もはらんでいます。

 

決して軽視することのできない皮膚炎といえるでしょう。

 

脂漏性脱毛症は男性だけでなく女性にも起こる!

脂漏性脱毛症は皮脂の量が多い男性に起こりやすいと思われがちですが、
女性にも起こることがある脱毛症です。

 

また起こりやすい季節にもばらつきがあり、夏は紫外線によるストレスで発症、
冬は乾燥と免疫力の低下により発症する可能性があります。

 

ですから頭に痒みを感じた時、フケの増加に気付いた時などは
脂漏性皮膚炎ならびに脂漏性脱毛症を警戒することをおすすめします。

 

脂漏性湿疹と脂漏性脱毛症の解決法

 

 

脂漏性脱毛症が脂漏性湿疹と関連する症状ということは、
脂漏性湿疹を改善させることが脂漏性脱毛症を改善するということにもなります。

 

脂漏性湿疹に気付いた時は以下のような方法を試してみましょう。
・低刺激性のシャンプーに換える
・脂っこい食事を控える。
・肌の保湿を欠かさない
・強い紫外線を避ける
・睡眠と休息をとる
湿疹に気付いた時、かきむしってしまうのはNG行為ですのでご注意ください。

 

またお家にある適当な保湿クリームを塗ってしまう方もいらっしゃいますが、
これはかえって逆効果になる可能性があります。

 

刺激が強いものだったり、塗り方が雑だったりすると痒みを誘発してしまいます。
湿疹がひどい時には、まず皮膚科への受診をおすすめします。

 

脂漏性脱毛症を治すのに育毛剤はNG?

これまで紹介したように、
脂漏性脱毛症は脂漏性湿疹と関連する症状です。

 

ですから脂漏性脱毛症を治したいからといって、
脱毛症に効く一般的な脱毛対策をするのはおすすめできません。

 

育毛剤には頭皮を刺激する成分が含まれている事が多く、逆効果となるからです。
そのためまずは、脂漏性湿疹を解決してから発毛・育毛効果のある育毛を進めていくべきです。

 

まとめ:脂漏性脱毛症は脂漏性湿疹とリンクしている

今回お話させていただいたように、
脂漏性脱毛症は脂漏性湿疹とリンクしている脱毛症です。

 

脱毛を治したいからといって、
脱毛対策ができる育毛剤などを適当に使ったりすることは厳禁です。

 

頭皮に異変を感じたらすぐに皮膚科で受信する、脂っこい食事を控える、
睡眠を十分にとるといった、脂漏性湿疹のための対策をとることから始めましょう。